Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. 【ルブションオガサワラ】しっかり味で肉々しいハラミステーキを頬張りながら、ワインもトークも止まらない夜♪

LIFESTYLE 美女エディター肉日記

2017.07.19

【ルブションオガサワラ】しっかり味で肉々しいハラミステーキを頬張りながら、ワインもトークも止まらない夜♪

門司紀子 

お肉大好き美容エディターが、美味しかった&盛り上がった&忘れられないお肉のお店について日記調で徒然にお届けします。

気の置けない女友達とワイン飲みながらざっくばらんに近況報告、そんな日はココ!
1年半ほど前、Oggiの「お肉が美味しいお店」特集で取材して以来、気に入って数回通っている「ルブションオガサワラ」。

ここで毎回絶対に頼むのが「牛ステーキ」。
ハラミ肉を低温でじっくりローストし、ジューシーな旨みを残したまま、バターたっぷりのソースに絡めた食欲そそるひと皿。
この味、家で真似したくても、絶対に再現できない~。
ヘルシーで美味しい赤身、肉欲満たせる程よいボリュームがありながら¥1,950。
人参のラペ、6時間セミドライトマト、レバームース…すぐに出てくる小皿の前菜は各種¥580というお手頃価格もうれしい限り!
オープンキッチンをぐるりと囲うような、活気あふれるカウンター席が断然おすすめ。3~4人なら、カウンターの角席で、コソコソ話もできちゃいますよ(笑)
女子会だけでなく、ぐぐっと距離を縮めたい気になるメンズとのカウンタービストロデートにもいいかも♥

LE BOUCHON OGASAWARA ルブションオガサワラ
東京都渋谷区円山町13-16 BNKビル1F

前回は【焼肉にくがとう】今夜も絶品のお肉に感謝! にくがとうございました♥

次回は【シンガポールバクテー】スパイシースープに浸る骨付き肉にかぶりつき! 中毒になる危険な美味しさ

エディター

門司 紀子 Noriko Monji

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。
担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。
Instagramアカウントは@norikomonji


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.12.13

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号で値段の間違いがありました。133 ページ”J&M デヴィッドソン”のバッグの値段は、正しくは¥210,000(本体価格)です。お詫びして訂正いたします。

Feature