Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. この花は何の野菜?「甘藷」とも呼ばれ、ダイエット食品として注目の…?〈野菜の花クイズ〉

LIFESTYLE

2022.04.24

この花は何の野菜?「甘藷」とも呼ばれ、ダイエット食品として注目の…?〈野菜の花クイズ〉

野菜や果物を知っていても、その花を知らない人も多いはず。今回は、ダイエット食品として注目されているアノ食材!

この花は何の野菜? ヒントは食物繊維たっぷり食べ物!

じゃがいもやキャベツ、レタス、トマトなど、普段食べている野菜は花を咲かせます。見る機会が少ないですが、なかなか可愛い花を咲かせるものがあるんです。

今回は、白くて可憐な花をピックアップしました。

この花は何の野菜か知っていますか?

(c)Shutterstock.com

正解は、「さつまいも」の花です!

正解は、さつまいもの花でした! さつまいもは、甘藷(かんしょ)とも呼ばれています。

さつまいもは、ヒルガオ科の食べ物で、秋から冬にかけて旬を迎えます。主な産地は鹿児島県、茨城県です。

(c)Shutterstock.com

◆さつまいもの歴史

さつまいもの原産は、メキシコを中心とする熱帯アメリカ。紀元前800~1000年ごろには、中央アンデス地方でサツマイモがつくられていたそう。日本へは1600年ごろに中国から伝来。琉球(現在の沖縄県)から薩摩(鹿児島県)に伝わったときに「さつまいも」と名付けられたようです。その系譜から、現在でも鹿児島県で栽培されているのですね!

日本では、さつまいもは35種類ほど市場に出回っていて、有名なものは安納芋や紅はるか、鳴門金時、紅あずまがあります。品種ごとに食感や甘味が違い、食べ比べも楽しい食材です。

◆さつまいもの栄養

さつまいもは、宇宙食としてNASAで準完全食品と認められ、2017年ごろには韓国でもダイエット食品としてブームに。健康や美容に効果があるとされています。

特に食物繊維が豊富で、腸内環境を整え、生活習慣病予防にもひと役買う食材。美肌に欠かせないビタミンCビタミンB1・B2ミネラルも含まれています。

また、低GI食品(血糖値が上昇しにくい食品)であるため、脂肪を溜め込みにくくなるのだそう。

さつまいもに期待できる栄養はたくさんありますが、摂りすぎは注意。カロリーや糖質が高いので、1/2本程度を目安に食べてみてください。

◆さつまいもの選び方

おいしいさつまいもの選び方は、皮の色が鮮やかでツヤがあること。傷やでこぼこが少なく、持った時に重さを感じるものがよいでしょう。

一般的に避けたいのは、細かったり、一部が黒く変色していたりするもの。※品種により異なります。

* * *

さつまいもの花から栄養・選び方まで紹介しました。さつまいもは、焼き芋や天ぷらもいいですし、茹でた場合はスープやお味噌汁にすると栄養を無駄なく摂ることもできます。美味しく食べていきたいですね。

参考:農林水産省『サツマイモ「どこからきたの?」』

みんなも挑戦している野菜の花クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.15

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature