Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 令和は「水の神社」が鍵になる…!?【2020年最強パワースポット】今すぐ行ける、水にまつわる神社5!

LIFESTYLE

2020.01.29

令和は「水の神社」が鍵になる…!?【2020年最強パワースポット】今すぐ行ける、水にまつわる神社5!

2020年の最強パワースポットは「水の神社」! 令和時代にぜひ参拝しておきたい全国の「水」にまつわる神社を5社紹介します!

注目すべきは「水の神社」… 2020年の最強パワースポット5社紹介!

令和になってから初めての新年を迎え、もうすぐひと月となります。

おのおの様々な神社仏閣へ初詣に行かれたと思いますが、この記念すべき新元号のタイミングで、ぜひとも注目したい神社があります。

それは「水」にまつわる神社!

というのも今上天皇が水の研究をされていることから、令和の時代は「水」にパワーが集まると言われています。そこから転じ、「水の神様」を祀っていたり「湧き水」などで有名な神社に注目が集まりつつあるのです。

そこで今回は、令和の時代にこそぜひ参拝しておきたい全国に鎮座する「水」にまつわる神社を5社ご紹介します。

1. ご神水で占う「水占みくじ」も女子に大人気!

貴船(きふね)神社

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

京都の奥座敷として知られる貴船。趣深いこの土地に祀られているのは、雨や水を司る神様・高龗神(たかおかみのかみ)です。

貴船神社は、貴船川の川下から川上に向かって鎮座しており、この貴船川は古くから京の都にとって重要な水源だったため、歴代の帝からも大切にされてきたという歴史があります。

そんな貴船神社から湧き出る水は名水と評判で、霊水としても知られています。水をくむこともできるので、持参のペットボトルなどに入れて(持ち帰り用ボトルも販売)御神気を持ち帰ることも可能ですよ。

2. 滝がご神体! 間近で祈って浄化されよう

飛瀧(ひろう)神社

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

熊野三山の一社である熊野那智大社の別宮で、大己貴神(おおあなむちのかみ=大国主命の異称)が御祭神。本殿も拝殿も存在せず、そこに存在する「那智滝」自体がご神体であるため、参拝の際は直接滝にお祈りすることになります。

有料の遥拝殿では滝を間近で拝むことができるのでおすすめです。滝のパワーで心身ともに浄化される感覚をぜひ味わってみてください。

3. お金を洗って金運グイグイ引き寄せて!

銭洗弁財天宇賀福(ぜにあらいべんざいてんうがふく)神社

住所:神奈川県鎌倉市佐助2-25-16

鎌倉にある通称「銭洗弁天」は、境内の洞窟の水でお金を洗うとお金が増えるという伝説で有名な神社です。水のパワーで金運を授かりたい人が連日詰めかけ、鎌倉でも有数の人気スポット!

洗ったお金は貯め込まずに、ご神気が宿った状態で使うとお金が舞い込むと言われています。

4. 霊験あらたかな水の力で強運体質に!

真清田(ますみだ)神社

住所:愛知県一宮市真清田1-2-1

真清田神社がかつて鎮座していた場所は、木曽川流域に沿っていたのだとか。現在は繊維の街として有名なこの木曽川流域地帯ですが、当時はその美しく清く澄んだ水流を生かした水田地帯として有名で、その水の美しさから真清田と名付けられたそう。

その名のとおり、美しい水の浄化パワーに満ちた神社です。かつて明治天皇が巡幸された際に、ここの水を陛下に奉られたのだとか。一般参拝客も水を汲むことができるので、その霊験をいただきに参拝に訪れてみては?

5. 水の力でよみがえる!? 延命長寿に御利益が!

松尾(まつのお)大社

住所:京都府京都市西京区嵐山宮町3

水の神様として日本の神話でとても重要な市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が御祭神されているうちの一柱。またここ松尾大社は「酒造の神さま」としても有名で、室町時代末期以降には、「日本ナンバー1の酒造神」として仰がれる存在となっています。

ご神水が湧き出るとされているのが境内にある「亀の井」。別名「よみがえりの水」とも呼ばれ、延命長寿の御利益があると言われていますよ。

以上いかがでしたでしょうか?

「水」のパワーは清く澄んでいて、邪念や邪気を祓うのにもってこいです。

自分の中にくすぶった思いがある人、邪な感情や人間関係に悩んでいる人は、水のパワーのある神社で浄化されて、令和で人生のリスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

次回も神社参拝がより楽しくなるようなちょっとしたお話をさせてください。

吉田奈美

雑誌・書籍・webメディアライター・編集者。著名人インタビューや著名人エッセイ、恋愛、女性の生き方、旅、料理などの分野で活動中。吉田奈美名義の著書に『恋愛saiban傍聴記』(主婦の友社)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature