Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. ウエディング
  4. 今は“婚約指輪返し”がデフォルト!? アラサー花嫁たちが実際に贈ったお返しを調査してみたら…

LOVE

2022.06.18

今は“婚約指輪返し”がデフォルト!? アラサー花嫁たちが実際に贈ったお返しを調査してみたら…

最近は正式な結納を行わないカップルが多いようですが、婚約の証にと婚約指輪をもらう人は多い。そこで浮上する婚約指輪のお返しのハナシ。アラサー女子が贈った・贈りたい、婚約のお返しとは? を聞いてみました。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

プロポーズは受けるだけじゃダメ!?

こんなブランドの指輪が欲しい! あんなデザインに憧れる! と、プロポーズを夢見る独女の皆さん。もしかして婚約指輪を貰ったらそのままでOKと思っていませんか? 今回紹介したいのは実はみんながしている『婚約指輪のお返し』。

そこでイマドキのアラサー女子が贈った・贈りたい。“婚約返し”の内容を見ていきましょう。

みんなの婚約指輪のお返しプレゼント!

(c)Shutterstock.com

◆やっぱり人気!『腕時計』

「夫には高級で重厚感のある時計をプレゼントしました。結婚して数年経ちましたが、やっぱり良いものは長持ちするし、デザインに飽きがこないと喜んでいて嬉しいです。婚約指輪のお返しをして良かったなと感じます」(Cさん・34歳)

「お返しは絶対に“腕時計”と決めています。彼は元々時計をしない派でしたが、大人になるにつれてだんだん興味が湧いてきたそう。時計第一号が婚約のお返しなんてなんだかとっても記念になりそうですよね。ペアウォッチも良いかなといろいろと探しています!」(Rさん・27歳)

◆記念の一着を『オーダースーツ』

「営業マンの旦那さんには“オーダースーツ”をプレゼントしました。あまりおしゃれなスーツに関心のなかった旦那さんも、採寸や生地選び・スタイルなどを決めていくうちに楽しさと嬉しさが込み上げていたみたい。今でも大切な営業先に行く時や商談などがある際には“勝負スーツ”だと言って着てくれています」(Hさん・31歳)

◆たくさんお返しをしたい新婦に最適!『小物製品』

「現金を持ち歩くことが少なくなったので、カードケースを含めた“革小物”を揃えてプレゼントしました! 使い続けると味わいが出て手に馴染んでくるので、彼もお気に入りのようです」(Yさん・33歳)

「私はネクタイピンとカフスボタンにしましたよ。男性用のアクセサリーって選ぶのが大変だけど、彼が良く着るスーツに合うような小物だったら選びやすくておすすめ♪」(Aさん・28歳)

「スニーカー好きの彼にはプレミアの付いた物をプレゼント予定です。仕事で使う革靴と迷ったのですが、彼の趣味の物をあげたいと思い休日はひとりでショップ巡りをしています」(Kさん・27歳)

(c)Shutterstock.com

今回取材した中でダントツ人気だったのはやはり“腕時計”でした。予算の幅は広かったものの皆さん10万円以上のお返しをと考える人が多いようです。

そんな中“孫の代も使えるから!”と仏壇の『おりん』を送る予定だという女性も。婚約の記念に、現代の“結納返し”をすると彼の喜ぶ顔が見られそう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

他にもこんな記事が読まれています

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature