巣ごもり需要に加えて健康志向が増えた2021年!【働く女性1,179人のモノ選びの視点・傾向】〈Oggiアワード〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. 2021Oggiアワード
  5. 巣ごもり需要に加えて健康志向が増えた2021年!【働く女性1,179人のモノ選びの視点・傾向】〈Oggiアワード〉

LIFESTYLE

2021.12.27

巣ごもり需要に加えて健康志向が増えた2021年!【働く女性1,179人のモノ選びの視点・傾向】〈Oggiアワード〉

働く女性1,179人を対象に、Oggiでアンケート調査を実施。働き方やモノ選びの基準など、さまざまなことが変わった2021年。今年の「いいもの」ランキング結果をもとに、働く「かっこいい」女性たちのモノ選びの視点・傾向について、プロに分析していただきました!

コロナ禍も2年目に突入! 消費トレンドから見る2021

働く女性1,179人を対象に、2021年「いいもの」のアンケート調査をOggiが実施し、ランキング形式で発表する企画「Oggiアワード」。今年のランキング結果をもとに、働く女性たちのモノ選びの視点・傾向について、未来調達研究所 調達コンサルタントの坂口孝則さんに分析していただきました!

2021年、日本の消費トレンドはどう変化した?

(c)Shutterstock.com

「コロナ禍にあったこの2年は、以前から進んでいたライフスタイルの変化をより決定づけた」と話す、調達コンサルタントの坂口孝則さん。

たとえば若者を中心とした居酒屋離れや「働き方改革」に紐付く「テレワーク」の提言は、5年ほど前から始まっている。そう考えると日本人は年々内向化傾向にある、と坂口さんは分析。

「2021年の消費トレンドを見てみると、昨年同様〝巣ごもり需要〟が大きい。タブレットやPCなどのリモートワーク必需品は右肩上がり。オリンピックの影響もあってか、30年ほど芳しくなかった液晶テレビの売り上げも増加。その他大型家電に加えて家庭用ゲーム機の売り上げも好調。

興味深いのは、外食や旅行への出費が減っている反動として、高額なジュエリーや時計などを購入している人が多いこと。また整形などを含む美容医療への興味も高まっていて、それに対応して美容家電も好調。

(c)Shutterstock.com

食の消費トレンドに目をやると〝健康志向〟も見えてきます。チーズやヨーグルトといった免疫健康系の商品や、〝ノンアル〟・〝ローアル〟飲料も堅調な伸び。低糖質・高たんぱく質の食品も反響がよく、ボディメイクへの意識の向上がうかがえます」

消費行動に関連して〝お金〟への意識の変化も注目すべきポイント、と坂口さん。

「在宅時間が長い、将来に不安がある、株式市場が伸びている、という条件がそろい、投資や資産運用を始める人の増加が顕著。今後は〝暗号資産〟という新分野も含め、お金の運用方法に着目するOggi世代の女性がより増えてくるのではないでしょうか」

2022年Oggi1月号「Oggiアワード2021、発表!」より
構成/酒井亜希子・赤木さとこ(スタッフ・オン)、福本絵里香
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature