“はみちつ”って何? “られられ”し過ぎw! 天然な母さんの誤字LINE | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. “はみちつ”って何? “られられ”し過ぎw! 天然な母さんの誤字LINE

WORK

2021.09.19

“はみちつ”って何? “られられ”し過ぎw! 天然な母さんの誤字LINE

ときに誤解を生んでしまう、LINEの誤字。母親という身近な相手だけに、想定してなかった間違いにクスッと笑ってしまうことも。今回は、そんなお母さんから届いた誤変換のLINEを3つ紹介します。

1:お母さん、寝ぼけてる?

「私の実家は猫ちゃんを飼っていて、お母さんが溺愛してるので、よく「可愛いでしょ〜」といったLINEが届きます。でも私のお母さんは誤字・誤変換が多くて…。最近、通勤途中で届いたのが、“目が覚めて”を“メガ覚めて”と変換ミスしたもの(笑)。とんでもなくスッキリした目覚めだったのでしょうか。それを想像して、電車の中で笑ってしまいました」(Kさん)

お母さんは寝ぼけていたのでしょうか。猫ちゃん報告よりそっちが気になっちゃいますが、可愛い間違いですよね。

2:なんか違和感

「ある休日にお母さんからLINEが届きました。内容はなんてことない最近あったことだったのですが、“勧められた”が“勧められられた”となっていて、られが1つ多かったのです。細かい間違いかもしれないけれど、妙にクスッときちゃいます(笑)」(Hさん)

これは、ビジネスメールでも見られる間違いですね。敬語で使う言葉でもあるので、読み直しが必要です。

3:それは卑猥すぎるよ

「会社帰りにお母さんからおつかいを頼まれたときのLINEです。お母さんははちみつが欲しかったようでしたが、“はみちつ”と誤字。いきなりの下ネタで笑っちゃいました。送ったときお母さんは、庭の草むしりをしていたそうで、片手間だったから間違っちゃったんだなと思いました」(Nさん)

もし関係性が違っていたら、セクハラに間違えられそうな誤字ですね。最も気をつけたい間違いかもしれません。。

* * *

みなさんは誤字・誤変換のメッセージを受け取ったことがありますか? みなさんの体験談をこっそり教えて欲しいです♡

投稿はこちらのメールアドレスまで。本文に要項を明記し、ご送付ください。お待ちしています!

■ご職業(職種)
■年齢
■エピソード(なるべく詳しく教えてください)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature