限定復活! フェンディ×アニヴェルセルカフェ 表参道コラボ… 約50万円のバッグ付きコースも登場!? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 限定復活! フェンディ×アニヴェルセルカフェ 表参道コラボ… 約50万円のバッグ付きコースも登場!?

LIFESTYLE

2021.12.02

限定復活! フェンディ×アニヴェルセルカフェ 表参道コラボ… 約50万円のバッグ付きコースも登場!?

FENDIとアニヴェルセルカフェ 表参道のコラボが復活! メニューや見所を紹介します。20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめブログ。

FENDIとアニヴェルセルカフェ 表参道の人気コラボが期間限定で復活!

こんにちは、手土産姉ちゃんこと大雄寺幹子です。昨年、日本に初上陸し大きな話題となったイタリア・ローマのラグジュアリーブランド・FENDIと表参道のアイコンとも言えるカフェ、アニヴェルセルカフェ 表参道によるコラボカフェが期間限定[11月19日(金)〜2022年1月10日(月・祝)]で復活したと聞きつけて早速伺って来ちゃいました! 昨年はなんと期間中4万人近くの人が訪れたそう。

今回のカフェは、FENDIの新アーティスティック ディレクター、キム・ジョーンズが手がける2021年ウインターカプセルコレクションの発売を記念して開催されるもので、表参道で20年以上の歴史を持つアニヴェルセル カフェ 表参道との特別なコラボ!

表参道を歩いていると、新しいアイコンの「フェンディ ファースト」をモチーフにした外観に目を奪われます。テーブルや椅子に至るまでフェンディの世界観が♡

▲パッと目を引くゴールドFの文字が!

お店は、2021年ウインターカプセルコレクションからインスピレーションを得てデザインされた外観、店内はリッチなピーコックブルーと大胆なサイケデリックのオレンジで統一されています。

気になるメニューは…?

店内で提供される、おしぼり、ナプキン、マスクケースに至るまでフェンディ! 贅沢気分を味わえます!

◆カプチーノ

期間中何度も訪れて全種類制覇したくなっちゃう、デザイン豊富でクリーミーなカプチーノも登場!

▲1,210円

カップのデザインにも注目です。

◆ケーキセット

▲ケーキセット(3,080円)

カフェのために作られたオリジナルプレート(販売してほしい!)には、プチサイズのクリームたっぷりの「マリトッツオ」、香ばしい「ビスコッティ」、甘さ控えめでいくらでも食べられそうな「リコッタムース」の3種類のスイーツの盛り合わせ。

グラスには、さっぱりした口当たりのイタリアのブラッドオレンジを使用した「グラニテとシャーベット」が! ケーキセットは、この2つにドリンクが付いた贅沢セット♡

◆デザート&ランチメニューも豊富にラインナップ!

他にもフォトジェニックな「レモンタルト」や「ティラミス」などのデザート、ランチにはジューシーでおしゃれな「ラザニア」「サンドウィッチ」などメニューも充実!

◆フルコースもある!

フェンディの世界を堪能しつつ、ゆっくり、しっかり食事をしたい! という方には事前予約可能なフルコースもありますよ!

▲14,500円

◆スペシャルプランも♡

特別な日に利用したい、1日限定1組のスペシャルなプランも登場! 個室でしか味わうことのできないフルコースと新アイコンバッグ「フェンディ ファースト」のお買い物体験(バッグ付き)がセットになったラグジュアリーなプランもあり、大切な日にもぴったり♡

▲470,800円〜2名利用の場合

カフェでは、期間中4,500円以上の飲食を利用をすると、隣のフェンディ表参道店に設置されている「フェンディ ホリデーカプセル トイ マシーン」が楽しめるチケットがもらえるので、カフェとショップふたつのお店でフェンディの世界を堪能できちゃいますよ。

* * *

今年は行列解消のため、店頭でLINEを使った整理券方式のシステムが取り入れられているので、並ばなくてもOKなんです! 呼び出されるまで表参道をぶらりなんてのもいいですね!

【フェンディ カフェ バイ アニヴェルセル】

場所:アニヴェルセルカフェ 表参道

期間:11月19日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
(12月18、19、23〜26日は22:00、31日1月1日は18:00までの営業になります)

営業時間:
11:00〜21:00
03-5411-5988

公式サイト

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature