2020年秋冬【ビジネスカジュアルなシャツ・ブラウス】でワンパターンから脱出しよう | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シャツ・ブラウス
  4. シャツコーデ
  5. 2020年秋冬【ビジネスカジュアルなシャツ・ブラウス】でワンパターンから脱出しよう

FASHION

2020.11.19

2020年秋冬【ビジネスカジュアルなシャツ・ブラウス】でワンパターンから脱出しよう

きちんと感もきれいめも叶う、オフィス服には欠かせないシャツやブラウス。手っ取り早いアイテムだけど、「いまいち無難さ・ワンパターンから抜け出せない」… と感じることも。シンプルさを逆手にとるか、トレンドをプラスするか。2020年秋冬のオフィスカジュアルに取り入れたい、シャツ・ブラウスコーデをご紹介します。

【目次】
きれいめなシャツ・ブラウスのデザイン
リラックス感・お遊びテイストをプラス
最後に

きれいめなシャツ・ブラウスのデザイン

スーツほどのきちんと感はなくても、オフィスにふさわしいコーデが叶うシャツ&ブラウス。“堅苦しさ”を排除しつつ“きれいな雰囲気”を演出♪ 魅力的なアイテムですよね。ただ、シンプルなだけに無難さ・地味さが気になるところ。はじめに、この秋冬に取り入れたい【きれいめなシャツ&ブラウスコーデ】からご紹介していきます。

【POINT】
・デザイン性で差をつける
・カラーシャツ(ブラウス)にも注目を
・旬ボトムで洒落感アップ

【1】スタンドカラーブラウス-01

スタンドカラーブラウス-01

とろみ素材のフェミニンな、スタンドカラーブラウス。ニットでは引き出せないきれいめニュアンスが、いつものコーデをブラッシュアップします。

真っ先にチェンジすべきアイテムは、ズバリ○○○でした!

【2】スタンドカラーブラウス-02

スタンドカラーブラウス-02

旬のニットアップ。インナーは、カットソーではなくブラウスをインして“新しさ”を狙って。

【ニットパンツ】のセットアップでこなれ感抜群に!

【3】スタンドカラーブラウス-03

スタンドカラーブラウス-03

女度上がるスリット入りタイトスカート×スタンドカラーブラウス。今季注目のショートブーツを効かせて、積極的なおしゃれを。

秋らしいエッセンスを散りばめて

【4】Vネックシャツ

Vネックシャツ

抜け感つくれて顔まわりもスッキリ! Vネックシャツに合わせたのは旬の“ツヤスカート”。タフなエコレザースカートとのモノトーンコーデは、ボーダーやローファーで力を抜いて。

モードに決まる万能ボトム!【エコレザースカート】

【5】フォルム袖ブラウス-01

フォルム袖ブラウス-01

今季トレンドの、華やかなボリューミー袖ブラウス。長め丈のタイトスカートと合わせれば、縦ラインを強調したメリハリコーデが即完成! シックな黒ブラウスは、カラーボトムでコーデを盛り上げて。

秋へのシフトに大活躍!【フォルム袖ブラウス】

【6】フォルム袖ブラウス-02

フォルム袖ブラウス-02

フェミニンなシルエットのフォルム袖ブラウスは、ストライプ柄ならモダンな雰囲気に。大胆なデザインも“大人顔”にまとまる。

【秋のトレンドTOPICS】をおさらい!

【7】クラウディブルーのシャツ

クラウディブルーのシャツ

センシュアルなコーデに導く“クラウディブルー”のシャツ。気負いなく着こなせる“くすみブルー”は、大人の女性の人気カラー。センタープレス入りのきれいめパンツと合わせて、スパイシーなバッグやスニーカーでハズしたアクセントを。

【クラウディブルー】でセンシュアルな秋の着こなし

【8】ボウタイシャツ

ボウタイシャツ

くすみミントグリーンのボウタイシャツ。「ボウタイ」と言ってもフェミニンなリボンではなく、品格高めるモードなディテールが今っぽい。

大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

【9】ブラウンのシャツ

ブラウンのシャツ

ロングブラウンシャツと長め丈タイトの、スタイリッシュな長×長コーデ。女らしさもかっこよさも両立した、大人コーデが魅力的。白ショートブーツでつくる“足元重め感”が、秋冬の好バランスに◎

女性らしい着こなしに辛口なスパイスをひとさじ

【10】グレーのブラウス

グレーのブラウス

たっぷりギャザーの袖口がドラマティックなブラウス。ただ“女らしい”だけでなく、ほんのりエッジの効いた個性で、“自分らしさ”を引き出して。

最旬シルエットを叶えるのは、この【日本発ブランド】

リラックス感・お遊びテイストをプラス

もう少しリラクシー。もう少しカジュアルに。そんな日のコーデは、ゆとりや遊び心を加算して。ここからは【今年らしさを遊ぶシャツコーデ】をご紹介していきます。メンズライクだけど女らしい。そんな着こなしを目指して。

【POINT】
・力は抜くけど、手は抜かない
・小物~足元まで気を抜かない
・だけど、コーデの“抜け感”は大切

【1】ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツ

シンプルな長め丈のノーカラーシャツは、アクセントが決め手。ジレのレイヤードや、ロングブーツでトレンド感をマークして。

マンネリしない【黒デニム】コーデの秘訣!

【2】ネイビーシャツ

ネイビーシャツ

トレンドの“ツヤパンツ”と合わせた、マットなネイビーシャツ。素材のメリハリで、ぐっとおしゃれ上級者に。白バッグと、足元の肌見せで抜け感をつくって。

素材にメリハリをつけてお洒落上級者に

【3】ブルーのシャツ

ブルーのシャツ

体のラインを拾わない、今っぽいシャツスタイル。ハンサムなテイストは、女っぽいパンプスで品よく着地を。

Vカットパンプスで抜け感をつくるハンサムコーデ

【4】ギンガムチェックシャツ

ギンガムチェックシャツ

アクティブに動く日は、大人の余裕ただようボーイッシュコーデが◎ ギンガムチェックシャツの襟元から、白インナーをのぞかせて爽やかなアクセントに。

たくさん移動する日は白がアクセントのスニーカーコーデで

【5】開襟シャツ

開襟シャツ

とろみ素材で色気のある開襟シャツ。ラフなカーキパンツとの意外な組み合わせで、脱・マンネリを狙って。きれい色のパンプスで、女らしいアクセントを。

パンツスタイルに女っぽさをほんのりプラス♪

最後に

オフィスにも、ちょっとしたおでかけにもぴったりな【シャツ・ブラウスコーデ】をご紹介しました。大人の女性がマスターしたいのは、きれいめなカジュアルセンス。どこかハズして、どこか“抜け”をつくりながら楽しむことで、自分らしい魅力あふれる着こなしに。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.04

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature