Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 三尋木奈保
  4. 【エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚を着回して自分らしいおしゃれをプロデュース

FASHION 三尋木奈保

2017.08.13

【エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚を着回して自分らしいおしゃれをプロデュース

「いつも同じような着こなし」って、実は褒め言葉だったりする。ベーシックアイテムも微差にこだわって更新していくのはもちろん、毎シーズン移り変わる流行も「絶対に自分に似合う」にこだわって、徹底的に選び抜く。そんな三尋木さんの「軸」のあるワードローブから生まれる着こなしは、やっぱり最強でした!

スタイルのあるおしゃれを確立しているエディター三尋木奈保さんが厳選したワードローブ4枚を賢く着回す方法、教えます!

究極シンプル服4枚をちょっとずつ違う感じに着回します!

「着回しって、〝自分らしいおしゃれ〟を表現するための、最高のアプローチです。好きな服を自分テイストの範囲内でちょっとずつ違う感じに着回せると、ブレないおしゃれが身についてその人の個性やファッションの価値観がぐっと引き立ちます」

着回し実例1:【きれいめ抜きシャツ】+【くるぶし丈タックパンツ】

この組み合わせがいつだって自分らしく決まるようになると、毎日のおしゃれがラクになる!
「私たちの日常で、どんなシーンでも頼りになるシャツ×パンツのコーディネート。シンプルな組み合わせだからこそ、それぞれをきちんとアップデートしておくことが大事。なにげないけれど今っぽい、そんなおしゃれがスパッと決まるのは快感です」

配色で雰囲気が変わるのも、この組み合わせの面白さ。ネイビー×ブラックなら現代的でクールなイメージに。シルバーバングルやグレーのローファーで、マニッシュなニュアンスをプラスして。シャツ¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉) パンツ¥18,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈martinique〉) バッグ¥264,815(ゴヤール ジャパン〈ゴヤール〉) 靴¥141,000(ジェイエムウエストン青山店〈ジェイエムウエストン〉) バングル¥23,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈グリン〉)

着回し実例2:【上品プルオーバー】+【くるぶし丈タックパンツ】

ほんのり女っぽいけれどキレもある――このミックスバランスが今の空気感
「着回し実例1と同じパンツもトップスをプルオーバーに替えると優しい雰囲気にシフトします。すそをインにするかアウトにするか、〝あしらい方〟を鏡の前で試すことも着回しを成功させるための大事な要素」

プルオーバーとパンツ、どちらもとろみ素材の場合は、コントラスト配色にするとメリハリが。シンプルなI ラインスタイルもおしゃれに決まる。ブラウス¥24,000(ADORE) パンツ¥18,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈martinique〉) バッグ¥210,000(JIMMY CHOO) ネックレス¥48,000・リング[人さし指]¥74,000・[中指]¥476,000(hum 伊勢丹新宿本店〈hum〉)

着回し実例3:【女っぷりタイトスカート】+【上品プルオーバー】

上はふんわり、下はすっきりタイト。今旬のシルエットバランスで一歩大人の印象をかなえて
「プルオーバーは、すそをインできるやわらかな素材を、スカートは今どきのハイウエストを選んでおくと、この着こなしが簡単にサマになります。今回の4アイテムを使った着回しでは、これが最も女度の高い組み合わせ。小物もリッチな方向に攻めてみたい」

太ベルトとワンハンドルのバッグ…クラシカルムードの味つけで女っぽさを引き立てて。スカート¥23,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) ブラウス¥24,000(ADORE) バッグ¥326,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥129,000(JIMMY CHOO) ベルト¥14,000(フラッパーズ〈アロン〉) 時計¥2,650,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) イヤリング¥18,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈アデル〉) ネックレス¥34,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS & HENDRIX〉)

着回し実例4:【きれいめ抜きシャツ】+【女っぷりタイトスカート】

シャツのカジュアル感でタイトスカートのクール味を少し和らげて。幅広いシーンにフィットする応用自在の着こなし
「タイトスカートを正統派のフェミニン顔で着こなすのが上のコーディネートだとしたら、こちらはもっと力を抜いて、今っぽい気分にシフトさせたイメージ。オーバーサイズのきれいめシャツは、この〝抜け感〟効果が何よりの魅力。大ぶりのマニッシュ時計もシャツ×タイトのかっこよさによく合います」

今どき感のある抜きシャツと、女っぷり高めのひざ下丈タイト。それぞれが今年顔にアップデートされているから、シャツ×タイトの本来コンサバなスタイルも、ここまでこなれた印象に。シャツ¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉) スカート¥23,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) バッグ¥52,000(ドレステリア 京都店〈DEAUVISON〉) 時計¥640,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) サングラス¥20,000(アダストリア〈バンヤードストーム/レイバン〉)

三尋木奈保
メーカー勤務後、エディターへ転身。会社員経験を生かしたリアルなスタイル提案に、ファン多数。ベーシック服を絶妙に今年らしい味つけで着こなす名手として注目を集める。著書『Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方』はロングセラーに。

Oggi9月号「大人気エディター三尋木奈保の究極シンプル服4枚で“着回しセルフブランディング”論」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/酒井貴生(aosora/モデルスタイリスト/渡辺智佳 ヘア&メーク/神戸春美(モデル) モデル/西本有希 構成/高橋香奈子、三尋木奈保 撮影協力/THREE AOYAMA REVIVE KITCHEN】

【関連記事】
【大人気エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚で「着回しセルフブランディング」論


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature