50万人が利用する食べチョクで売れてる食材のTOP3は…? 1位は夏が最高のアレ!【2021年7月最新】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 50万人が利用する食べチョクで売れてる食材のTOP3は…? 1位は夏が最高のアレ!【2021年7月最新】

LIFESTYLE

2021.07.19

50万人が利用する食べチョクで売れてる食材のTOP3は…? 1位は夏が最高のアレ!【2021年7月最新】

全国各地のこだわり食材やお酒やお花が生産者から直接購入できる産直通販サイト『食べチョク』の7月最新売上ランキングTOP3(過去30日以内)を発表!

【2021年7月最新】産直通販サイト『食べチョク』売上ランキングTOP3!
1位を制したのはあの食材!

国内の産直通販サイトの中で、アクセス数ほか6つのNo.1を獲得し、登録ユーザー数は50万人、登録⽣産者数は4,900軒を突破、25,000品を超えるこだわりの逸品が出品されている『食べチョク』。今回は、2021年7月最新売上ランキングTOP3を食材ごとに紹介します!

おうち時間が続く中で、皆さんが購入している人気食材とはいったい…?

3位:牛すじ(新潟県)

▲【レシピ付き♪】新潟県産牛すじ1kg(250g×4)【中島牧場】

コトコトじっくり煮込むと美味しい牛すじは、おうち時間の料理にぴったりということで、第3位にランクイン!

新潟県長岡市の中島牧場さんが愛情たっぷりに育てた牛は『食べチョク』でも人気の食材で、付属の中島牧場さん直伝レシピも好評♪

血統やえさにこだわり、ストレスフリーで育てられた牛は、ユーザーからも「柔らかくて絶品!」「臭みやくせがないので下茹でがとっても楽です!」との声が多数、集まっているそう。

2位:牡蠣(北海道)

▲(食べ放題向け バラ牡蠣 いっぱい7kg 40個くらい)生食基準【岩村雅弘】

2位は、北海道茅部郡森町の岩村雅弘さんが育てた2年物の養殖牡蠣。大粒で濃厚な味わいが特長です。

こちらのバラ牡蠣という商品は、形がいびつだったり、150gよりも小さいものやA級品になれなかった不揃いの牡蠣を集めて格安で販売されているもの。もちろん安心して生でも食べれる牡蠣ですが、電子レンジでチンすれば簡単に蒸し牡蠣が作れます。

購入者からも、「この価格なのに味・ボリュームともに大満足です!」という声が続出中だとか!

これから始まる暑い季節に、キンキンに冷やしたビールと焼き牡蠣なんていいですね。

1位:とうもろこし(熊本県、愛知県)

最新人気食材の第1位にはとうもろこしがランクイン! 人気生産者さんはこちら!

◆KAMA FARM(釜ファーム)

▲【再予約開始】幻の白いトウモロコシ【雪の妖精】生で食べて感動の甘さ!(10〜13本/4kg)(スイートコーンホワイト種)-KAMA FARM(釜ファーム))

熊本県葦北郡芦北町のKAMA FARM(釜ファーム)さんが作るのは何とも目を引く真っ白なとうもろこし! その名も「雪の妖精」です。

その味は、フルーツのような甘さで粒皮はやわらかく、生でかぶりつくとミルクのように果汁がしたたります。生産者さんご自身もはじめて食べたときの感動を覚えているというほど。その味の虜になる方も多く、毎年たくさんリピーターが続出中!

◆武ちゃん農場

▲(【CBCテレビで紹介!】【東海テレビのぐっさん家で紹介!】メロンより甘い生で食べれるとうもろこし(330g程度が6本)【武ちゃん農場】

愛知県碧南市東浦町の武ちゃん農場さんが作るとうもろこしは、なんとメロンよりも甘いフルーツとうもろこし(糖度計による測定で16度以上にもなるのだとか)。

とうもろこしが一番甘くなる夜明け前に収穫し、徹底的な品質管理で発送されたとうもろこしは生で食べられるほど採れたて新鮮。テレビで取り上げられる事も多い、生産者さんのこだわりがと粒がギュッと詰まった人気のとうもろこしは毎年大人気!

* * *

野菜・魚介・お肉と各品目がバランスよくランクインしていました。そして、どの商品も生産者さんの強いこだわりを感じるものばかりです。外出がしづらくても全国各地の採れたて食材が自宅で堪能できるのは、おうち時間の心強い味方ですね♪

※ランキング結果は2021年7月5日時点のものです

画像提供/株式会社ビビッドガーデン・食べチョク

食べチョク


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.03

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature