Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「まだ少し雨が降っている状態」を伝えたいとき、どう伝える!?【文章チェック】

WORK

2020.03.31

「まだ少し雨が降っている状態」を伝えたいとき、どう伝える!?【文章チェック】

人に何か伝えるとき、正しい言葉で伝えるために! 文章に間違いはないか、チェックしましょう。今回は、まだ少し雨が降っている状態に使う言葉。

この文章で合ってる!? まだ少し雨が降っている状態に使う表現を見直そう

部下からのメールに「雨が小止(こや)みになったので、多少濡れるのは覚悟して、地下鉄の入り口めざして駆け出しました。」が書かれており、どこか違和感が…。あなたは何が間違いかわかりますか。

【問題】
「雨が小止(こや)みになったので、多少濡れるのは覚悟して、地下鉄の入り口めざして駆け出しました」の間違いはどこ?

1. 小止み

2. 濡れるのは覚悟して

正解は?

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

1. 小止み

「小止み」の使い方が間違っています。

例文では、まだ少し雨が降っている状態を言い表していますが、「小止み」は、雨や雪などがしばらくの間降りやんだ状態を言い、「雪が小止みなく降る」のように用います。ここでは、「小降りになったので」とでもすべきでしょう。

小止み(読み:オヤミ)
雨・雪などが少しの間降りやむこと。「雨が小止みになる」
雨や雪などがしばらくの間降りやむこと。おやみ。「雪が―なく降る」
(小学館デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ」


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature