Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. ウエディング
  4. 今どき結婚と結婚式のリアルが聞きたい! 先輩花嫁の本音をデータ化しました

LOVE

2020.07.31

今どき結婚と結婚式のリアルが聞きたい! 先輩花嫁の本音をデータ化しました

結婚が視野に入ってきたら、知りたいのが今どきの結婚観や挙式の実情。働く先輩花嫁にアンケートを実施しました!

データで見る、働く30歳からの結婚と結婚式のリアル!

今回話を聞いた花嫁&結婚式DATAはこちら

平均年齢… 32.4歳
パートナーの平均年齢… 33.3歳
結婚までの交際期間… 平均2年5ヶ月
結婚式までの準備期間… 平均9ヶ月

Q1|ぶっちゃけ… パートナーは「100%理想の結婚相手」と言えますか?

ちなみに「No」と答えた人は、どこを譲歩しましたか?

1位… 顔・外見・身長
2位… 経済力
3位… 価値観・生活習慣

6割以上が「理想どおり!」と回答。「とにかく優しい。家事も率先してやってくれます」(32歳・金融)「理想以上の人。結婚した今も不満はゼロ!」(28歳・メーカー)など、うらやましいエピソードが満載。これから結婚を考える人にとっては希望のもてる話かも? また、「譲歩した」という場合でも、「顔は正直好みじゃないけど、とにかく居心地が最高」(27歳・不動産関連)など、ポジティブな意見が大半。

Q2|ズバリ、結婚の決め手は?

「育った環境や考え方が似ていて、一緒にいると楽」(33歳・販売)「温厚で優しいところにひかれました」(31歳・アパレル)など、居心地のよさやフィーリングを重視した結果が明らかに。一方で「ケチなところ(笑)。浪費家よりよっぽどいい」(28歳・公務員)など、金銭感覚が合う点を現実的な決め手として挙げた人も多かった。

Q3|結婚式にかかった費用・総額は?

平均480万円(相場と比べると少々予算は高め)

挙式、披露宴、披露パーティの総額は、「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると354.9万円。それと比較するとOggi読者は予算をかけている結果に。ちなみに最高金額は730万円! また、招待したゲストの数は平均で59名。レストランウエディングなど少人数の式が増えつつある一方で、ホテルや式場で100人以上のゲストを招いて行う大規模な結婚式も人気のよう。

ちなみに結婚式を挙げた場所は?

そのほか、こんな場所も!
・神社
・海外チャペル
・海外リゾートウェディング

Q4|パートナーと出会った場所は?

仕事先や友人関係など、比較的身近なところでパートナーに出会っている人が半数以上。特に仕事先で出会った人は「同じ職場で性格や仕事ぶりをわかっていたので安心して結婚できた」(27歳・不動産)など、仕事に向き合う姿勢も結婚の判断材料になっている様子。婚活パーティやアプリで出会った人は、今回のアンケートでは少数派。

Q5|結婚式の費用でお金をかけたところと、セーブしたところは?

▼お金をかけたところ

▼セーブしたところ

結婚式費用のどこに重きを置くかは、「料理」との回答が圧倒的。「節約した」アイテムとして多数派だったのはペーパーアイテム。「ドレスはケチりたくなかったので、招待状や席次表は自作」(27歳・教育関連)という声がある一方、「費用を浮かそうと頑張っているのに夫が手伝ってくれず険悪な雰囲気に」(32歳・専門職)など、結婚式準備のケンカの原因にも…。手間とお金、どちらをかけるかのせめぎ合いに。

Q6|結婚式で「やらなくてよかったこと」「やらずに後悔したこと」は?

やらなくてよかったこと

「二次会。式の後、ふたりだけでゆっくり過ごせた」(30歳・金融関連)
「余興!」(33歳・メーカー)←最近はしない人も増えてるらしい!?

やらずに後悔したこと

「和装の前撮り。結果的にドレスより似合ってた…」(33歳・販売)
「ダイエット!」(28歳・一般事務)
「海外ウエディングには満足してるけど、国内のパーティもやればよかった」(34歳・IT関連)
「両親への手紙」(34歳・教育関連)
「動画撮影。自分たちではわからない会場の雰囲気全体を残しておきたかった」(31歳・メーカー)

「やらなくてよかった」ことは、意外にも「余興」と「二次会」のみ。一方さまざまな意見が集まったのが「やらずに後悔したこと」。「和装の前撮り」「当日の動画撮影」など、予算や時間の都合で泣く泣くカットしたものの心残りになってしまうケースが多々。また「両親への手紙は恥ずかしくて読まなかった。でも、感謝の気持ちを改めて伝える機会は結婚式くらいしかなかったのに… と後悔」(29歳・出版)という声も。

Q7|会場選び、どんなところにこだわった?

「非日常な空間を演出したくて会場から高速道路や線路が見えない場所にした」(29歳・メーカー)
「高齢のゲストがいたためバリアフリー対応の会場に」(31歳・マスコミ)
「お酒好きのゲストが多く、強炭酸のハイボールを用意できるところを探した」(35歳・IT関連)
「駅からシャトルバスが出ていることが必須」(35歳・IT関連)
「とにかく、人とかぶらないところ」(29歳・一般事務)

会場探しで重視したポイントは「ロケーション」(69%・複数回答)が圧倒的多数。特に「遠方からのゲストが多いのでアクセスのいいところを探した」(30歳・IT関連)という意見が多かった。次いで「会場の格式・雰囲気」「スタッフの対応」などがランクイン。いずれも「ゲストにいかに楽しんでもらうか」という目線で選んだことがうかがえる。

Q8|結婚してよかった?

結婚自体は「してよかった」と答える人が8割超! 「どんなときも味方がそばにいてくれる心強さは絶大」(32歳・アパレル)「コロナで自粛生活を余儀なくされたとき、ふたりでいればなんとかなると思えた」(27歳・一般事務)という声も。「どちらともいえない」との回答からは「ひとりの時間など、失ったものもある」(34歳・営業)という意見も。

2020年Oggi8月号「30歳からの働く女性、結婚の不安とモヤモヤ」より
イラスト/川原瑞丸 構成/佐々木 恵・酒井亜希子・赤木さと子(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.08

編集部のおすすめ Recommended

Feature