乳酸菌で時短美容!? 秋からの頑固なカサカサにおすすめなプチプラ3品! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 乾燥肌対策
  5. 乳酸菌で時短美容!? 秋からの頑固なカサカサにおすすめなプチプラ3品!

BEAUTY

2020.10.12

乳酸菌で時短美容!? 秋からの頑固なカサカサにおすすめなプチプラ3品!

腸活ではおなじみの「乳酸菌」。最近では、“塗る美容法”としても注目を集めています。髪やボディの調子がイマイチなときには、保湿力を期待して乳酸菌パワーを借りてみるのも◎。時短美容家の並木まきが、手軽に使える乳酸菌コスメを3つセレクトしました!

並木まき

1:ジョアーロ|スムースクレンズシャンプー・トリートメント

乳酸菌由来成分配合の「ジョアーロ」は、15種類のアミノ酸と毛髪保護成分のケラチン、ナノ化したセラミドを配合。シャンプー・トリートメントともに、¥1,400(税別)とハイコスパのヘアケア製品です。

乳酸菌の保湿力に注目してつくられていて、髪のダメージ部分に吸着して補修を図るから、夏のあいだに予期せぬダメージを受けた髪季節の変わり目でごわつきがちな髪にもぴったりです。

洗っているときにはダメージを受けている髪にもなじみやすく、洗い上がりでは適度な重さが出やすいので、乾燥によって髪が広がってしまう人にもおすすめ。

くせ毛な私の髪も、こちらを使って洗うと、いい感じにボリュームダウンがかないました。乳酸菌×アミノ酸は、やさしい組み合わせ。「なんとなく、髪に元気がない」というタイミングにもおすすめです。

JOEARO(ジョアーロ)

2:モイストダイアン ボタニカル|プロテクト ハンド&ボディ ソープ

善玉菌の働きを応援する働きを有する「EC-12乳酸菌(※エンテロコッカスフェカリス・保湿)」を配合したボディソープ。¥925(税抜)とプチプラです。

今の季節は、ボディを洗うたびに、カサつきやかゆみに悩まされている人も少なくないですよね。こちらの製品は、乳酸菌の保湿力やプロテクトパワーに注目してつくられていて、洗うたびに肌を守りながらうるおいを与えるのが特長。カサつきに悩むボディにおすすめです。

90%以上が天然由来成分で、サルフェートフリー(ラウレス硫酸Naなど)、パラベンフリー、合成着色料フリーなどの「6つの無添加」だから、デリケートなボディにも使いやすいと思います。

実際に私が使ってみたところ、刺激が少なく、するりとした洗い心地に感じました。乳酸菌パワーによるのであろう、うるおいキープもばっちり。

香りがやさしいので、カップルで一緒に使うのもおすすめです。また、同シリーズからは「プロテクト ハンド&ボディ ミルク」(¥998・税抜)も発売中。より頑固な乾燥が気になるときにはセットで使うのも◎です。

モイストダイアン ボタニカル(Moist Diane BOTANICAL)

3:ポッシュママ|薬用リップスティック

乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)を配合したリップスティック。¥600(税抜)と、こちらもプチプラ。固形バームの繰り出し式容器で、THE・王道のスタイルです。

保湿成分として、オキナワモズクエキスも配合していて、個人的には、荒れた唇にもするりと伸ばしやすいと感じました。どちらかと言うと、さらりとした質感に思います。私は、ベタつきを感じることもなく、リップメイクの下地にも使えていますよ。

唇の皮向けや、荒れが気になるときには、油分が多いリップアイテムだと、かゆみや不快感のもとにもなりがち。乳酸菌のおだやかながらも高い保湿力に期待するケアは、「塗るだけ」で完了する時短美容。デイリーに使うリップを乳酸菌配合のものに変えるだけでも、重点的な乾燥対策に♡

スキンケア・化粧品のヤクルトビューティエンス

* * *

「乳酸菌」と聞くと、食べたり飲んだりするもののイメージも強いけれど、乳酸菌配合コスメをデイリーの美容に取り入れることで、今までよりも保湿を重視したお手入れを狙えます。ぜひ、この秋冬の選択肢に入れてみて。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。)

並木まき

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature