Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. 28歳【転職】キャリアダウンも「手に職」の夢を叶えるため|経験者たちの転職実例

WORK

2018.12.02

28歳【転職】キャリアダウンも「手に職」の夢を叶えるため|経験者たちの転職実例

28歳【転職】実は薄給!? と気づいて転職活動、大手メーカーへ。転職実例・体験談をご紹介。

キャリアアップキャリアダウンetc. 「私のリアル転職」実例、よかったことも悪かったことも、すべて語ります! キャリアアップする人、起業する人、休職する人…さまざまな転職経験者に、以前の働き方や退職を決意した瞬間、転職活動の極意など、ホンネで語りつくしてもらいました!

K・Yさん 28歳|手に職の夢を叶えるためのチャレンジ

業界大手の住宅メーカー→地域密着型の不動産会社へ

K・Yさん

<前職>

業種:大手住宅メーカー社
規模:社員数2万人以上
年収:550万
残業:週20時間

<現職>

業種:中規模不動産会社
規模:社員数500人
年収:半額以下
残業:なし

<経歴>

22歳 新卒で1社目の会社に入社、地方営業職に
24歳 本社人事部に部署異動
26歳 再度、地方営業職に。専門学校に入学
27歳 退職を決意
28歳 転職活動を開始。2社目の会社に転職。希望の職に就く

仕事を長く続けていくためにも、手に職を得たかった

大学卒業後、新卒で第一希望の会社に就職し、やりたかった職種に就くことができ、すごくラッキーでした。ノルマがあったり、休みの日もお客様から電話がかかってきたりして…毎日目まぐるしかったけど、充実はしていましたね。ところが、3年目の部署異動で生活が少し落ち着いたころ、周りを見渡したときに、仕事と家庭を両立させた、ロールモデルとなる人がいないことに気づいたんです。

それから一度、将来のことを改めて考え直した結果、インテリアコーディネーターという新しい夢を見つけて。仕事をしながら専門学校に通うようになりました。ですが、この両立が思った以上に大変で。勉強に集中できなかったので、当時怖いもの知らずだった私はスッパリ会社を退職。それから大手転職エージェントに登録し、「年収はそのまま、土日休み、残業ナシ」という希望の条件で仕事を探してもらうも、なかなか該当する仕事が見つからず…そこで初めて現実を見たような気がしました。

その後、建築業界専門の求人サイトで見つけた会社で、インテリアコーディネート担当として雇ってもらうことに。新米ということもあり、お給料は驚くほど減りましたが、残業はないししっかり休みもとれる。仕事内容も勉強になっているので不満はありません。専門学校は来年卒業予定で、グッと転職にも有利になると思うので、余裕ができたタイミングでインテリアコーディネーターとしてキャリアアップ転職を狙っていきたいと思っています。

キャリアダウンをしてよかったことは?

自分にとって、より大きな目標ができた

今までのキャリアを一旦手放すことで、夢への自分の想いが確かなものに。自分がこの先すべきことや、新たな目標も見えてきました。

インテリアの本

インテリアの本は私のやる気を駆り立ててくれる。

フロアプラン

フロアプランを描けるようになって、仕事を深く理解できる状況に。

これから転職予定の人へ

「将来の理想の自分像を明確に」

キャリアダウン転職は現状からただ逃げ出すのではなく、強い気持ちをもって臨めるものをもつことが重要だと思います。

Oggi11月号「Around 30 転職のリアル」より
メイン画像/Shutterstock 構成/大椙麻未、酒井亜希子・佐々木 恵(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.12

編集部のおすすめ Recommended

Feature