Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. 【女子欲ハワイ14】ハマる♪ 注目オアフ島のダウンタウンでモロッコ&レバノン料理三昧♡

LIFESTYLE

2016.10.31

【女子欲ハワイ14】ハマる♪ 注目オアフ島のダウンタウンでモロッコ&レバノン料理三昧♡

01

ゆるくて上質♪ 異国情緒満点! カンザマンはランチもディナーも最高!!

スパイスやハーブを多用するエスニック料理が大好きな私。
ハワイは他民族国家みたいなものだから、さまざまな国の郷土料理屋さんが多いのもハワイを愛してしまう理由のひとつ。要は、食べてみたことがないものにスゴく好奇心をそそられるわけで。そういった意味では、各国料理屋さんがひしめくダウンタウンは注目エリア。ここでの最近のお気に入りは、モロッコ料理のお店カンザマンです。

02

▲カンザマンは、サウスホテルST.とノースキングST.の間のヌウアヌAVE.沿い。

モロッコ料理にはクミン、パプリカ、サフラン、シナモン、オリーブオイル、アルガンオイル、ナッツ、豆などが多く用いられます。またレバノン料理には、ゴマ、レモン、ヨーグルト、オリーブオイル、オールスパイスなどが使用されています。ただし辛いスパイスはあまり使用しないので、辛いものが苦手な方もオッケー。

初めてこちらにうかがったのは昼間でした。入口のドアから中をのぞくと、なんか小さな食堂のような感じ。昼間でもややうす暗いけれど赤や水色の壁がマグリブ(モロッコ、アルジェリア、チュニジアの3国)感覚で、しかもダウンタウンらしく建物が古いのも手伝い、風情があって素敵。
入口からは見えないけれど、お店の奥にはなんと広くて素敵な中庭のテラス席が! ここでの食事は気持ちの良いテラス席でキマリですな♪

ちなみにここにはアルコールを置いていないので、お酒はBYBO(bring your own bottleね)! どこかで調達して行くのがマスト。

辛くないスパイス料理のモロッカン&レバノン料理はメンズからも人気♪

ランチはフムス(ひよこ豆のペースト)、お肉(ビーフ、ラム、チキン)、サラダ、ピタパンが乗ったオープンサンドイッチ風のプレートなどで、ひとり チップ込みで13ドルぐらい。

夜は、ぐっとメニューが増えます。とろりと濃厚なレンティル(レンズ豆)スープが絶品!!

03

▲レンズ豆のスープ。濃厚なのでふたりでひとつで充分。

前菜は、フムス、タブーリ(パセリやトマト、タマネギのさっぱりサラダ)、ババガヌーシュ(ナスとゴマのディップ)、ワラックタクトゥカ(ミントやレモンで味つけしたごはんをブドウの葉で包んだ料理)などが盛り合わせになったMezza Samplerや、オレンジ風味のモロッカンサラダが超美味。

04

05

▲前菜盛り合わせのMezza samplerと、モロッカンサラダ

メインは、クスクスやタジン、ケバブ、コフタ(カイエンペッパーやクミンなどで味つけした肉団子)、シュワルマ(レモンやタマネギ、トマト、クミン、コリアンダーなどで味つけして焼いた薄切りのお肉)などがご飯の上に乗ったプレートが、ビーフやチキン、ラムで展開されます。当日のスペシャルメニューもあるので聞いてみて。ラム好きにはラムソテーが大評判。どのお料理にもお野菜がたっぷり使われ、さっぱりとしているのに奥深い!

06

▲クセの無いチキンケバブはチキンがやわらかくておいしい!

好き嫌いの多い旦那さんも、ここのスパイス料理は大のお気に入り。スパイスが効いているけれど、クセがないし、お肉の臭みもなく、最後に炭水化物、とくにお米が食べられるから男子も満足できるのです。

ピタパンにフムスやババガヌーシュをつけて食べるとお酒が進む♡ お酒に弱い私は炭酸水などを飲みながら酔った気分に♪

木々に囲まれたテラス席はついつい長居したくなる心地よさ。私はお酒を飲まない分、最後に甘いものとコーヒーを頂くのが常なのですが、ここのデザートは甘い…デーツやレーズンなどのドライフルーツやナッツ、ハチミツなどが多く使われていて、もう少し甘さ抑えめだと日本人の舌には合うんだけどなー。ま、それも含めて本格的ってことで(笑)。

ダウンタウンは、最近ではキレイな街に様変わりし、警察もいっぱいいるし、ずいぶん安心できるエリアになりました。が、女子同士で行くならやはり昼間の方が安心。
男子と一緒なら夜も問題ありませんが、あまりダラダラ歩いたりせず、ピンポイントでお店へ。帰りはお店でタクシーを呼んでもらいましょうね。

先日ハワイに行ってきたときに撮った1枚

07

▲ハワイは夏から秋にプルメリアの花がきれいに咲きます。神に宿る花とされ、甘い香りに癒される♪

初出:しごとなでしこ

ファッションエディター 武田麻衣子/Maiko Takeda

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。
以降、Oggi ,Domani、Precious、和楽などで活躍。
ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。
遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature