Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 開運・占い
  5. 【日光は30代女子のパワースポット】本厄ライターが厄を〝除けて払って切る〟2泊3日「界 日光」旅行に!

FORTUNE

2022.02.23

【日光は30代女子のパワースポット】本厄ライターが厄を〝除けて払って切る〟2泊3日「界 日光」旅行に!

世界遺産に認定された東照宮をはじめとする二社一寺の開運スポットがある「日光」。ここにお宿を構える星野リゾートの温泉旅館「界 日光」では、温泉旅館に宿泊しながら日光の社寺での特別祈祷ができる〝日光厄除け払い切りプラン〟が大人気! 今回、本厄(32歳)ライターが体験してきたので、その様子をたっぷり紹介します。

女の30代はほぼ厄年。本当に〝厄払い〟だけで… 大丈夫?

人生のうちで災難が起こりやすく、気を付けるべきとされる「厄年」。女性は19歳、33歳、37歳が「本厄」で、その前後が「前厄」と「後厄」にあたります。中でも33歳は「大厄」と言われ、厄年の中で最も注意が必要な年! 厄年のみなさんは既にお祓いなど行かれましたでしょうか?

と言いつつ、昨年が前厄だったことをすっかり忘れていた筆者。振り返ってみると、仕事面や恋愛面、健康面でも、確かにそこそこ大変なことが多かったなぁ~、と。そう思うと、これから待ち受けているのは「本厄」! それも「大厄」! 休みの日を使って、しっかりとお祓いをしてもらわねば… ということで行ってきました! 知る人ぞ知る、厄祓いの聖地「界 日光」へ!

なぜここが〝厄祓いの聖地〟なのかというと… 1日2組限定で「日光厄除け払い切りプラン」という人気のプランがあるからなんです。「厄払い」だけでなく「厄除け」「厄切り」など、厄という厄を徹底的に取り払ってくれるというから、まぁ心強い! 今回はこのプランの様子を余すことなくお伝えしていきます。

清めながらリラックスもできちゃう、最高の温泉旅館「界 日光」

向かったのは、標高約1300mと日本一標高の高い湖として知られる中禅寺湖の畔に位置する奥日光。東京からは約3時時間と、小トリップにとてもちょうどいい距離感。

チェックインは1階の「組子ライブラリー」というラウンジで。鹿沼組子があしらわれたパノラマ型の大きな窓や日光彫、益子焼など栃木を代表する伝統工芸品に囲まれて、洗練された心地良さや快適さがあって、とても過ごしやすい♪

お部屋は、今回のプランで特別に準備された客室「厄払いの間」。日光山中禅寺立木観音にて祈祷を受けた〝小槌〟と〝掛け軸〟が備えられているという徹底っぷり! 神聖な雰囲気に包まれた60平米以上のゆとりある造りで、心ゆくまでリラックスできました。

また、滞在時間には「界」自慢の温泉にゆっくり浸かれるのも魅力♡ 貸切温泉は二荒山神社中宮祠にて祈祷を受けた日本酒を入れるかけ湯で、参拝前の身体を清めることができるんです。日本酒の効果なのか、源泉の効果なのか、肌がとてもすべすべに♪

星野リゾートの「界」と言えば、その土地の食材を使った美味しい料理も特徴のひとつ。日光湯波をはじめ、栃木の豊かな土地で育まれた自然の恵みの数々をたっぷり堪能…♡

中でも忘れられないのは「蟹の養老蒸し」。ふわふわの中に蟹の身をほぐした餡が入っていて、これまた絶品! お料理はもちろん、伝統的な焼き物を使っている器にもぜひ注目して食べてみてほしい!

2日目、3日目は二社一寺で特別祈祷!

1日目でお宿をたっぷり満喫したら、2日目、3日目は実際に祈祷へGO! 最初に日光山中禅寺立木観音へ。ここは、奈良時代に日光山を開山した勝道上人が建てた日光山輪王寺の別院で、秘仏である〝波之利大黒天〟が祀られています。

まずは厄除け前に、和紙に描かれた御本尊・十一面千手観世音菩薩を筆でなぞる写仏を体験。願い事を書き添えれば、あとは心を無にしてなぞるだけ。その後、初体験の坐禅で心身を清めたら、一般拝観ができない大黒天堂へ。

ここでは、目の前で「護摩焚き」をしてくれます。高らかにあがる炎と、部屋に充満する煙、参拝者の願いを真言にのせていく様は圧巻で、30~40分があっという間! 煩悩を焼き尽くすことで、ここでの「厄除け」はひとまず完了。

次に向かったのは、伊勢神宮に次いで日本で2番目に広い神域を有する日光二荒山神社。ここには、日光山中に棲んでいたとされる化け物「祢々(ねね)」を退治するため、自然に鞘から抜けて斬ったという伝説を持つ「祢々切丸」と呼ばれる、迫力満点の日本一の大太刀が置いてあります。

そんな古くから刀に所以のある神社ならではの「剣の舞」をご神前に奉納し「厄切り」を。男体山の麓にあるだけあって、日光のパワーを全身で感じられました。

そして最後は世界遺産「日光東照宮」へ。ここでは、一般入室が固く禁じられている「将軍着座の間」で特別祈祷が体験できます。歴代の徳川将軍だけが入室したとされるこの場所は、壁から天井まで格式高い装飾が施された特別な場所。ここで神主による鈴の爽やかな音色で厄を取り払う「鈴払い」を受けることで厄除けをすることができます。

今回お参りした二社一寺では、神事に参加した証としてお札や記念品がもらえます。その力強いご利益があれば、厄を跳ね返してパワフルな1年を過ごせそうです♪

東京に戻ってくると、言葉で表現するのが難しいですが… 体に蓄積されていた悪いものがストンと抜け落ちてスッキリしている感覚! 視界も心なしかハッキリしていた気がします。そんなこんなで編集部に行くと副編集長がひと言。「あれ、なんか毒っ気がなくなったね!」と。

……〝厄除け厄払い厄切り〟の効果、恐るべし!

厄と共に頭の重さもなくなり、心身共にデトックスされたような2泊3日でした! まだ厄を落としきれていない人、これから厄年を迎える人はぜひ体験してみてください♡

「日光厄除け払い切りプラン」
期間:通年提供 ※除外日あり。
料金:2名1室利用時1名¥74,000~ ※税・サービス料込み。
内容:日光東照宮の拝観料・特別祈祷・将軍着座の間ツアー参加料、日光山中禅寺立木観音の拝観料・護摩祈祷・写仏体験・坐禅止観体験料、二荒山神社中宮祠の拝観料・宝物館入場料・特別祈祷、界 日光オリジナル御朱印3種、貸し切り温泉、2泊3日の宿泊・夕朝食、2日目昼食
予約HP
定員:1日2組 ※1組は2名限定。

界 日光
住所:栃木県日光市中宮祠2482-1
TEL:0570-073-011(界予約センター)
全33室
チェックイン15時、チェックアウト12時


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature