Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. ハイアット セントリック 銀座 東京4周年企画! アート空間で、自分好みに選べる贅沢ステイ〈Oggi専属読者モデル 下田 悠〉

LIFESTYLE

2022.02.18

ハイアット セントリック 銀座 東京4周年企画! アート空間で、自分好みに選べる贅沢ステイ〈Oggi専属読者モデル 下田 悠〉

「ハイアット セントリック 銀座 東京の特別プラン『My Centric Plan』を体験! レポートします」Oggi専属読者モデル オッジェンヌの下田 悠さんのブログです。

オッジェンヌ 下田 悠

ハイアット セントリック 銀座 東京 4周年の特別プラン

4周年を迎えた、ハイアット セントリック 銀座 東京。開業4周年を記念した特別プラン「My Centric Plan」を体験してきました!

ハイアット セントリック 銀座 東京の「My Centric Plan」は、ホテルステイの中のアメニティやアクティビティ、スペシャルギフトなど、全18種類以上、5つのオプションから自分好みに合わせて選ぶことができるプランを実施中! 先日このMy Centric Planを体験してきたので、レポートします。

まずはチェックイン! 仕切りのないレセプションカウンター

高級ブティックが並ぶ並木通りにある、ハイアット セントリック 銀座 東京。チェックインは、エレベーターで4階にあるレセプションでおこないます。レセプションは、仕切りのないアイランドタイプでした。スタッフの方とも心の距離が縮まる感じがします。

レセプションのすぐ横には本棚があり、銀座をイメージした、メディア、エンターテイメント、ファッション、ランドスケープのテーマ毎に本が並べられていました。ホテル内も、この4つのテーマで作られたアートがたくさんあります。

こちらは、宿泊者が利用できるラウンジエリア。24時間利用可能で、ハイアットのロイヤリティプログラム「ワールド オブ ハイアット」のメンバーは、無料のコーヒーとスナックも楽しめます。

レセプションのある4階を歩いていると、3階にあるレストランNAMIKI667を発見! 開放的な空間にうっとり♡

チェックイン時には、アメニティとギフトを選びます。My Centric Planの最初のチョイス!

私は、スキンケアセットと、ハイアット セントリック 銀座 東京 オリジナル箸にしました! パッケージはハイアット セントリックカラーのレッドでかわいいですね。

早速お部屋へ… 今回は最上階の12階でステイ

チェックインが終わり、早速お部屋へ向かいます。今回は最上階の12階のお部屋に宿泊。エレベーターを降りると真っ先に目に入るのが、エレベーターホールに配されたアート。12階のテーマはメディアのようです。

“12”の数字を近くでよく見てみると… なんと、ひとつひとつ折られたカラフルな新聞紙でした! ハイアットセントリック銀座 東京は、新聞社の跡地。ホテル内には新聞社を想わせるアートもありました。

ほかのフロアのテーマも気になり、7階に行ってみました。7階のテーマはファッションで、ボタンや鼻緒、靴紐、さらには畳の縁などで作られた、花火のような和を感じるアートが置かれていました。

12階の廊下は、レッドカラーの絨毯で素敵♡

今回のお部屋は1215号室。ルームプレート、ドアは木材が使用されていて、温かみを感じるデザインでした。

ルームキーも木材! 木製のルームキーなんてはじめてです。

次のMy Centric Planのチョイスは、Special Somethings! お部屋に到着後楽しめるドリンクやスイーツの特別アメニティを選択します。

私がいただいたのは、空也もなか。パリパリの焦がし皮に、シンプルで甘すぎない餡子が絶品でした。

空也もなかをいただきながら休んでいると、「Special Somethings」のアイテムの一つである“松崎煎餅” がお部屋に届きました! ホテルのロゴのロゴが入っていてかわいい。

お部屋紹介! 個性的なテイストでアーティスティックなデザインの中に、他にはない機能的な一面も!

お部屋には魅力的なインテリアがいっぱい! まずは、「マルチファンクションテーブル」。メイクアップ・ワーキング・ダイニングなど、用途に合わせて変形するテーブルなんです。天面を開くと、洗面台が登場しました!

左右の収納にはマグ、グラス、冷蔵庫などがセットイン。「マルチファンクションテーブル」の名前の通り、ひとつのテーブルに多くの機能がつまっています! ワークデスクにも良さそう!

今回の宿泊はツイン。ライティングがおしゃれなデザインです。

2脚あるチェアはカラフルなカラーでおしゃれ♪

バスルームは全面ウッド調でした。やわらかい雰囲気で大好き!

バスアメニティは全てエコフレンドリーな「BeeKind」。香りもよかったです!

バスタイムの後は、チェックインのときにいただいたスキンケアセットを使いました! しっかりスキンケアができました。

ワイングラスをお借りできたので、銀座の夜景を贅沢に眺めながらロゼワインでまったり。素敵な夜を過ごせました。

My Centric Planのひとつ。お部屋で楽しむ贅沢モーニングをチョイス!

My Centric PlanのEatsのチョイスでは、モーニング、ランチ、スイートアフタヌーンティーを選ぶことができます。アフタヌーンティーも魅力的でしたが、今回はモーニングにすることに。

モーニングはルームサービスをしてくれます。お部屋で食べられるので、起きてすぐルームウェアのままで楽しみました。※現在朝食はルームサービスでご提供していますが、営業状況によってはブッフェ提供に変更される場合もございます。

4種類のブレックファーストメニューの中からオムレツをチョイス。東京都多摩の卵を使用されていて、とても美味しいオムレツでした。

My Centric Plan最後のチョイス! レイトチェックアウトで日差しの入るフリースペースでお仕事

My Centric Planの最後のチョイスでは、最大15:00まで滞在できるレイトチェックアウトを選択。せっかくなのでラウンジエリアでPC作業しました。

▲ラウンジエリアは日差しが入り、昨晩チェックインした夜と雰囲気がガラっと変わりますね!

家での作業と違って、優雅な気分でお仕事をすることができました♪

スイートルームは広々テラスと、部屋内に鉄板付き!? イベントやパーティにもぴったり!

今回は、スタッフの方にツアーをいただき、ナミキスイートも見学させてもらいました!

テラスは広々していて、銀座のビル郡を一望。開放感があって、素敵でした。

広々としてカラフルなスペース。左手にある広々としたベランダには、チェアとリラックスできるソファが常備されています。外で食事を楽しむこともできますね!

カウンターテーブルの横には、なんと鉄板が設置されています! 鉄板があるお部屋には今まで出会ったことがありません。コロナが落ち着いたら、複数人でワイワイ楽しむ空間に最適ですね!

My Centric Planであなた好みのステイを…

アートを楽しみながらステイできる、ハイアット セントリック 銀座 東京。素敵な時間を過ごすことができました。

4周年記念特別企画「My Centric Plan」の詳細はこちらです。

以下のリストよりチョイスします。

Stay Longer ※1つを選択
・アーリーチェックイン(10:00以降)
・レイトチェックアウト(最大15:00まで)

Eats ※1つを選択
・朝食
・ランチ
・スイートアフタヌーンティー

Special Somethings(Amenities)※1つを選択
・果物
・空也もなか
・松崎煎餅
・ワイン
・ソフトドリンク
・東京ラスク

In-Room/During Your Stay ※1つを選択
・バスソルト
・スキンケアセット
・自転車レンタル
・ホストとパックマン・スペースインベーダー対戦を1回
・その他ホストにご相談ください

Gift to Take Home ※1つを選択
・ハイアット セントリック 銀座 東京 オリジナル箸
・ハイアット セントリック 銀座 東京 パズル
・ハイアット セントリック 銀座 東京 ラゲージタグ

3月31日までのプランなので、ぜひチェックしてみて。

価格:1名利用¥26,500(税込¥29,150)~
2名利用¥29,000(税込¥31,900)~
予約期間:2022年3月28日(月)まで
宿泊期間:2022年3月31日(木)まで
詳細・予約はこちら

ハイアット セントリック 銀座 東京|Hyatt Centric Ginza Tokyo
住所:東京都中央区銀座6丁目6-7
HP

NAMIKI667
住所:東京都中央区銀座6-6-7 ハイアット セントリック 銀座 東京 3階

オッジェンヌ 下田 悠

東京都出身。外資系医療機器メーカーの営業職として6年間働いた後、念願のマーケティング部門へ異動。趣味でベリーダンスを習うほか、ワインエキスパートの資格を保持しているなど、オフの時間も充実中。

インスタグラムはこちら▶︎@haruka.01.01


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature