Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 小林文
  4. 【ZARA】黒ターバンで完成させる冬のオールブラック|小林文の賢いプチプラ買い

FASHION 小林文

2017.11.02

【ZARA】黒ターバンで完成させる冬のオールブラック|小林文の賢いプチプラ買い

Oggiのエディター小林 文がリアルに使えるプチプラアイテムをおすすめする連載です。今回はZARAの冬素材ターバンをピックアップ。

エディター小林 文

【ZARA】黒コーデに必要! ひとつでそれっぽくなるヘアターバン

20代後半ごろから妙に好きになった黒。特に好きなのはオールブラックのコーディネート。「これが似合ったら大人よ」と、試されているような気がして(だれにかはわからないけど)、その緊張感がいいなと思うのです。

が、冬のオールブラックには危険が潜んでいます。夏のオールブラックは腕も脚も肌見せができる分、ヘルシーに着こなせる。でも冬のオールブラックは、長袖ニットやタイツなど夏よりも黒の分量が圧倒的に多い。ただ着るだけではなんだか地味になったり、アンハッピーな雰囲気になることもあります。

そんなときに役立つのが気の利いた小物です。たとえば、エルメスの柄スカーフ、ビッグイヤリング、赤リップ…。ひとつ加えるだけで一気に華やかになる小物は、少しずつ増やしています。

最近の新入りはこちら、ZARAのヘアターバン。滑らかな光沢感と太い“うね”が特徴で、ベルベットとコーデュロイのいいとこどりをしたような今シーズンらしい素材。カチューシャではないので耳が痛くなることもありません。ささっと適当に下めのシニョンにまとめて、耳を半分隠すだけ。首のほうにいくほど幅が細くなっているので、横顔もスッキリ! ターバンだけで十分パワーがあるので、リップは赤よりもトーンダウンさせたチョコブラウンに、耳はあえてノーアクセにして引き算を。

お地味なオールブラックを脱したいなら、新しい小物にトライするほんの少しの勇気が必要なのだと思うのです。

ターバン/ZARA(¥1,990)
ニット/UNIQLO(昨年のメンズ)
スカート/BLENHEIM

インスタグラムはこちら

エディター小林 文

5年半の間営業職として勤めた会社を退職後、Oggi編集部へ。編集アシスタントを経て、Oggiのファッションエディターとして独立。リアル読者だったOL経験をいかして、日々楽しみながら邁進中。1985年生まれ、名古屋出身の32歳。インスタグラムは@kobayashi_bun


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.18

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature