Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 海外
  5. 【モノトーン】を着る。|吉田なぎ沙の海外移住日記

LIFESTYLE

2018.08.11

【モノトーン】を着る。|吉田なぎ沙の海外移住日記

実は奥深いモノトーンコーデの世界。モノトーンコーデで気をつけるべきポイントとは? Oggiの美容専属モデル・ビューティアイコンの吉田なぎ沙さんがお届けする【海外移住生活】ブログです。

nagisa yoshida

単調だけど力強いモノトーンの世界

Jason M.Petersonさんという方をご存知ですか?私がアメリカに来てから気になっている、フォロワー数111万人越えのモノトーンフォトグラファーです。

25年間もモノトーン・モノクロの世界を追い求め続けてきたというジェイソンさん。作品はどれも一見シンプルながらも、モノトーンだからこそ余計なものが削ぎ落とされた、被写体の情景や感情が力強く伝わってくる写真ばかり。見る人に何を伝えたいか主張がはっきりしている。そんなジェイソンさんの世界に惹かれています。

モノトーンコーデで気をつけるべきは【バランス感】

ジェイソンさんの写真の魅力は、モノトーン色だけではなく、被写体のバランス感やモノトーンの配分率にあると思っています。彼の写真でよく見るのは、縦のライン、横のライン、丸の曲線美。黄金比がすごく美しい。

これはファッションにも通ずるものがあると思います。色味のある服は、色だけで視線を持っていけますが、モノトーンは見たままありのまま。体型すら目につきます。だからこそ黄金比・バランス感をしっかり理解しないと、モノトーンコーデにトライするのはすごく難しい。

私もまだまだ研究中ですが、普段からモノトーンコーデで意識をしているのは、【Iライン】と【一点見せ】

1)【Iライン】

スタイルがよく見えるよう、頭の上〜つま先まで真っ直ぐなラインを意識するということです。
例えば、筋肉質な自分の体型の場合は、黒のストレートパンツが一番バランス感がよく、細見え出来るという結論に。足のラインを全部拾うスキニーパンツとは違い、ストレートパンツは腰から足首までのIラインをキレイに作ってくれるので、トップスに何を持ってきても、基本キレイな黄金比になります。

黒のストレートパンツ

トップス・パンツ/バナリパ(着やせ効果抜群!【バナリパ】のきれいめレギンスパンツ
バッグ/セリーヌ
サンダル/マノロブラニク

モノトーンコーデが好きだけど、バランス感がいまいちという方は、スキニーパンツではなく、黒のストレートパンツに切り替えてみて下さい。スキニーとストレートは同じ様に思えますが、履き比べるとかなり違います。

2)【一点見せ】

盛るべきポイントを、主張したい服一点、靴一点、小物一点など、必ずどれか一つに限定すること。シンプルだからこそ、あれもこれもとなりますが、何事もやり過ぎは禁物。主張したいお気に入りの一点が、モノトーンコーデと相まって、ますます素敵に見えるはずです。上の写真では、白トップスの裾半分が異素材のフリルになっています。私はここを主張したかったので、目線を上に持っていくべく、他の色をすべて黒に統一しました。

以上、モノトーンコーデで意識すべきは、黄金比・バランス感。そして盛るのは、主張したい一カ所のみ

夏こそ、削ぎ落とされたシンプル服が映える季節。まだまだ暑い日が続きますし、真夏のモノトーンにどんどんチャレンジしたいですね!

吉田なぎ沙 Oggi Beauty Icon

2014年からOggi Beauty Icon(Oggi専属美容読者モデル)として活躍。2017年9月に米国ポートランドに移住し、初海外移住/駐在妻として日々勉強中。海と愛犬とコーヒーをこよなく愛する31歳。新米華道家。シンプルな暮らしを目指す彼女のライフスタイルについてはInstagram:nagi711にてチェック出来ます。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature