Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. 新大久保の人気店【本家 BORNGA(ボンガ)新宿職安通り店】ウサムギョで肉と野菜をヘルシーチャージ♪

LIFESTYLE 美女エディター肉日記

2017.11.08

新大久保の人気店【本家 BORNGA(ボンガ)新宿職安通り店】ウサムギョで肉と野菜をヘルシーチャージ♪

Oggiの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった&忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします。今回は本場っぽくて安ウマな韓国焼肉のお店。

門司紀子

お財布に優しく、美味しくて、ヘルシー…働く女子にうれしいお肉!

とにかく美味しいものを食べるのが好きで、台湾やソウルに出かけては食い倒れるのがライフワークになりつつある私。このお店は今年頭にソウルで食い倒れを共にした友人から「本場っぽくて、野菜もたっぷりで、しかも安くて美味しかったよ~」とお薦めされ、ここ半年で5回も訪問してしまいました。

ソウルでは江南にある「元祖サンパッチッ」というお店が好きで、旅行で訪れるたびに毎回行くのですが、新大久保にある「本家 ボルガ」は本場さながらの雰囲気&美味しさを日本にいながらリーズナブルに味わえるのが魅力です。

■必食は牛バラ肉を薄切りにした〝ウサムギョプ〟!

ウサムギョプ

サムギョプサルというと豚肉のイメージが強いのですが、ここでまず食べて欲しいのは牛バラ肉のサムギョプサル、ウサムギョプ(1人前¥1,180)。ちなみに写真は2人前。

■10種類以上の野菜とともに…だから、お肉を食べてもヘルシー気分!

野菜

10種類以上の野菜が盛られたプレートと、大根キムチ、ネギサラダ、ニンニクなどがお肉と一緒に次々とテーブルに並べられ、「ソウルのサムギョプサル屋さんと同じだ~!」とテンションアップ!

■お肉の〝お世話〟は店員さんにお任せ♪

調理1

調理2

お肉はなんと、店員さんが焼いてくれます! カジュアルなお店なのにこのサービスはガチでうれしい!

普通の焼肉は自分好みに焼くのも楽しみのひとつであったりもしますが、これほど薄くて細かいお肉だと、正直焼くのは面倒…。ちょいちょい店員さんがチェックしに来てくれて、お肉をほぐしながら程よく焼いてくれるのはうれしい限り!

■たっぷりの野菜に包んでいただきます♪

肉

肉を野菜に包んで

焦げ目が程よくついたら食べごろ♪ 2~3種類の野菜に、ネギサラダや大根キムチ、タレをつけたお肉を巻いて♡ お肉が部分的にパリッとしていて、フレッシュな野菜の美味しさも相まって、王道に美味しい!

薄切りの牛肉は脂っぽさがなく、野菜と一緒だからヘルシーな気もするし…ノンストップでひとり2人前は余裕で食べられる感じ。ひと口で一生懸命頬張らなくても噛み切れるのも◎。

サムギョプサル

食べ足りないときは豚肉のサムギョプサルを追加! 豚は牛より厚みがあり、脂身もあってジューシー。野菜もついでに追加すればさらにヘルシーな気分に浸れますw

ネギチヂミ

〆にはネギチヂミを。表面パリッと、中身はふっくら、満足感たっぷり!

美味しさはもちろん、新大久保では珍しくとっても清潔感があるキレイなお店で、席もゆったりとしたつくり。夜の予約は19時までの早めの時間しかとっていないらしく、それ以降は直接お店へ、とのこと。でも19時半には予約以外の席も埋まり、満席になっていることも多い人気店。会社帰りにさくっと肉チャージしたい日に、気軽に立ち寄ってみて!

本家 BORNGA 東京都新宿区大久保1-17-10 2F

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。
担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。
Instagramアカウントは@norikomonji


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature