Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. 牛サーロインのソテーも食べ応えたっぷり♡【サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店】狙い目はお値打ちアフタヌーンランチ

LIFESTYLE

2018.11.25

牛サーロインのソテーも食べ応えたっぷり♡【サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店】狙い目はお値打ちアフタヌーンランチ

今回は老舗の正統派イタリアンレストランでいただける、お肉も美味しいランチコースをご紹介♪ Oggiの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします!

エディター 門司紀子

働いていると平日はなかなかゆっくりランチする時間がとれませんが…週末にとっておきのレストランで美味しい料理をいただきながら、友人や恋人、家族と語り合うランチタイムは心身ともにリフレッシュできる至福の時間♪

今回はそんなひとときにおすすめのお店のスペシャルランチにお誘いいただき、ワクワクしながらうかがってきました♪

お店は有楽町にできた新しいビルの中!

ヒューリックスクエア東京

お店は東京メトロ有楽町駅のA1出口を出てすぐにできた複合施設ヒューリックスクエア東京の3F。

リニューアルオープンしたばかりの正統派老舗イタリアン!

サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店

サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店

エレベーターを降りると、その重厚感あるゴージャスな雰囲気に思わずまばたきを忘れてしまうほど!

サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店は。1981年に「トスカーナ料理の神髄を味わう、極上の正統派イタリアン」として銀座SONYビルにオープン。2018年10月29日に、こちらのビルに移転し、新装開店したばかり。

フィレンツェ本店は100年以上の歴史を誇り、国際的なアーティストや政治家からも愛される名店。東京の新店舗ではイタリアのフィレンツェ本店の伝統やこだわりを継承しながら、厳選された上質食材を使ったトスカーナ料理を存分に楽しめます。

おすすめは食べ応えたっぷりのアフタヌーンランチ

アフタヌーンランチ

Oggi世代におすすめなのがちょっと遅めのランチ、13:30~スタートの1日20食限定のアフタヌーンランチ(¥3,990/税・サービス料込)。旬の食材を使ったサバティーニならではの多彩なメニューをお得にいただけるコースです。

スペシャルランチコース、スタート!

ほうれん草のスフォルマティーノ キノコのクリームソース

1品め:ほうれん草のスフォルマティーノ キノコのクリームソース

本日のスープ(カボチャ)

2品め:本日のスープ(カボチャ)

ズワイガニとトマトのリングイーネ

3品め:ズワイガニとトマトのリングイーネ

自家製イタリアンソーセージと黒キャベツのリガトーニ

4品め:自家製イタリアンソーセージと黒キャベツのリガトーニ

目鯛の香草パン粉焼き ポロネギのピューレと濃縮バルサミコのソース

5品め:目鯛の香草パン粉焼き ポロネギのピューレと濃縮バルサミコのソース

お口直しのシャーベット

6品め:お口直しのシャーベット

前菜、スープにパスタはなんと2品も! 1品1品それぞれの美味しさを噛みしめられる程よい量で、満足感が本当に半端ない!!!

お待ちかね、お肉料理は牛サーロインのソテー!

牛サーロインのソテー キャンティソースとエシャロットのフォンデュ

7品め:牛サーロインのソテー キャンティソースとエシャロットのフォンデュ

麗しきピンク色のお肉と、濃厚なソース、クリーミーなフォンデュのコントラスはまさに眼福♡ ナイフでお肉をカットしてひと口頬張った瞬間に、ほろりやわらかくとろけて肉汁があふれ出る絶妙な火入れ♡

ソースの旨味も相まって、もう、本当にたまりません♡♡♡ お肉が来る前にかなりお腹は満たされていましたが、このサーロインソテーの旨味の洪水は、お腹いっぱいなことをすっかり忘れてしまうほど…。

本日のデザート盛り合わせ

8品め:本日のデザート盛り合わせ

フランボワーズのケーキとティラミス。デザートはいつだって、別腹です! ほろ苦く濃厚なエスプレッソコーヒーとともにいただいて、どっぷりとさらなる満足感に浸らせていただきました♪

いや~~~~このお値段で、ここまでのクオリティと満足感、1品1品いただくたびにめくるめく幸せを味わえるなんて…♡

ちょっとおしゃれして出かけたい、背筋がしゃんとする正統派レストラン。喧騒を逃れ、ゆったりとした気分で、友人と、カレや旦那様と、家族と、ゆっくり語り合いながらランチ、におすすめのお店。アフタヌーンランチは品数多く満足感たっぷりなので、朝食抜きでお腹をすかせて食べに行ってくださいね!

サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは@norikomonji


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature