Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 無印良品
  5. 【無印良品】ヘアブラシのようで… 違う! いままでのストレスはなんだったの…

LIFESTYLE

2022.02.22

【無印良品】ヘアブラシのようで… 違う! いままでのストレスはなんだったの…

無印良品の「ブナ材お手入れブラシヘアブラシ用」をピックアップ!

地味に優秀! 無印良品の「お手入れブラシ」

汎用性の高いベーシックなアイテムが多い無印良品ですが、実は店内をくまなく見て回ると、痒い所に手が届くニッチな商品や、他ではお目にかかれないアイデア商品に出合えることも!

今回お届けするのも、そんな無印良品で見つけたこちら。

ブナ材お手入れブラシヘアブラシ用/¥250

「ブナ材お手入れブラシヘアブラシ用」ってご存じですか?

コンパクトなヘアブラシあるいはコームのようにも見えるけれど、実はヘアブラシ用のブラシ。つまりヘアブラシをお手入れするためのブラシなのです!

ヘアブラシを使っていると厄介なのが、ブラシの隙間に詰まった髪の毛やホコリなどの汚れ。特に私は毛量が多いロングなので、ブラシから絡まった髪の毛がピンピン出てくる始末。綿棒などを駆使して取ろうとするも、とにかく時間がかかって地味にストレスになっていました。

そのため無印良品でこのアイテムを見つけたときは、すぐさま買い物かごに入れていました。

全長約6cmで手のひらに収まるサイズ感。

同様のクリーナーは他にもあるけれど、持ち手にブナ材を使った無印良品らしいシンプルなデザインは唯一無二! 洗面所などに置いておいても悪目立ちしません。

毛はナイロン製で硬め。この硬さが絶妙で、隙間の汚れをかきだしてくれます!

他の手持ちのヘアブラシでも使えました。

この日の取れ高(?)はというと……

※閲覧注意です※

絡まった髪の毛やホコリなどがごっそり!

もちろん細かいホコリまですべて取り除けたわけではないと思うけれど、それでも綿棒で地道に作業していたことを考えればかなりストレスフリー! 髪の毛はほぼ取り除けました。

ティッシュや不要な紙の上で作業すれば、あとはその紙ごと捨てるだけでオーケー。

耐久性も高そうだし、今後はこのアイテムがあると思うだけで、安心して(?)ヘアブラシを使っていけそうです!

* * *

※価格は税込み表示です

※記事中の感想は筆者個人の感想です

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature