Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 全室青い海が見える! 今行きたい「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」

LIFESTYLE

2022.06.24

全室青い海が見える! 今行きたい「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」

「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」の客室やプール・サウナ・岩盤浴などの館内施設、レストラングルメも紹介します。ホテルのアメニティは? 館内のサービスは? など細かにレポートします。

全室オーシャンビュー!「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」宿泊レポ

2022年4月12日にオープンした、沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん。北海道から九州、海外に展開するプリンスホテルですが、実は沖縄に進出したのは初めて。沖縄という土地ならではのリゾートの雰囲気とプリンホテルのホスピタリティにあふれた空間・接客を兼ね備えたホテルです。

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわんは、地上14階建て、全室340室がオーシャンビューというリゾートホテル。目の前には、宜野湾港マリーナ、宜野湾トロピカルビーチを望み、青い海と美しいサンセットを楽しむことができます。

ここからは、お部屋、館内のサービス、食事、周辺施設に分けてレポートします。

海とともに過ごすお部屋

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわんの客室は、スーペリアフロア、クラブフロアの2種類あり、それぞれ270室、70室をラインナップ。どのお部屋からも海を望むことができるのです。

中でも注目のお部屋はこちら。

◆スーペリアツイン

3〜11Fのスーペリアフロアにある、こちらのお部屋ももちろんオーシャンビューで、移り変わる海の景色を1日中楽しめます。スタンダードタイプなのですが、宿泊には申し分ない広さで、涼しげな壁面や海の青さが映えるインテリアが旅の気持ちを上げてくれます。

◆ファミリールーム

スーペリアフロアのファミリールームのお部屋は、ポップな色彩と遊び心をくすぐる仕掛けが満載。ベッドはなんと2段になっていて、お子さま連れはもちろん、女子会としても楽しそう! ほかにもハンギングチェアや覗き窓、座面の広いソファもあり、にぎやかな宿泊になりそうな1室です。

◆クラブプレミアムツイン

クラブフロアのクラブプレミアムツイン。こちらは上質なしつらえで、ゆったりした時間が流れる客室。落ち着きがあり、窓を開けて海を眺めながら1日を過ごす… そんな“何もしない”贅沢が叶います。

◆ザ・クラブスイート

ザ・クラブスイートは、ホテルの最上階に位置する、100平米の客室と70平米のテラスを備える豪華なお部屋。開放感にあふれ、大人の余裕を感じるほど客室が広く、大きなテラスも辺り一面が美しい海の景色が広がっています。バスルームからも行き来できるテラスもあり、雰囲気も抜群。一生に一度は泊まってみたい1室です。

◆アメニティ

アメニティも充実しています。沖縄の海が感じられる入浴剤やクレンジングオイル・洗顔・化粧水・乳液、シャンプー・トリートメント・ボディソープ、パナソニックのナノイードライヤーも用意。

歯ブラシ、ヘアブラシ、ボディタオルなどは環境に配慮されたパッケージに包まれていました。館内着、バスローブ、パジャマもあり、宿泊のために用意するアイテムは最低限で良さそうです。

また、ネスプレッソのコーヒーや、さんぴん茶などの種類豊富なドリンクもあり、滞在中のおともになります。

全客室のテレビは、YouTubeやNetflix、hulu、AbemaTVなど動画アプリが入っていました。ほかにも、館内案内やプール、レストランなどの混雑状況も確認でき、待たない環境づくりにも配慮されています。

館内施設も充実! インフィニティープールや岩盤浴も

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわんでは、館内でも過ごせるよう、さまざまな施設が用意されています。

2Fと最上階にはインフィニティープールがあり、2Fは宿泊者全員が利用可能。海と一体化しているような感覚と開放感のある南国ムードを楽しむことができます。

▲宿泊者が利用できる2Fのインフィニティープール

▲クラブフロア宿泊者専用のインフィニティープール。ジャクジーもありました

スパエリアでは、男女別の大浴場のほか、バーデプール、サウナ、ミストサウナ、アイスルーム、岩盤浴(ストーンサウナ)があり、サウナ好きも嬉しいサービスが! カップルや家族で楽しめて、リフレッシュにもなりますね!

▲大浴場

▲(左上から時計回りに)バーデプール、サウナ、アイスルーム、岩盤浴

また、ホテルでエステ体験もできます。スパトリートメント「SPA THE KUHORO PRINCE」では、ボディオイルマッサージ、フェイシャルマッサージ、ヘッド&フッドマッサージがラインナップ。日頃の疲れを癒やしてくれるうえ、心が満たされる極上のひとときが体験できます。女子会で利用するのもいいですね!

ほかにも、ランニングマシンやエアロバイクがあるフィットネスルームも。旅先で体調を整えたい方にもぴったり!

クラブフロア宿泊者には専用のクラブラウンジ「UMIKAJI(ウミカジ)」が利用可能。軽食、ティータイム、カクテルタイム、バータイムと時間ごとに自由に過ごせます。

館内には至るところに沖縄ゆかりのアートが飾られていて、館内巡りも面白かったですよ◎

オープンキッチンで味わう沖縄産の食材を使った料理

食事は、ブッフェスタイル。沖縄県産の食材を使った料理がズラリと並びます。南国感漂うパイナップルやオレンジ、ドラゴンフルーツをはじめ、トロピカルフルーツジュース、グァバジュース、シークワーサードリンクもラインナップ。

宿泊した日の夕食では、グリーンサラダにタコライス、マグロの炙り焼き、沖縄野菜の天ぷら、色とりどりのスイーツなどがありました。ライブキッチンでは、ステーキ&シーフードのプロシェット、搾りたての紅芋モンブランが味わえます。目でも楽しむことができ、沖縄旅を後押ししてくれます。

朝食では、クロワッサンなどのパン、ごはんやお味噌汁、沖縄県産卵のオムレツ、彩り野菜サラダ、牛肉の鉄板焼き、スムージー、フレンチトースト、紅芋のパンケーキなどが揃います。朝日を浴びて、海を見ながら食べる朝食はまさに贅沢!

▲レストラン「JINON(ジノーン)」。沖縄の方言で「宜野湾」という意味。

今後注目のスポット! 周辺施設も紹介

那覇空港より車・タクシーで約30分ほどの「沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん」。国際通りと北谷エリアの中間に位置し、どちらも車で約20分ほどの距離にあり、旅の拠点として大変便利。

ぎのわん海浜公園が目の前にあり、敷地内には、沖縄最大級のヨットハーバー「宜野湾港マリーナ」、海水浴も楽しめる「宜野湾トロピカルビーチ」、国際会議などで使用される「沖縄コンベンションセンター」が。ホテル周辺は観光だけでなく、ビジネスの場としても発展していく今後楽しみなエリアです。

公式サイトでは、開業記念特別プランなど早割プランもあり、オンシーズンの予約は争奪戦になるかもしれません。女子旅をはじめ、カップル、友人、家族でも快適に過ごせるおすすめホテルです。ぜひチェックしてみて!

【沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん】
住所:沖縄県宜野湾市真志喜3丁目28-1
駐車場:213台(屋内2.1m/屋外無し)
基本チェックイン:14:00
基本チェックアウト:11:00(クラブフロア12:00)

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature