おすすめのリップスクラブ厳選|冬のカサカサ唇をなめらかに整える人気商品をご紹介♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. おすすめのリップスクラブ厳選|冬のカサカサ唇をなめらかに整える人気商品をご紹介♡

BEAUTY

2020.01.26

おすすめのリップスクラブ厳選|冬のカサカサ唇をなめらかに整える人気商品をご紹介♡

ドラッグストアでも購入できるプチプラアイテムや、レブロンなど人気のリップスクラブをご紹介します。荒れやすい・割れやすいときにぜひ頼ってください。唇はこまめにケアしたいパーツでもありますので、手軽に塗れるタイプのものを。季節や唇の状態に合わせてチェックしてみてくださいね。

【目次】
スクラブで唇をなめらかに整えるならまずはコレ
私たちのお気に入り! レブロンのリップスクラブ
荒れが気になるときのおすすめリップ

スクラブで唇をなめらかに整えるならまずはコレ

フローラノーティス ジルスチュアート|リップ スクラブ スティック

フローラノーティス ジル スチュアート リップスクラブスティック

(左から)フレッシュピオニー/フローラルグリーン/チェリーブロッサム

香りを楽しみながらリップケア。気になる皮むけまでつるんとケアし、あとから塗るリップの保湿感を高めます。

つるんつるんの唇に♡ 花の香りにも癒される優秀リップケアアイテム

レブロン|キス シュガー スクラブ

(左から2番目)洗い流さないリップスクラブ。シュガーのように溶けるスクラブで、唇の角質をやさしくケアします。

「春先ゆらぎ肌」のスキンケアの見直し:お手入れを“油分系”の1個だけに

私たちのお気に入り! レブロンのリップスクラブ

皮むけ時の必須アイテム!

レブロンの「キス シュガー スクラブ」を愛用しているのは… Oggi.jp’s 堂免麻未さん

ポーチの中で常にスタンバイ。皮向けが気になる時は、レブロンのシュガースクラブで優しくケアしてからリップのお直しをしています。

営業系OL【ポーチの中身】をご紹介♪ マストINアイテムはこれ!

いつでもケアできるスグレモノ!

レブロンの「キス シュガー スクラブ」を愛用しているのは… OLライター 吉川夏澄さん

シュガースクラブでやさしく角質ケアしながら、唇をしっとり保湿できます。ミントのスッキリとした香りも◎

デパコスクオリティに惚れ惚れ☆ 美リップになれるプチプラリップ

荒れが気になるときのおすすめリップ

ユースキン|リリップケアスティック[医薬部外品]

ユースキン|リリップケアスティック[医薬部外品]

ノンメントール・無香料。唇が割れやすいときは、薬用リップなど低刺激のものを選ぶのがおすすめです。

【医師監修】リップクリームの選び方って!?

タカミ|タカミリップ

唇ケアは、唇スキンケアの時代へ。保湿や荒れ予防だけでなく、エイジングケアや透明感など美しさにもこだわった唇用美容液。角質層が薄く皮脂膜がほぼない唇だからこそ、こまめなケアを。

唇ブスにご用心! リップもスキンケアが美人の常識なんです

エクセル リップケアオイル L007 ファンタジアズル[ロフト限定色]

エクセル リップケアオイル L007 ファンタジアズル[ロフト限定色]

荒れた唇のケアと、自然に色づくティント処方を両立。天然由来の美容オイルベースでベタつかず、快適な付け心地でガサガサの唇もなめらかに仕上げます。

ホリデイシーズンに♡ ケアしながらきらめくハイブリッドコスメ【美容オイルリップ】

資生堂|モアリップ[第3類医薬品]

資生堂|モアリップ[第3類医薬品]

抗炎症成分・粘膜の健康を保つためのビタミンB群・ビタミンE配合。口唇のひびわれ・口唇のただれ・口唇炎・口角炎に。

【唇ケア】変わり目時期の悩みが、唇の荒れ。たっぷりのマヌカハニーで集中ケア


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature