Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. バスロリータってなんですか? 誤字だとわかっても赤面しちゃう誤変換LINE3

WORK

2021.12.25

バスロリータってなんですか? 誤字だとわかっても赤面しちゃう誤変換LINE3

下ネタに聞こえるような誤字・誤変換は要注意! 今回は社内の連絡で起きたLINEを3つ紹介します。

少し間違いなのに、冷静でいられない!

「後輩と商談にいくとき、後輩が遅れていたので、到着時間を聞きました。すると、彼女は“ひと駅”を『人液』と誤字した内容を送って来ました。何気ないミスかもしれないんですが、僕にはちょっとエッチに見えてしまって(笑)。普通にミスを注意しましたが、冷静ではいれなかったです」(Dさん/32歳)

“人液”は意識しないとミスしない気がしますが、焦っているときは意図しない間違いをしてしまうもの。送る前に読み返しはしたいですね。

上司の趣味?

「上司と社長のお見舞いに行ったときのLINEです。先輩は待ち合わせ場所を教えてくれたのですが、“ロータリー”を『ロリータ』と打ち間違いをして送って来たのです。いつもご機嫌ナナメな上司なので、ギャップに驚き! どんな生活しているんだろうと想像しちゃいました」(Nさん/30歳)

その上司がどう間違いをしたか気になりますね。予測変換は最近使った文字が出てくるため、日常的に使ってるかもしれないですね。

下ネタに間違うのは厳禁!

「会社の後輩に年賀状の送付リストを作ってほしいと連絡したとき、その後輩がとんでもないミスをしたのです。事務の“鬼頭さん”をあの下ネタに間違い…。間違いは間違いでも、どギツかったので、思わず注意しました。。」(Kさん/29歳)

名前の間違いはしてはいけないですが、その内容が下ネタだと思わず注意しちゃいますね。本人に送らなかったことが不幸中の幸いです。。

* * *

みなさんは誤字・誤変換のメッセージを受け取ったことがありますか? みなさんの体験談をこっそり教えて欲しいです♡

投稿はこちらのメールアドレスまで。本文に要項を明記し、ご送付ください。お待ちしています!

■ご職業(職種)
■年齢
■エピソード(なるべく詳しく教えてください)


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature