Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【意外と知らない家鍋のコツ4選】鍋のフタはいつ閉めるべき? 具材を入れる順番は?

LIFESTYLE

2018.10.23

【意外と知らない家鍋のコツ4選】鍋のフタはいつ閉めるべき? 具材を入れる順番は?

鍋の季節到来! 鍋をより美味しくするための4つのコツを紹介します。

いつもの鍋にひと工夫を! より美味しくなるコツを伝授

気温が低くなり始め、そろそろ鍋料理が食べたくなるのでは? 今年は、ひと工夫して今まで以上においしく食べませんか。食品メーカー担当者に教えてもらった、家鍋のコツを紹介します。

■コツ1:カット野菜、もやし、きのこ、豆苗、豆腐を使うべし!

鍋をしたくても、野菜の価格が高い…。そんなときの強い味方は、カット野菜、もやし、きのこ、豆苗、豆腐。これらの5つの食材は、スーパーでの販売価格が安定しています。定番の白菜などの露地栽培野菜の価格が高いときは、前述した5つの食材を鍋の主役として活躍させちゃいましょう。

【カット野菜鍋】

カット野菜鍋

【豚と豆苗のごま鍋】

豚と豆苗のごま鍋

【きのこ鍋】

きのこ鍋


■コツ2:具材を入れる順番は、「うま味」が決め手!

火の通りにくい食材から煮るのが鍋のセオリー。さらにその中で、つゆと食材のどちらにうま味を残したいかにこだわると、ワンランク上の仕上がりになります。

【食材のうま味をだしとして味わいたいとき】
つゆを温めながら食材を加え、じっくり煮る。

つゆを温めながら食材を加え、じっくり煮る。

【食材のうま味そのものを味わいたいとき】
つゆが煮立ってから、食材に火が通るまでさっと煮る。

つゆが煮立ってから、食材に火が通るまでさっと煮る。

【インスタ映えする鍋を作るとき】
煮えにくい食材から積み上げる「タワー積み」がおすすめ。大根やにんじんをピーラーびきしてからトッピングすれば、見た目もインパクトも出ます。

煮えにくい食材から積み上げる「タワー積み」がおすすめ。


■コツ3:フタのタイミングは、大きく2回!

大雑把に作ってもおいしくなるのが鍋の良いところですが、うまくフタをすると、よりおいしく、短時間で仕上がります。

【1回目】
つゆを加熱する時(加熱時間短縮&つゆの蒸発を防ぐ)

【2回目】
食材を入れて、しっかり火を通す時(食材を煮やすくする)


■コツ4:最後のシメは、ちょい足し!

マンネリ化しがちな鍋のシメ。思わずシメから鍋つゆを選びたくなる、ちょい足しメニューを紹介します。

【うどん】
和風だし系つゆ+カレールウでカレーうどん完成!

和風だし系つゆ+カレールウでカレーうどん完成!

【中華麺】
ごま系つゆ+ラー油で、風味豊かな〆ラーメンに。

ごま系つゆ+ラー油で、風味豊かな〆ラーメンに。

【ごはん】
ごま系つゆ+豆乳+チーズでコクと旨味たっぷりのリゾット風!

ごま系つゆ+豆乳+チーズでコクと旨味たっぷりのリゾット風!


■家鍋におすすめ! キッコーマン「発酵だし あごだし鍋つゆ/焙煎ごま鍋つゆ」

キッコーマンの今年のイチオシ鍋つゆは「発酵だし あごだし鍋つゆ/焙煎ごま鍋つゆ」。独自技術「発酵だし」を使用し、うま味コクがアップ。かつお大豆の2種の原料を合わせており、うま味が持続し、満足感のある味わいに。


冬の定番料理といえば「鍋」。ひとりでも、家族や友達とでも楽しむことができますよね。

今年は、4つのコツを試して、例年以上に美味しい鍋を作ってみて♡ 最後のシメもちょい足しすれば、また違う味を楽しむことができるかも。

情報提供:キッコーマン食品株式会社

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature