Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. ベースメイク
  5. 【ケイト&マキアージュ】本当にマスクにつきにくい? 汗・擦れに強いドラコス化粧下地を試してみた

BEAUTY

2021.08.19

【ケイト&マキアージュ】本当にマスクにつきにくい? 汗・擦れに強いドラコス化粧下地を試してみた

夏はせっかくメイクをしてもマスクの中はムレて擦れて化粧落ちが激しい… そんなマスクメイク悩みにぴったり“汗・擦れに強い”化粧下地を実際にお試し! コスメ好きOLライター吉川夏澄が紹介します。

夏のベースメイク、落ちちゃって意味がないの…

猛暑日が続く昨今。汗やマスク蒸れによるメイク崩れをそろそろどうにかしたいと悩んでいました。

汗やマスクの擦れに強い化粧下地がないかをドラッグストアで探していたところ、マスク崩れを防ぎながら色ムラまで補正してくれるという化粧下地を発見!

そんな夢のようなアイテム、猛暑日でも実際に使えるのかを試してみました。

色ムラを補正してくれる! 優秀化粧下地2選

SNSや口コミでも話題になっているこちらの2つの商品。

ドラッグストアでもよく目にするブランドからピックアップしてみました!

ケイト|プロテクションUV

▲ケイト|プロテクションUV SPF50+・PA++++ 30g¥1,540(数量限定)

こちらはアリーと共同開発した日焼け止め。

これ1本で毛穴をカバーし、赤み・色ムラまで補整してくれるというヌードカラーのアイテムです。

スーパーウォータープルーフ、スーパーフリクションプルーフ、美容成分配合と、この季節にはありがたい機能がてんこ盛り!

資生堂 マキアージュ|ドラマティック ヌードジェリー BB

▲資生堂 マキアージュ|ドラマティック ヌードジェリー BB SPF50+・PA+++ 30g ¥3,080

@cosmeのベスコスにも選ばれた、マスクにつきにくい日中用色つき美容液。

薄づきなのに毛穴・色ムラをカバーし、スキンケア直後のような透明感のある肌に仕上げてくれるそう。

どちらの商品も「マスクにつきにくい」と売り場に記載されていたのですが… こんなに暑い日にも本当に「つきにくい」のか実際に試してみました!

手に取ってみるとこのような感じ。

ケイト(写真:上)の方が赤みがプラスされたようなカラーをしているのがわかります!

一方マキアージュ(写真:下)はケイトより白っぽく、ほどよい透明感を出してくれそうなカラーです。

実際に顔に塗ってみると…

▲ケイトを使用

ジェルが肌にしっかりとフィットしてべたつきを感じない仕上がりになります。

ややトーンアップしながら肌の毛穴や色ムラをきちんと補正。

わずか1,540円なのにここまでのクオリティに驚きました!

▲マキアージュを使用

ぷにっとしたジェリーは伸ばすとあっという間にフィットして、ツヤ感のある肌に。

ツヤ感はあるのにベタつかない不思議な質感で、毛穴や色ムラを自然にカバーし、トーンアップした肌に仕上げてくれます。

同じ状況で試してみたかったので、半顔ずつ塗ってみました!

どちらも肌の色ムラを補正してくれて、これ一本でベースメイク終了でも全く問題ないクオリティです。

下地を比較したいので、今回はファンデーション、フェイスパウダーはなし。

化粧下地のみでベースメイクを仕上げました。

実際にマスクを着用して1日過ごしてみました!

試した日は38度超えの猛暑日。こんな酷暑の中で試してみました…!

帰ってからマスクを取ってみると、両方ともほとんどマスクについていませんでした。

ごくわずかですが、耳にかける紐の上側の部分にほんのりついているかな? というくらいで普段使っているベースメイクとは雲泥の差!

メイクの崩れ具合を比較すると…

▲ケイトを使用

小鼻周りやおでこなど、皮脂が多く出る部分のテカリは気になりますが、ヨレはほぼ無く、ナチュラルなカバー力を保っていました!

▲マキアージュを使用

ケイトよりも少し全体のテカリが気になる印象ではありますが、ほうれい線や小ジワにたまることはなく、キレイな状態をキープしていました!

* * *

どちらの下地も落ちにくいという口コミ通り、マスクによる擦れや汗に強く、肌の補正もしてくれるので、ベースメイクをできるだけ薄くしたい私にとっては救世主のアイテムとなりました。

フェイスパウダーをテカリやすい部分に使えば、さらにベースメイクの強度も上がりそう♡

リーズナブルな値段なのにヨレなく過ごせて、メイク直しの手間まで省けるので、まだまだ続く暑い日用のスタメンコスメになりました♡

ケイト

マキアージュ

※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です。
※文中の表示価格は税込価格です

吉川夏澄

アパレルからPR関連会社へ転職したOLライター。新しい業種での仕事に奮闘しつつ、OLライターとしても活動。ファッション、コスメ、ダイビング、美食など幅広い興味を記事として投稿中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.01.30

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。101ページ、106ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature