Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. どうしても銀座に行きたい理由は… 超美味なフルーツのフルコース!! 今はマンゴー♡

LIFESTYLE

2020.06.12

どうしても銀座に行きたい理由は… 超美味なフルーツのフルコース!! 今はマンゴー♡

銀座で人気! BC Fruits Salonのフルーツのフルコース。今は旬のマンゴーをたっぷり使用。

フルーツのフルコース専門店「フルーツサロン」は果物好きなら絶対いくべき聖地!

銀座にそびえる「Beauty Connection Ginza」は“ビューティーケア商品”、“フード・ドリンク”、“美容医療”、“ヘアスタイリング”の4つのフロアで構成される美の複合施設。その「Beauty Connection Ginza」2Fにあるのが完全予約制のフルーツのフルコース専門店「フルーツサロン」。フルーツのフルコースとはいえ、フルーツをそのまま!ではなく、とても凝ったメニューが供されるのがこの店の特徴。他では味わえないものばかりで「また食べたい!」と思うほど満足度が高いのです。

6月30日までのメニューは国産マンゴーを贅沢に使ったフルコースと聞きつけ、行ってきました! ソーシャルディスタンスを保って配置されたテーブルでいただきます。そして今は免疫力UPに効果があるとされるハーブティーのサービスも。それではサーブされた順を追ってフルコースをくまなく紹介します。

季節のフルーツ:マンゴーのフルコース

◆ドライフルーツ&焼き菓子とハーブティー

まずサービスのハーブティーとともにドライフルーツが。プレートの上には、マンゴー、パイナップル、イチヂクのドライフルーツと、オレンジのひと口焼き菓子が。この焼き菓子は米粉を使用しているグルテンフリー。このドライフルーツのプレートはここでいただいてもいいし、締めくくりのお茶といただくのもオススメ! お土産として購入もできるこの店のドライフルーツは本当に味が濃くて美味しいのです。

◆マンゴーのテリーヌ

国産マンゴーと白ワインのジュレのテリーヌにバナナとレモングラスのソース。ココナッツ味のメレンゲや砕いたピスタチオに加え、ジェラートは煎茶。このほのかに苦味も感じる煎茶のジェラートが小気味いいアクセント♡。主役のマンゴーのテリーヌはチュルっとした食感のジュレにマンゴーのみずみずしさが閉じ込められていて、後を引く美味しさ!

◆マンゴーのエアリータルト

国産マンゴーに旬の柑橘、さらに3種のチーズが盛られたエアリータルト。タルトと聞いて内心「?」だったのだけれど、こんもりと盛られた奥にカダイフが。カダイフはごく細い綿状の生地を揚げたもの。

このパリパリ、サクサクとしたカダイフと、上に盛られたマンゴーや河内晩柑、3種のチーズ(クリームチーズ、ミモレット、フロマージュブラン)の柔らかな食感のコントラストが楽しいひと皿。

◆マンゴーパフェ

このお店のスペシャリテでもあるパフェ。見た目からは全く想像できない味わいが口の中に広がり、食べ進めるごとに驚きと感動を感じることができます。美しい盛り付けにも心が躍ります。

主役はマンゴージェラートなのですが、生姜のグラニテやヨーグルトジェラート、コンポートされたメロンやグレープフルーツなどが合わさり、その味わいは幾重に広がっていくのです。トップにあしらわれているのは、フレッシュマンゴーとココナツのメレンゲ。この店のパフェは何度食べても本当に病みつきになる! うまく説明できない美味しさってこういうこと! と感動するのです。

6月30日までのコースはマンゴーで、来月からはメロンになるそう♡。あぁ聞いただけでワクワクが止まらない!

◆締めくくりのお茶

フルコースの最後はお茶タイム。オリジナルのコーヒー、ダージリン紅茶、ハーブティー(レモンミントまたはハイビスカスローズ)から選べます。私は温かいレモンミントティーをオーダー。

今回のフルコース体験で、外出自粛期間中の心と体の疲れがリフレッシュ♡ できました。果物好き、スイーツ好きだけでなく、ちょっと手の込んだ素敵なものをいただきたい! という人にもぜひ食べてみてほしいフルーツのフルコースです。

◆Beauty Connection Ginza(ビューティーコネクション 銀座)「フルーツサロン」

営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日
TEL:03-6263-8392
住所:東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 2F
公式HPはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.07

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature