Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 女子旅のホットスポットとしても話題!【滋賀】のお土産、絶対喜ばれるもの5つ

LIFESTYLE

2018.12.12

女子旅のホットスポットとしても話題!【滋賀】のお土産、絶対喜ばれるもの5つ

世界に誇る琵琶湖、豊かな自然や歴史文化で知られる滋賀県。戦国時代や江戸の情緒を体験したり、紅葉の美しい古社寺を巡りながら旅を満喫したら、おみやげを探したいもの。もらって嬉しい、プレゼントで喜ばれる厳選した滋賀みやげをご紹介。

■1:おきしま えびせんべい(540円)

おきしま えびせんべい

日本で唯一淡水湖(琵琶湖)に浮かぶ“人の住む”島・沖島で採れる天然スジエビ入りのおせんべい。豊かなエビの風味、一口サイズなので食べはじめたらやめられない。味は2種類、塩味とマヨネーズ風味。

■2:近江牛ビーフカレー(770円)

近江牛ビーフカレー

日本三大和牛のひとつであり、日本の牛肉食のはじまりとされている「近江牛」の入った贅沢ビーフカレー。大きく柔らかいお肉がゴロゴロ入ったこの至高の旨味カレーは、香りもよく食欲をそそる。それほど辛くないので、どなたでも。

■3:まぜちゃい菜(700円)

まぜちゃい菜

お漬物日本一決定戦でグランプリを受賞した「まぜちゃい菜」は、滋賀の伝統野菜・日野菜を使用したお漬物。ピリッとした味で、そのまま白いご飯にも合うし、おにぎりやピラフ、パスタ、たまご焼き、カレーのお供にも最適。1瓶180g。

■4:堅ボーロ(小袋100g 324円)

堅ボーロ

フォトジェニックなレトロパッケージがカワイイ「堅ボーロ」。ポルトガル語で小さく球状のお菓子を意味する「ボーロ」にちなんで「堅ボーロ」と名付けられ、明治27年創業以来の手作りお菓子。100年の伝統ある頑固な硬さ、そして生姜の優しい甘さが特徴。宮内庁御用達。

■5:ビワコッターテ(648円)

ビワコッターテ

滋賀県特産のふなずしを使った「ビワコッターテ」は、気軽に鮒ずしを食べてほしいと開発されたラスク。ビワコッターテとは、イタリア語でラスクを意味する「ビスコターテ」と滋賀県琵琶湖をかけ合わせた造語。まろやかな塩味で、寿司のルーツともいわれる発酵食「ふなずし」が苦手な方でもイケる。カナッペのようにチーズ、野菜、果物をのせていただくのもよし。ワインや日本酒のおつまみに。

京都からわずか9分! 今、滋賀の大津が女子旅のホットスポットに

今、滋賀の大津が女子旅のホットスポットになっています。「びわ湖バレイ」の山頂エリアにオープンした「びわ湖テラス」(関連記事はこちら)をはじめ、注目のスポットが続々とオープン! しかも、京都駅から約9分で到着するなど利便性のよさでも注目されています。つまり、大津に滞在しながら「ちょっと京都観光してくる!」「今夜は京都に飲みに行ってくる!」なんてことも可能なんです。

JR京都駅からわずか2駅9分、新大阪駅から新快速で35分という滋賀県・大津にあるおすすめの宿は、「商店街HOTEL 講 大津百町」。

商店街HOTEL 講 大津百町

築100年以上の7軒の町家をリノベーションした「商店街HOTEL 講 大津百町」は、「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトにした旧東海道と並行するアーケード商店街にある古民家ホテル。

商店街HOTEL 講 大津百町

レトロで落ち着いた「和」の風情と北欧のインテリアのマッチングがなんともラグジュアリー。コンシェルジュの細やかなおもてなしに身も心もほぐれ、何度も足を運びたくなる。女子旅に最適!

ホテル 講 大津百町
滋賀県大津市中央1-2-6
電話番号:077-516-7475
公式サイトはこちら

▶︎関連記事:【女子旅におすすめ】京都駅から9分!? 今、ジワリとアツいのは琵琶湖水運の街・大津

取材・文/猪狩久子

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature