【Oggi Parkグルメ】忙しく働くOggi世代の食生活にピッタリ!「モンマルシェ」のヘルシーな野菜スープが絶品な秘密は… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. Oggi Park
  4. 【Oggi Parkグルメ】忙しく働くOggi世代の食生活にピッタリ!「モンマルシェ」のヘルシーな野菜スープが絶品な秘密は…

SPECIAL

2020.10.06

【Oggi Parkグルメ】忙しく働くOggi世代の食生活にピッタリ!「モンマルシェ」のヘルシーな野菜スープが絶品な秘密は…

日本橋三越本店の本館屋上で開催中の【Oggi Park】。こちらのフードコートで販売される絶品スープ『野菜をMOTTO!!』や「サンドイッチハウス メルヘン」とコラボしたツナサンドでは、「モンマルシェ」の『贅沢ツナ缶』が使用されています。その美味しさの秘密について深堀りしていきます。

レンジカップスープ『野菜をMOTTO!!』と『贅沢ツナ缶』の魅力を深掘り!

【Oggi Park】のフードコートで販売される絶品スープ『野菜をMOTTO!!』は、ゴロゴロ野菜がたっぷり入っていて、レンジカップスープの域を超えた本格的な味わい。また、「サンドイッチハウス メルヘン」とコラボしたツナサンドでは、「モンマルシェ」の看板メニューでもある『贅沢ツナ缶』を使用。その美味しさの秘密について、開発責任者の河野雄士さんにお話を伺いました。

◆『野菜をMOTTO!!』

いろいろな種類の野菜をバランスよく、たっぷり摂ることができるカップスープ『野菜をMOTTO!!』。レンジで約1分温めるだけで食べられる手軽さがウリなのに、ここまで本格的な味わいなのは、どんな秘密があるのでしょう?

「安心安全な国産野菜のみを使用しているのですが、“美味しい野菜”を選ぶのではなく、“スープに合う野菜”という視点でセレクトしていることが味わいを左右する、大きな理由のひとつです。

たとえば、じゃがいもだと生産地や品種によってはスープにしたときに溶けてしまい、ゴロゴロ感がなくなることも。レトルトスープでは加熱調理する前と後では味が変化するので、加熱調理後をイメージしながら、常に美味しさを求めるという試行錯誤を、日々繰り返しています。

また、〝飲む〟というよりは〝食べる〟をコンセプトにしておりますので、野菜はすべて手作業で詰め、食感を損なわないよう手間もかけています」(河野さん)

この手軽さは働く女性にとっても頼もしい存在です!

「今年は特にステイホームで自宅にいる時間が長くなったこともあり、このレンジカップスープは非常に人気でした。もともと人気商品ではありましたが、自炊に疲れを感じる人が増えてきたことで、このレンジで1分温めるだけという、“手軽さ”が受け入れられたのかなと思います。『野菜をMOTTO!!』を1品、食事に加えれば料理の時短にも繋がるので働く女性には特におすすめです。

忙しい朝でも1分で簡単に栄養補給がとれますし、夜遅い帰宅からの夕飯でも満足感はあっても低カロリーなので罪悪感もゼロ。また、保存料や合成着色料、化学調味料も使っていないので、なかなか会えずにいるご家族へのギフトとしても重宝していただいています」(河野さん)

今回の【Oggi Park】では、どこよりも早く新作メニューの「ボルシチ」が食べられるということも特典のひとつです。新作メニューの開発にあたって、こだわった点を教えてください。

「北海道産の“レッドビーツ”と根菜がゴロゴロ入ったボルシチは、10月に発売予定ですが、Oggi Parkではひと足早く、みなさまに味わっていただきたくてメニューに入れました。

ビーツのコクと甘みが濃厚な味わいのスープですが、開発当初は固形のビーツでは味が強すぎて、ほかの野菜の存在感を下げてしまうことが判明し、コクを出すためにジュースを使用することで野菜本来の味をまとめることに成功しました」(河野さん)

◆『贅沢ツナ缶』

「サンドイッチハウス メルヘン」とコラボしたツナサンドには、「モンマルシェ」の看板メニュー『贅沢ツナ』が使用され、レアな限定メニューとして登場します。『贅沢ツナ』のネーミングの由来に、その美味しさの秘密が隠されています。

「1929年に、日本で初めてツナ缶を製造、出荷した清水食品を前身にもち、ツナ缶発祥のパイオニアとして、主役になれるツナをたくさんの方に知ってほしいという思いから“オーシャンプリンセスブランド”が立ち上がり、『贅沢ツナ缶』の開発に至りました。一般的なツナは、実はマグロではなくカツオです。

カツオはマグロ科に属するため、ツナ缶と呼んでもまったく問題はありません。原料として安く仕入れることができるため主流となっているのですが、カツオ自身の味が強いため、オイル漬けにしたときに雑味になることも。

『贅沢ツナ缶』で使用する原料は、三陸沖で水揚げされた一本釣りの最高級夏びん長マグロを使用。また、綿実油やエキストラバージンオリーブオイルなどの高級油で漬けているので、最高に美味しい状態でパッケージできるのです。

コラボメニューのサンドイッチには国産にんにく入りツナを使用しています。料亭でも使われる高級油の綿実油にマグロの旨みとにんにくの風味が広がり、あっさりとしながらも深い味わいでパンとの相性も抜群です。ぜひお試しください!」(河野さん)

『野菜をMOTTO!!』の手軽に野菜が摂れる魅力は、健康志向の働く女性にもぴったりの商品。『贅沢ツナ缶』は食べ応えのある正真正銘のマグロの味わいが楽しめて、そのままでいただくのはもちろん、その旨みが溶け込んだオイルはパスタ料理などの料理にも応用できる優秀ぶり。ぜひ、自宅やオフィスでも楽しんでみては?

*『野菜をMOTTO!!』はこちらから購入できます▶︎ 野菜をMOTTO!!

Oggi Park

構成/宮田典子(HATSU)


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature