Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 【贅沢鉄道体験】全車グリーン車のサフィール踊り子が快適♡〈Oggi専属読者モデル 門井寿美〉

LIFESTYLE

2022.02.21

【贅沢鉄道体験】全車グリーン車のサフィール踊り子が快適♡〈Oggi専属読者モデル 門井寿美〉

「移動時間を優雅に楽しめる『サフィール踊り子』に初乗車! 周りを気にせず贅沢な空間を堪能できる個室席を紹介したいと思います」Oggi専属読者モデル オッジェンヌの門井寿美さんのブログです。

全車両グリーン席! 贅沢すぎる移動時間を堪能♡

東京と伊豆を結ぶ「踊り子」。この踊り子号に「サフィール踊り子」というプレミア厶な特急列車があることをご存知ですか? 高級な内装とサービスが楽しめる列車なんです。先日このサフィール踊り子に乗って熱海まで贅沢な約1時間20分の旅をしてきました。

予約は争奪戦!? 1日最大3本の特別列車

サフィール踊り子は、下り列車で1日最大3本、上り列車が最大2本と本数の少ない特別列車。全国から予約ができますし、土日祝だと予約も集中するので争奪戦

私は朝、みどりの窓口に並び、10:00の予約開始に合わせて窓口の方に予約希望を出しました。窓口の方がとても親切で、10:00ぴったりに予約のボタンを押してくださり、無事に勝ち取ることができました! 思わず手を取って感謝したくなるほどの喜びでした(笑)

全席グリーン席! 超プレミアムな列車♡

サフィール踊り子は、以下の全席グリーンの3タイプに分かれています。

・革張りで一つ一つの席が独立した、「プレミアムグリーン」
・最大6名席まであるテーブルとソファの完全個室「グリーン個室」
・2列と1列で配置された上品な「グリーン車」

私は今回、家族6人で行ったのでグリーン個室を利用しました♡

▲車内の通路はこんな感じ…!

▲6人まで利用可能なグリーン個室の中。大きな窓から外の景色を堪能でき、海をイメージした内装も素敵でした。

座席が見えてくると「電車じゃないみたーい!」と大はしゃぎ。着席するまで時間がかかりました(笑)。高級感のある列車はテンション上がりますね。

▲高い天井も開放感があって気持ちいい!

カフェテリアでお腹も満たせる

4号車はカフェテリアになっていました。

こちらではカウンター席とテーブル席があり、お料理やドリンクを楽しむことができます。私達はせっかく個室席をとったので、カフェテリアでいただけるメニューを事前に予約して、個室でいただきました。

◆ミシュラン星獲得シェフ監修メニューを堪能

サフィール踊り子でいただけるメニューは、ミシュラン1つ星を13回獲得した「Ristorante HONDA」の料理長が監修したお料理! 全4種類のパスタ、ニョッキ、カレーがありました。どれも美味しそうだったので全種を満遍なく注文(笑)。

パーサーさんが個室まで運んでくれました。

▲容器の蓋にもサフィール踊り子のロゴが♡

▲伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ ¥1,100

▲静岡産3種のキノコとトリュフ塩のラグー ¥1,250

私はこのラグーが1番お気に入り! とっても美味しかったです。

▲じゃがいもニョッキのトマトソース ¥900

▲HONDAプレミアム 渡り蟹カレー ¥1,850

どれもとても美味しく、量もほどよくて大満足! カレー以外は全てパンがセットになっていて、全メニューミネラルウォーターもついていましたよ。

▲セットのミネラルウォーター。飲む温泉って美容にも良さそうでうれしい!

▲大きな車窓からの景色。海をゆっくり眺めながらの列車旅は、とても贅沢でした。

私は今回熱海まででしたが、熱海から先、下田までの車窓はもっと海の景色が見ることができて、きれいなんだろうなぁ。

あっという間に熱海に到着。もっと乗っていたいと思える素敵な空間でした。

そして翌日の帰りは、東海道新幹線の新型車両N700Sのグリーン車に初乗車!

この旅は、列車にお金を注ぎ込んだ贅沢移動の旅行でした(笑)

旅となると、いつもは宿や飲食にお金をかけがちでしたが、今回のように移動手段を贅沢に快適な旅にでかけてみると、新鮮でより楽しい旅になるんだなと思いました。

※記事中の表示価格はすべて税込価格です。

サフィール踊り子


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature