Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. デニムコーデ
  5. スタイリスト金子 綾さん指南! BLACK BY MOUSSYのワイドデニム着まわしコーデ

FASHION

2020.02.22

スタイリスト金子 綾さん指南! BLACK BY MOUSSYのワイドデニム着まわしコーデ

スタイリスト金子 綾さんオススメの「BLACK BY MOUSSYのワイドテーパードデニム」を使った着こなし3選をご紹介します。

スタイリスト金子 綾がレコメンド!
「BLACK BY MOUSSY」のワイドテーパードデニム

スタイリングのみならず、キレがある女っぽいアイテム選びにも定評があるスタイリスト金子 綾さん。その審美眼に適った金子さんならではの「My Best Basic」なアイテムとその着こなしをご紹介!

スタイリスト金子 綾さん

1979年生まれ。Oggiをはじめとする数多くの女性誌で活躍する人気スタイリスト。自身のワードローブ選びの極意を紹介したスタイルブック『a only.』(小学館)が好評発売中。Instagram:@ayaaa0707

履くだけでアップデート感が表現できる♡ ワイドテーパードデニム

パンツ¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉)

私の気分に戻ってきた淡いブルーデニムがフレッシュ!

「ここしばらく続いた黒デニムブームの反動からか、ベーシックなライトブルーのデニムが着たくなりました。寒い季節に着るアイシーな色が大好きなのも、心ひかれた理由。デニムって、大きな流行の変化はないけれど、ほんの少しずつ更新しないといけないもの。

そんな絶妙な今っぽさをしっかり感じさせてくれるのが『ブラックバイマウジー』のデニム。ハイウエストのワイドテーパード『PUNA』は、ゆるめシルエットでも程よいストイックさがあって、どこか女っぽさを感じる名品。ホワイトとブラックを持っていて、身長158cmの私が着るとフルレングスになるのですが、×ヒール靴もコンサバすぎにならずバランスよし。

今回、コーディネートを考えるときに真っ先に思い浮かんだのが、ベーシックなジャケットやアンサンブルニットを合わせる着こなし。デニムスタイルをきれいめに回帰させたい、今はそんな気分です」(スタイリスト・金子 綾さん)

「BLACK BY MOUSSY」ワイドテーパードデニム着こなし3選

1|×LONG COAT

アッシュ系のニュアンスカラーでまとめて、淡色デニムを女っぽく。ボーイッシュなオーバーサイズ風コートやロゴニットを合わせつつ、足元はヒール靴できれいめにシフト!

足首のヌケ感やゆるめシルエットが、絶妙な女らしい華奢さを醸し出すワイドテーパードのデニム。インナーにはロゴニットを選び、程よくラフに仕上げるのもポイント。

パンツ¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉) 「エイチ ビューティ&ユース」のコート¥70,000・「ラ メゾン ド リリス」の帽子¥9,800(エイチ ビューティ&ユース) ニット¥21,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) バッグ¥48,000(ショールーム セッション〈MODERN WEAVING〉) 靴¥40,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉)

2|×NAVY JACKET

合わせは紺ジャケットにクルーネックニット、配色はデニム×ネイビーのブルーグラデーションでまとめて。色もアイテムも削ぎ落とすことで、まとう人本来の女らしさを際立たせたい。

デニムだけで十分こなれた印象だから、テーラードジャケットやクルーネックニットで、ほかはベーシックに徹して。そのぶんジャケットはオーバーサイズに、バッグもインパクトのあるサイズのボヘミアン柄クラッチで「ハズし」を加えるのが金子流テクニック。

パンツ¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉) ジャケット¥79,000(エイトン 青山〈エイトン〉) ニット¥34,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) バッグ¥47,000(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥72,000(アマン〈ペリーコ〉) ピアス¥28,000(アガット〈agete〉)

3|×ENSENBLE KNIT

まるで赤リップをつけるような感覚でチョイスした、色っぽさを感じる鮮やかな赤のアンサンブルニット。肌の露出が控えめな首の詰まったクルーネックであからさまな色気は回避するのが大人の選択。

ボーイッシュなワイドテーパードデニムが、正統派のアンサンブルニットを今どきの表情にプッシュアップ。ニットと同じ赤のパイピングを配したワンハンドルバッグやヒョウ柄のバレエシューズで、遊び心も備わったレディライクなスタイルが完成♡

パンツ¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉) アンサンブルニット¥16,000(メゾン イエナ〈イエナ〉) バッグ¥35,000(ROPÉ) 靴¥8,800(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ル タロン〉) ピアス¥16,000・ブレスレット¥13,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) ソックス¥1,600(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2020年Oggi2月号「スタイリスト金子 綾のMy Best Basic♡」より
撮影/東 京祐(人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/鹿沼憂妃 構成/菅 博子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.01

編集部のおすすめ Recommended

Feature