ブラ汁!? 性欲を強めて?… エロさが漂う赤面の誤字・誤変換LINE3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. ブラ汁!? 性欲を強めて?… エロさが漂う赤面の誤字・誤変換LINE3

WORK

2021.11.03

ブラ汁!? 性欲を強めて?… エロさが漂う赤面の誤字・誤変換LINE3

下ネタ見えしちゃう誤変換は、相手を不快にすることがあるから注意したいところ。今回は、会社で起きた、誤字・誤変換のLINEを3つ紹介します。

1:性欲を強めて

「台風が近づいてきた日、先輩が私の出勤を心配してLINEをくれました。そこで先輩はエロい打ち間違いをしてきたのです…。先輩は、“勢力”と打ちたかったようですが、“性欲”とタイプミス。『性欲を強めてる』って卑猥すぎ! と思ったんですけど、指摘できずに返事をしちゃいました(笑)」(Hさん/29歳)

気を遣ってくれている先輩に字の間違いは指摘しづらいですね。考えてみると、勢力は“精力”とも間違う可能性あり。気をつけたいですね。

2:卑猥なコーヒー

「コーヒー好きな後輩から、コーヒー豆をもらい、お礼のLINEをしたんですが、エロい間違いが送られてきました(笑)。コーヒー豆の産地を聞いたところ、“ブラ汁”と誤変換。即レスで『やばすぎ』と送っちゃうほど、エロい内容にびっくり。“ブラジル”って送りたかったのはわかるけど、この間違いはひどいですよね(笑)」(Kさん/30歳)

ブラジャーの汁、“ブラ汁”…。女子が受け取ったら引いちゃう内容です。こんな間違いは絶対にしたくない。。

3:エロいことになった?

「会社の同期がイベントの景品の発注ミスしたようで、私にLINEを送ってきました。彼は、“えらいことになった”と送りたかったようですが、“えろいことになった”と送信。いつも冷静沈着な彼なのに、相当焦っていたのですね。彼に代わって景品会社に問い合わせをしたら、イベントには間に合うとのことで安心。取り乱した彼を初めて見ました」(Sさん/30歳)

誰にでもミスはありますが、“えらいこと”になる前に、先方への連絡や事前の確認は、しっかりしておきたいですね。

* * *

みなさんは誤字・誤変換のメッセージを受け取ったことがありますか? みなさんの体験談をこっそり教えて欲しいです♡

投稿はこちらのメールアドレスまで。本文に要項を明記し、ご送付ください。お待ちしています!

■ご職業(職種)
■年齢
■エピソード(なるべく詳しく教えてください)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.08

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature