【レディースのファッション系統を再確認】2020年の秋冬は「私らしく」意志のある着こなしにアップデート | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 【レディースのファッション系統を再確認】2020年の秋冬は「私らしく」意志のある着こなしにアップデート

FASHION

2020.12.02

【レディースのファッション系統を再確認】2020年の秋冬は「私らしく」意志のある着こなしにアップデート

30代女性が取り入れるべき、ファッション系統とはどんなもの? 大人に求められる着こなしと、自分に合うスタイルのバランスを手探りしている女性にこそおすすめしたい今回の記事。ベーシックアイテムを洗練された着こなしに昇華する秋冬コーデを、ファッション系統別にご紹介します。

【目次】
ファッション系統で見るOggi世代のおすすめコーデ
【きれいめコーデ】は甘すぎずクールに着る
【大人コーデ】はベーシックを凛と着こなす
【カジュアルコーデ】はヘルシー美人を目指して
【モードコーデ】を彩るのはキレのよさがカギ
【コンサバ系コーデ】でクラシカルな魅力を再確認
最後に

ファッション系統で見るOggi世代のおすすめコーデ

ファッションにおける系統とは、ひと言で表すならば「構築されたファッションスタイル」。長く愛される定番スタイルの場合もあれば、新しく生まれるファッションもありますが、ここでは大人のきれいめスタイルを中心に、Oggi世代におすすめの秋冬コーデをご紹介します。

押さえおきたいファッション系統はこの5つ!

・きれいめコーデ
・大人コーデ
・カジュアルコーデ
・モードコーデ
・コンサバ系コーデ

【きれいめコーデ】は甘すぎずクールに着る

ここでは、女性らしいやわらかなシルエットを生かした「クールフェミニン」なスタイルを中心に紹介します。中にはジャケットやトレンチなどトラッドテイストのコーデも。女っぷりのいいスカートや小物を、甘すぎずに大人の余裕を感じるスタイルに昇華する着こなしは、どんなシーンにもなじむのでおすすめです。

【1】マーメイドタイトスカートコーデ

マーメイドタイトスカートコーデ

女らしいマーメイドタイトは、ショート丈のゆるニットと合わせてボトムの美ラインを際立たせて。ニットと同トーンのブルーストールをぐるっとひと巻きすれば、さりげなく目線が上に。脚長効果もアップ。

【ショート丈ニット】なら今どき感とスタイルアップが狙える!

【2】プリーツスカートコーデ

歩く度に美しい動きの出る白プリーツスカート×ブラウンジャケットのコーデ。それだけで十分女らしいから、タッセル付きの渋めトラッド靴で男前な外しをプラスして。

【フレアスカート×トラッドシューズ】で辛さをON|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【3】スカートコーデ

上下ともジャストフィットなサイズ感でスマートに着こなすのが今季らしい。モノトーンでかっちりコーディネート。

会食の日は、モノトーンでかっちりスタイル!

【4】セットアップコーデ

とろみ素材のオールホワイトセットアップに、羽織ものとしてモカ・ブラウン系のワンピースを合わせれば秋のきれいめ旬コーデの完成。

【上役とミーティングの日コーデ】深まる秋に合わせてモカブラウンを羽織って

【5】ワンピースコーデ

ロング丈のレイヤードが重くならないよう胸元の肌見せで抜け感をつくるのが肝。シックなカラーのワンピースをきちんと着こなして洗練されたきれいめコーデに。

【女友達とおしゃれ対決の日】ジャケット×ロングワンピがかっこいい

【6】トレンチコーデ

余裕のあるゆったりとしたトレンチに宿るのは、計算していない女性らしさ。クラシックな一面と旬の顔を併せ持つトレンチコートをさらりとはおり、こなれたきれいめコーデを手に入れて。

名品トレンチコート【MACKINTOSHマッキントッシュ】の魅力、徹底解剖!

【7】ウールコートコーデ

ウールコートコーデ

淡いブルーのストールとライトグレーのウールコートで、柔らかい印象を作る、冬のきれいめコートスタイルに。明るい色の力を借りて気持ち晴れやかに。

雪がちらつく凍えそうな朝、きれいめキープの完全防寒スタイルで出動!

【8】ボウタイブラウスコーデ

ネイビーをパープルスカートでシックにリフレッシュ♪ ほんのり透け感のある、さらりとした光沢ブラウスは、きれい色のスカートと合わせてシックで落ち着いた配色に。

ネイビーをパープルスカートでシックにリフレッシュ♡

【大人コーデ】はベーシックを凛と着こなす

シンプルベーシックなアイテムを、凛としたかっこよさと、知性を感じる大人の余裕で着こなすのが、大人コーデの醍醐味。シックな色合わせや辛口なジャケットを洗練させた着こなしは、ぜひお手本にしたいスタイル。ここでは、よりエレガントさを引き立たせる「王道ハンサム」なスタイルを紹介していきます。

【1】ノーカラージャケットコーデ

ノーカラージャケットコーデ

女らしいニットタイトスカートは、こっくりしたベーシックカラーでまとめれば、いつもの通勤服が秋冬らしくアップデート。仕上げに品のいいノーカラージャケットを合わせてシックに。

お洒落もきちんと感も叶える【ジャケットコーデ】旬の着こなし7DAYS

【2】ラップワンピースコーデ

華やかな幾何学プリントのワンピースに白ロングカーデを合わせたコーデ。ざっくりカーデやロングブーツと合わせて、フレンチな香りのするレトロな着こなしで今っぽく。

働くいい女が今一番着たいのは【ラップワンピ】|六本木発・神アイテム

【3】ロングスカートコーデ

ロングフレアスカート×ショートブーツは今季の鉄板コーデ。文句なしの洗練された大人コーデの誕生。バッグや小物でスパイスを表現するのが肝。

おしゃれな人から【ショートブーツ】に足元チェンジ! 初秋のブーツコーデ5

【4】シャツコーデ

ネイビー×ブラックなら現代的でクールな大人コーデに。シルバーバングルやグレーのローファーで、マニッシュなニュアンスをプラスして旬のスタイルに。

【エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚を着回して自分らしいおしゃれをプロデュース

【5】パンツコーデ

ネイビースーツはインを白ニットにして涼感を漂わせて。ジャケットはVネックのノーカラーで大人きれいに。洗練されたいい女のスタイルを。

【THE SUIT COMPANYの微光沢スーツ】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

【6】パステルコーデ

ピンクの淡いパンツに、凛としたヒールを履きこなし、大人の美しい休日コーデに。バッグやライダースもパステルに統一することで柔らかい印象が追加されます。

ピンクのアンクルパンツは、淡色トーン配色で爽やかに着こなす

【7】マニッシュコーデ

ネイビー×茶の新鮮配色コーデ。長めの着丈が今っぽいジャケットを肩がけにしてクールを装い、太めのチェックパンツで感度高めて。

月曜日はジャケット肩がけでクールを装う。ネイビー×茶の新鮮配色コーデ

【カジュアルコーデ】はヘルシー美人を目指して

ここでは、いろいろなファッションを吸収したOggi世代だからこそ楽しめる、「カジュアルモード」なスタイルをご紹介します。カジュアルに寄せたオフィスコーデや、ハンサムなリラックスコーデなど、ラフな印象で終わらないヘルシーなカジュアルスタイルが大人ならではの着こなし。

【1】ドロストパンツコーデ

ドロストパンツコーデ

ドロスト仕様の白パンツにゆるニットを合わせた、リラクシーで女らしいカジュアルコーデ。ツルッと落ち感のあるボトムの足元は華奢なヒールがマスト。都会的なムードでかっこよくまとめて。

おしゃれ感度高♡ カジュアルモード派の要チェックトレンド|飯豊まりえが着る【秋旬コーデ】

【2】デニムスカートコーデ

フード付きで薄手のジレに黒デニムスカートを合わせて、カジュアルに寄せたオフィスコーデに。ダークカラーが多くなりがちな秋冬は、スカーフ使いで華やかさをプラスして。

旧友とお出かけ♪ 日中は内勤だからデニムスカートでちょっぴり崩して

【3】デニムコーデ

デニムコーデ

ヘルシー&抜け感重視の女っぷりこなれ系は、ナチュラルに色落ちしたテーパードデニムをご指名。大人カジュアルに一気に仕立て上げる万能デニムは、ジャケットと合わせてさらにハンサムな雰囲気を上乗せして。

デニムで通勤しちゃう日。ジャケットとウエストベルトできれいめに仕上げればOK♡

【4】カーキパンツコーデ

カーゴパンツよりも上品に洗練されるなめらかな肌触りのクロップドのカーキパンツはすっきりとした大人なカジュアルの印象を生み出します。編みソックスでさりげなく遊び心を発揮して。

編みソックスでおしゃれを楽しむ♥ シンプルスタイルの中に遊び心を

【5】ミディ丈タイトスカートコーデ

秋冬らしいブラウンカラーのミドル丈タイトスカートに、同系色のワンピースをアウターとしてはおれば洗練されたカジュアルスタイルに。

シュッと見えなら長め丈が絶対!【ミディ丈タイトスカート】今買って、秋まで着回せる服

【6】フーディーブルゾンコーデ

いい女系のキャメルのタイトは、スポーティなブルゾンで抜け感を。旬のスポーティアイテムを大人が取り入れるなら、やっぱりネイビーが着こなしやすい。ハリのあるツヤ感素材がクール。

いい女系の洗練配色は、キャメル×ネイビーで決定♡

【モードコーデ】を彩るのはキレのよさがカギ

端正や洗練といった言葉がしっくりくるモードコーデ。ここでは、モードな着こなしを構成するのに欠かせないトレンドアイテムや、シックな色合わせ、ストイックな印象の黒コーデなどをご紹介します。「モード系ファッション」が彩る、ムダを削ぎ落したこなれ感が漂う着こなしは、さまざまなシーンで活躍してくれるはず。

【1】ショートニットコーデ

ショートニットコーデ

シンプルにまとまりがちなモノトーンコーデも、注目のショートニットをロングシャツに重ねてほんのりモードに着こなすのが新鮮。足元はレザーのスリッパを合わせて、きれいめカジュアルに。

注目のショートニットをロングシャツに重ねればほんのりモードな新印象に

【2】ブーツコーデ

一点投入するだけでモードな香りが漂うラメ装飾のブーツ。全体を黒やグレーの分量多めのモノトーンでシンプルにまとめて、モードに振りながらも通勤服としても着られるきれいめスタイルに。

【ペンシルスカート×ストレッチブーツ】で美脚に|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【3】オーバーニットコーデ

ワイドなそでや短め丈が今っぽいオーセンティックなニットはチェックのひざ下のタイトスカートとの相性が抜群。洗練された旬のモードコーデに。

【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート♥5

【4】赤スカートコーデ

スパイシーレッドのフレアスカートに黒やグレーに合わせて、甘さを払拭した着こなしがモードさを引き出し、ハンサムなスタイルに。

秋はとにかく赤が気になる♡ 旬カラー「赤」投入のコーデ集

【5】ロングスカートコーデ

ロングスカートコーデ

ボリュームスカートを抜けよく導くラメソックスでモードなニュアンスに。ブラックロングスカートのほどよい重さがより女性らしいモードさを演出します。

ボリュームスカートを抜けよく導くラメソックスでちょっぴりモードに!

【6】ハイウエストパンツコーデ

旬のチェック柄をシャツはコンパクトなタイプを選び、ハイウエストの黒パンツで下半身をキュッと引き締めて。足元はコーデュロイショートブーツでシャープなIシルエットに。

【秋冬】は本格ブーツトレンド再来?|おすすめショートブーツ&ブーツコーデPICK UP!

【7】オールブラックコーデ

そぎ落としたストイックなシンプルが流行中の今、潔く色を排除したオールブラックコーデ。高見えする漆黒アイテムを選ぶのと、抜け感をつくる肌見せが大事なポイント。モードなかっこいい女性像に。

全身【14,870円でコーディネート】黒一色でモード仕上げ|2万円以下コスパ最強のセットを発表!

【コンサバ系コーデ】でクラシカルな魅力を再確認

保守的なファッションを差す「コンサバ」は、目上の人会うときや、きちんと感を求められるときにおすすめのスタイル。クラシカルな女らしさは、背筋をピンと伸ばすような凛とした雰囲気を持ち合わせているので、シーンを選ばず全方位に好印象を与えたいときに便利。

【1】チェックスカートコーデ

チェックスカートコーデ

白ブラウスにトラディショナルなチェック柄スカートを合わせた、コンサバ感のあるコーデ。足元は黒ブーツを効かせて辛口モードに振って、トレンド感も楽しんで。

秋らしいエッセンスを散りばめて

【2】赤×黒のクラシックコーデ

赤いスカートを主役に、ほかを黒でまとめてクラシカルな雰囲気に仕上げたコーデ。首元のパールでほどよく華やかをプラスして、きちんとした会食の席にも自然となじむスタイルに。

赤いスカートが主役! ほかを黒でまとめてクラシックな雰囲気に

【3】とろみトレンチコーデ

ノーカラーのとろみトレンチは、素材もディテールもやわらかく、洗練された女性の印象を作り上げます。やさしいムードのネオコンサバスタイルに。

【骨格診断・ネオコンサバティブタイプ】BESTアウターはコレ!

【4】グレンチェックコーデ

今年らしいグレンチェックのワンピースはきちんと感と上品さを醸し出す鉄板コーデ。商談にもおすすめの平日スタイルにも。

クライアントに会う日は、好印象なグレンチェックワンピースで!

【5】オールネイビーコーデ

デザインワンピにブラウス×ジャケットをオンで仕上げたオールネイビーの知的コーデ。マットな赤リップを差して、女性らしさをプラスして。

オールネイビーの知的コーデはマットな赤リップでいい女に仕上げる

最後に

今回ご紹介したファッション系統は、数あるうちの一部ですが、Oggi世代が求めるきれいなお姉さんやヘルシーな雰囲気は、この5つを押さえておけばOK! フェミニンを軸にしつつクールにまとめたり、単調で終わらない王道ハンサム、カジュアルな中にモードの香りを仕込むなど、テイストをミックスする着こなしは、さまざまなファッションに触れた大人だからこそ楽しめる技。ぜひこの秋冬の着こなしに役立ててくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature