Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. LOVEスイススイーツinジュネーブ「ダブルクリーム&メレンゲ」をはずさないで!

LIFESTYLE

2017.06.17

LOVEスイススイーツinジュネーブ「ダブルクリーム&メレンゲ」をはずさないで!

ショコラコーディネーター®市川歩美がスイーツにまつわるNEWSや甘く美味しいお話をお届けします! 今回はスイス(ジュネーブ)へ出かけて、すごく美味しいスイーツに出会ったのでご紹介します♪

チョコレート関係のお仕事で海外を訪れると、チョコレートだけでなく、現地ならではの美味しいスイーツに出会えるのが楽しみのひとつ。

前回のベトナム(ホーチミン)ではしっかりプリンと出会ってワクワクでしたが、今回はスイス(ジュネーブ)へ出かけて、すごく美味しいスイーツに出会ったので、ご紹介しますね♪

特に生クリーム好きさんは要チェック。絶対食べたほうがいいですよー。
ぜひぜひ。ジュネーブへ行ったらはずさないで!

スイスのジュネーブにある名物スイーツとは?

Meringues et crème double de la Gruyère(グリュイエールのダブルクリーム&メレンゲ)

スイスのグリュイエール地方の名物「ダブルクリーム&メレンゲ」です。

ミルクの味が濃いクリームをサクサクのメレンゲと一緒にいただくのですが、もうこれが困るほど美味しくて、「あーだめだー、食べすぎるーー」とか言いながら、たくさんいただいてしまいました♪

「ダブルクリーム」は、牛乳から作られる乳脂肪分の高いクリームで、スイスのグリュイエール地方の名物です。濃厚なこのクリームをメレンゲとともにに味わうのが地元のスタイル。グリュイエールで育った牛のミルクの美味しさは世界的にも有名ですね(チーズはいうまでもなく!)。この地元自慢のミルクの美味しさをぎゅうっ、と凝縮して味わえるのがこのダブルクリーム、というわけです。

上の写真は、スイスのジュネーブ空港内にあるレストラン「Swiss Chalet(スイスシャレー)」のもの。
空港の出口近くのわかりやすい場所にありますし、チーズのお料理も美味しくてリーズナブル。スイスの山小屋(シャレー)をモダンにアレンジしたスタイルも素敵です。ぜひどうぞ!

種類もいろいろ♪ サクサクとろ~りな「ダブルクリーム&メレンゲ」

すっかりダブルクリームに魅せられた私は、別のレストランでも迷わずオーダー。するとこんなスタイルでテーブルに運ばれてきました。優雅なレマン湖畔の美しいレストランのテラス席にて。

こちらはクリームがホイップされず、別添えになっていたので…。

こーんな風にメレンゲをクリームにディップしたり♡

わーーっと思う存分クリームをメレンゲにかけてサクサクとろ~りといただいたり♡

そうそう。私、モンブラン(日本の栗のケーキ)って、メレンゲと生クリーム入りが好きなんですけど、あのサクっとしたメレンゲと美味しい生クリームの部分だけを心ゆくまで堪能できる、というイメージでしょうか。苺やベリーといただくと、ショートケーキっぽいともいえます。

スイス、特にジュネーブ近郊へ出かけたら、ぜひどうぞ♪

グリュイエールの車窓から

現地では、英語で「ダブルクリーム」と言えば通じると思いますし、デザートメニューにフランス語なら「Crème double」、「Crème de gruyère」、「crème double de gruyère」とか、「Meringues et crème double de la Gruyère」みたいなことが書いてありますから、指さしてみてください。

お食事のあと、お友だちとひとつを2人でシェアしてちょうどよいくらいかもしれません。

初出:しごとなでしこ

ショコラコーディネーター® 市川歩美

チョコレートのジャーナリストとして最新のチョコレート情報に精通。
おすすめ・注目のチョコレートの紹介ほか、関連情報を雑誌、テレビ、ラジオ、WEBなどのメディアに提供しながら、メディア・チョコレートブランド・消費者をつなぐ、日本唯一のショコラコーディネーター®として活動。フランスの上質なショコラに1990年代前半に出会って以来、チョコレート愛好家歴は25年以上。「ショコラのある生活」を豊かにするべく、チョコレート関連イベント、トークショーへの出演、テレビ番組、記事の監修、商品企画なども行う。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature