Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【名前からは想像できない郷土料理】1位は花の料理「もってのほか」由来は天皇家の御紋?

LIFESTYLE

2022.04.30

【名前からは想像できない郷土料理】1位は花の料理「もってのほか」由来は天皇家の御紋?

ウェイブダッシュが運営する、みんなでつくる地域応援サイト「生活ガイド.com」が、みんなのランキング第30回「名前からは想像できない郷土料理ランキング」のトップ10を発表。トップ3をランキング形式で紹介します!

3位:香川県「まんばのけんちゃん」

3位は香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」です。

「まんばのけんちゃん」は、高菜と豆腐や油揚げを一緒に炒め煮にした料理です。

「マンバ」は漢字で「万葉」と記載され、10月から4月が旬の三池高菜の一種。「けんちゃん」は豆腐と野菜を油で炒めた「けんちん料理」が語源とされています。

2位:北海道「ガタタン」

2位は北海道の郷土料理「ガタタン」でした。

「ガタタン、ガタタン」と、まるで電車の音のような名前ですが、実は漢字での表記は「含多湯」で、「具だくさんでとろみのある名物スープ料理」のことを言います。

人参や白菜、豚肉やイカなどが入っており、寒い時期に食べたくなる郷土料理。主に北海道の芦別市で親しまれています。

1位:山形県「もってのほか」

1位は山形県の郷土料理「もってのほか」でした!

「もってのほか」とは、色鮮やかな淡紫色が特徴的な食用菊の一種です。名前の由来は「天皇家の御紋を食べるとはもってのほか」という説と、「もってのほかおいしい」という説があります。

シャキシャキとした歯ごたえが特徴で、和え物やお浸し、天ぷらやお吸い物にして食べられています。ほのかな香りや甘み、ほろ苦さが特徴。

* * *

あなたが食べたことのある郷土料理はありましたか? どれも名前からは想像できないけれど、とっても美味しそう! その地域に行ったら食べてみたくなる料理ばかりです。

4位以降の結果はこちら

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月25日〜2021年12月12日
調査対象:生活ガイド.com会員10代~80代の男女198名


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.16

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature