Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. もう普通のチーズに戻れない…【成城石井】美味しすぎて冷蔵庫に常備してる名品♡

LIFESTYLE

2022.05.03

もう普通のチーズに戻れない…【成城石井】美味しすぎて冷蔵庫に常備してる名品♡

365日、成城石井で買い物をする成城石井が大好きすぎるライター・朝岡真梨が、冷蔵庫に切らさず常備している名品<イタリアチーズ>のおすすめを2つ紹介します。これさえあれば、おうちご飯のレベルがいっきにUP! ホームパーティーにぴったりな食べ方の提案も。

イタリアへ旅行した気分になれる! 成城石井の本格チーズ

長引くコロナ禍、かつてのように連休だからといって気軽に海外旅行へも出かけにくくなってしまいました。しかし、成城石井なら世界各地へ、実際に足を運んで商品を仕入れてくるバイヤーの力量が光る逸品が勢ぞろい。本当にその国へ旅行へでかけた気分になれる本格派グルメに出合えます。

▲成城石井で買えるブラッタ(フレッシュタイプ)とパルミジャーノ・レジャーノ(ハードタイプ)

今回は筆者がリピ買いしているイタリアのチーズについて、そのおいしさとともにおすすめの食べ方をレビューしたいと思います。

イタリアチーズの王様! パルミジャーノ・レジャーノ

▲100gあたり604円(税込)

成城石井のチーズのなかでもロングセラー商品として愛されているフェラリーニ社のパルミジャーノ・レジャーノ24ヶ月熟成。チーズコーナーには本当に数多くのチーズが並んでいますが、これは知る人ぞ知る成城石井のスター商品!

一般的なパルメザンは牛乳から作られているのですが、この商品は、ジャージー牛のミルクを25%もブレンドしているから、ほかのメーカーのものとは風味もコクも格段に違うんです。

ハードチーズなので、そのままサイコロ状にカットして常温に戻してからイタリアワインとあわせて食べてもよし。おうちで作ったパスタにすりおろしてかけると、長期熟成による旨み成分が味わいのグレードが一気にUPします。もうこれを食べてしまうと、普通の粉チーズには戻れなくなってしまうんですよね。

筆者のおすすめの食べ方は薄くスライスして食パンにのせてそのままトースト。とてもシンプルで手軽に、このパルミジャーノ・レジャーノのおいしさを一番ダイレクトに味わえます。

ホームパーティーを盛り上げる! ブッラータチーズ×生ハム

▲ブッラータチーズ100g 539円。

日本でもイタリアンレストランやチーズ専門店などで食べられるようになり、じわじわ知名度を上げているブッラータチーズも成城石井で買えます。

見た目はモッツァレラチーズのような丸い形のフレッシュタイプのチーズなのですが、生クリームと割いたモッツァレラが巾着のようにモッツァレラの生地で包まれているんです。

筆者のおすすめの食べ方は、成城石井オリジナルのプロシュートクルードスライス14ヶ月の上にのせて、とろけたブッラータをからめながらいただくこと。

ただお皿に盛っただけで、なんか立派なお料理みたいでしょ。

イタリア語で「バターみたい」という意味をもつブッラータ。真ん中にナイフを入れるととろ~っと生クリームがモッツァレラチーズと一緒にとろけだしてくるんです。

お好みでオリーブオイルやバルサミコを合わせてもおいしいですが、初めてのブッラータを味わうなら、ぜひこのシンプルな状態で食べてみて!

プロシュートのやわらかい食感とブッラータのクリーミーな味わいが絶妙なハーモニーを醸し出します。ホームパーティーのときも、これは準備がラクだし、動画映えもして、しかも激ウマ! みんなで大盛り上がり間違えナシのお料理です。これからの季節なら、いちごやモモなどのフルーツを添えても合いますよ。

日本にいながらにして、イタリア旅行にでかけた気分を味わえる、成城石井ならではの本格イタリアチーズ。ぜひ連休のおうちご飯にとり入れてみてくださいね。

成城石井

※記事内容は公開当時の情報に基づくものです。
※記事中の感想は筆者個人の感想です。

朝岡真梨

世界50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに、各地のグルメや観光スポットの魅力を紹介している。最新のIT機器に関する取材も多く、女性目線からの分析が得意。キャラクターや英語にも明るく、コピーライティングの分野では他業種に関わっている。旅行先ですったもんだした体験や主婦業をラクして乗り切るヒントを綴っている「遊んでばかりのスナフキン」が人気。Instagram:@yans_publisher Twitter:@Yans_Publisher


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature