Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ライフスタイルニュース
  4. 「その会社…ブラックだよ」10年前の自分に伝えたいことは?

LIFESTYLE ライフスタイルニュース

2017.09.25

「その会社…ブラックだよ」10年前の自分に伝えたいことは?

毎号、異なるお題を設け、巻末アンケートに寄せられた回答を紹介しているOggi Salone。お題は仕事に関するものからプライベートまで毎号さまざま。気になる同世代のライフスタイルがまるわかりです!

過去のさまざまな経験があるからこそ、今の自分がある。それはわかっているけれど、戻れるものならやり直したい…そんな経験もあるはず。そこでOggi読者に「10年前の自分に伝えたいこと」を聞いてみました。仕事から恋愛まで、幅広い回答が集まっています!

10年前に戻れるなら自分に何を伝えたい?

語学の勉強や資格取得など…「自分磨き」をして!

「もっと本気で勉強しなさい!!」昔から語学を勉強したくて、最近ようやく始めてみたのですが…仕事が忙しいうえ、頭も固くなっていて全然はかどりません(汗)。あぁ、後悔。(愛知県 29歳 販売)

「若いうちに海外へ行き、世界を身近に感じて」大学時代、長い休みがあったのにダラダラとムダに過ごしたことを後悔。留学や海外旅行で世界を回ってみたかった。(北海道 29歳 経理事務)

「英語をしっかりやっておくこと!」実は彼氏のアメリカ転勤が決まり、結婚して引っ越すことに。こんなことなら、本気で英会話教室に通っておくべきでした。(福岡県 29歳 エステティシャン)

「資格の勉強、難しくてもあきらめないで!」まさに今、転職活動で苦労しています…。あの資格、取っておけばラクだったなぁ(泣)。(東京都 33歳 医療事務)

「部活だけでなく受験も頑張れ」高校時代、部活に燃えていてバレーボールばかりの日々でした。今思えばもっと勉強して、第一志望の大学に行きたかった~。トホホ。(大阪府 28歳 秘書・受付)

できることならやり直したい!「恋愛」のあれこれ

「その彼氏とは別れて!」長年つきあったのに浮気され、フラれてしまったので…。私の6年間を返せ~!!(和歌山県 30歳 営業事務)

「今、重~い女になってるよ!!」10年前、彼氏に一途になりすぎて「正直怖い」とフラれてしまった。思い返せば必要以上に束縛したり、連絡を催促したり…面倒くさい女でした(汗)。あのころに戻ってやり直したい。(広島県 30歳 公務員)

「そこらへんで手を打とう!」まだ若いから~、と選り好みしているうちに30代へ突入。年齢を重ねれば重ねるほど、イイ男との出会いが減っている気がします。今思えばもったいない案件がいくつも…(苦笑)。(東京都 33歳 CA)

「もっと自分らしくいられる相手を探して」交際歴10年の彼氏と、最近になって性格が合わない気がしてきた…。つきあいが長すぎて別れを言い出しにくく、もっと早く気づけばよかったと悔やんでいます。(栃木県 30歳 専門職)

「社内恋愛は厳禁!!」軽い気持ちで同僚とつきあったら、とんでもないダメ男。7年間振り回され、社内での人間関係も最悪に。しかもその彼氏、別れてすぐ私の同期と結婚しました。私っていったい…。(静岡県 31歳 一般事務)

「今、隣にいる男友達が未来のダンナさまだよ!」昨年、高校時代からの男友達に「実はずっと好きだった」と告白されて婚約♥ 10年前の自分にこっそり伝えたら、ビックリするだろうなぁ(笑)。(島根県 29歳 秘書・受付)

もっと貯めておけばよかったと後悔…とにかく「貯金」!

「高価でも上質なものを買うべし!」10年前の洋服・小物で現在使えるものが皆無! 安物買いの銭失いを実感…。(兵庫県 34歳 サービス業)

「少しずつでよいから計画的に貯金を!」社会人になったらお金が貯まると思っていたけれど洋服や外食、習い事、旅行…何かとお金がかかる。バイト三昧だった大学時代のほうが貯められたかも(泣)。(新潟県 30歳 営業)

「貯金だと思って長持ちするものを買って!」10年前に戻れるなら、洋服や小物も長く使えるものを買いたい。実際、10年前に清水買いした某ブランドのカシミアストールはいまだ現役です!(神奈川県 35歳 Webデザイナー)

「実は…友達みんなガッチリ貯金してるよ!」同じように浪費家だと思っていた女友達が最近次々にマンションを購入。『アリとキリギリス』でたとえるなら、みんなはアリで私はキリギリス…。(東京都 33歳 マーケティング)

「今すぐ定期預金を始めるべし!」今年、結婚予定なのですが、結婚式や新婚旅行、新居への引っ越しなど、かなり費用がかかりそう…。コツコツ貯めておくべきでした(汗)。(大分県 32歳 教師)

「いつでも貯められる、は大間違い!」長らく実家暮らしで金銭的に余裕があったのに、入れば入る分だけ使って貯金できないままアラサーに。親に「そろそろ自立したら?」と言われ、内心焦っています。(千葉県 29歳 営業)

スキンケアやダイエットなど「美容」の努力を!

「部活の『日焼け止め禁止令』なんて無視!」その結果、現在ではシミやソバカスに悩まされる日々です(泣)。(東京都 25歳 コンサルタント)

「ニキビは絶対につぶしちゃダメ!!」高校時代、ニキビができると気になって触ったり、つぶしたりしていた部分がニキビ跡に…(泣)。(京都府 28歳 アルバイト)

「質のよい睡眠をとって!」昔、毎晩のように飲み歩き、深夜2~3時に寝る生活を続けていたら30歳あたりで肌が激変。何をしてもくすみが取れない…後悔先に立たず。(静岡県 31歳 販売)

「メークだけは毎日キレイにね」大学時代はほとんどすっぴんで過ごしていたので、当時の写真を見ると顔が薄すぎて恥ずかしい。他人には絶対に見せられません!(石川県 29歳 サービス業)

「どんなに面倒でも化粧水&乳液だけは…!」20代前半にスキンケアをサボっていたせいか、今ちりめんジワが目立ち始めている。あのころに戻ってきちんとお手入れしたい!(岐阜県 32歳 講師)

「毛穴ケアのやりすぎ禁止!」毛穴が気になってピーリングなどのお手入れをやりすぎたら、肌のキメがなくなり、シワやたるみが目立つように。何事も正しいやり方で適度にやることが大切ですね(泣)。(長崎県 28歳 記者)

「好きなだけお菓子を食べられるのは今のうちだけ」10年経過した現在ではお菓子を食べるとすぐ太る! 何も考えずドカ食いしていた時代が懐かしい(笑)。(埼玉県 29歳 経営コンサルタント)

「運動する習慣をつけて!」いつかやせるだろう、いつかジムに行くだろうと思い続け、結局何もしないまま現在に至る…。反省です。(群馬県 33歳 販売)

「ストレッチや筋トレを毎日しっかり!」昔から体が硬いのに、今ではますます硬くなり、代謝が落ちてやせにくい体に…。少しでもやわらかいうちに始めるべきでした。(栃木県 29歳 一般事務)

「暴飲暴食に注意!」1年に1kgずつ増え、トータルで10kg太りました…。(奈良県 30歳 経理事務)

「頑張れ」もあれば「頑張りすぎず」も! 自分へのエール

「若いうちに、やりたいことをトコトンやってほしい!」就職して年齢を重ねると新しいことに挑戦するのは大変。遊びでも勉強でも、フットワーク軽く楽しんでほしい。(京都府 29歳 会計士)

●10年前、私服の高校を選んだことを後悔しているので…「制服は今しか着られないぞ!!」(京都府 26歳 一般事務)

「料理の腕を磨いておけ!」今年結婚するのですが毎日の自炊が今から不安…(汗)。(鹿児島県 28歳 営業)

「そんなに頑張らなくてもいいんだよ」昔、勤めていた会社で体を壊すまで働いたけれど、なんと数年後に倒産(汗)。人生ラクに考えて病気になる前に辞めればよかったな。(東京都 35歳 研究職)

「その悩み、10年後まで続かないから大丈夫!」若いころは小さなことでもクヨクヨ考えていたけれど、10年を経ていい意味で楽観的になってきたのかも。当時の自分に「大丈夫」と言って安心させてあげたい。(埼玉県 33歳 企画)

「努力は絶対、ムダにならない」10年前は就活中でなかなか内定をもらえず自信喪失していた時期。何度もくじけそうになったので、当時の自分を全力で応援したい。その努力、ちゃんと実を結ぶからね!(北海道 32歳 人事)

「いくらでもやり直しがきくから転職しちゃえ!」10年前は好きな仕事にこだわり、しがみついていたけれど、まったく違う分野に転職したら世界が広がって充実した毎日です。人生何度でもやり直せる!(青森県 31歳 営業)

「その会社…ブラックだよ」新卒で入った会社が過酷で苦労した。就活からやり直したい!(東京都 32歳 一般事務)

10年前に戻れるなら自分に何を伝えたい? 結論

1位 日焼け止めを塗って!
2位 もっと勉強しよう!
3位 貯金しなさい!
4位 何事にもチャレンジを!
5位 もっといい彼氏を探して!

ぶっちぎりの1位は「UVケア」! 続いて「勉強」「貯金」

今回の調査、1位は「日焼け止めを塗ること」。若いころUVケアを怠り、現在シミに悩むOggi読者が多いようです。2位は「今やりたくても時間がない」「昔より集中力が低下している」、3位は「結婚や旅行でお金がかかる」と嘆く声が多数。4位の「チャレンジ」は「若いうちは失敗を恐れずに」「自分の可能性を信じて」など、過去の自分を応援する声がたくさん。そして5位は「今の彼氏とは別れて、ほかに目を向けて」という回答で、昔の恋愛を後悔している人がちらほら。

今回は1位がダントツの票数で、美意識の高いOggi読者ならではのランキングとなりました!

2017年Oggi3月号「Oggi Salone」より。
本誌掲載時スタッフ:イラスト/小迎裕美子 構成/遠藤まゆみ

【あわせて読みたい!】
無理しすぎず実践できる貯金テク
食欲の秋、スタイルキープの極意


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature