【KEYUCA】ストッキングみたいだけど… これは何? 大活躍間違いなし♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【KEYUCA】ストッキングみたいだけど… これは何? 大活躍間違いなし♡

LIFESTYLE

2021.05.05

【KEYUCA】ストッキングみたいだけど… これは何? 大活躍間違いなし♡

KEYUCAの「UV対策アイテム」についてご紹介!

KEYUCAのおすすめ「UV対策アイテム」

日ごとに気温も上昇してくるこの頃、紫外線の量も増え、UV対策に困っている方も多いのではないでしょうか。

KEYUCAでは、頭、顔、首、腕、など気になるところを1日中カバーできるUV対策アイテムが続々登場中! そこで、紫外線対策しながら熱中症対策が叶う、KEYUCAのUV対策アイテムをご紹介します。

■1つ4役で使い勝手が良い!「4WAY綿麻ネックカバー」

▲4WAY綿麻ネックカバー/¥1,639[発売日]2021年5月1日[カラー]ブラック、グレー[サイズ]約W22×H40cm

ガーゼのようにふんわり優しく首元を包む、さらりとした綿麻を使用した薄手の4WAYネックカバー。天然繊維100%なので、肌が弱い方でも安心!

UV対策のみならず、ネックカバー、ヘアバンド、帽子、おやすみキャップという4つの使い分けができる万能アイテム。

気温差のある秋や、冬場のテレワークの冷え対策などにも活躍してくれるはず!

※紫外線遮蔽率81%以上(着用時を想定し、生地2重の数値)

■顔周りの日焼けをガード!「抗菌防臭フェイスカバー」

▲抗菌防臭フェイスカバー/¥1,639[発売日]2021年5月1日[カラー]チャコールグレー、ネイビー、ライトグレー[サイズ]約W42×H30cm

昨年人気だった遮熱ネック&フェイスカバーがアップデート! 抗菌防臭&吸水速乾の高機能な国産ニット素材を使った日本製フェイスカバー。

首周りはゆったりと広く、熱気がこもりにくいので、心地よく着用でき、まるで着けていないかのような息のしやすさと解放感を実現!

裾広がりのフレア形状で、顔の中で一番日焼けしやすい鼻・頬骨周りや、うっかり日焼けしがちな首・デコルテをしっかりカバーしてくれます。

※紫外線遮蔽率91%以上

■まるでストッキング!?「極薄冷感アームカバー」

▲極薄冷感アームカバー/¥1,089[発売日]2021年3月27日[カラー]ベージュ、ブラック[サイズ]丈=約39cm

ストッキングのように極薄でさらさらとした生地が、まるでまとっていないような着け心地

二の腕から気になる手の甲まで、日焼けをガードしつつ、動くたびにひんやりクールな接触冷感素材で夏の暑さを和らげてくれます。

暑苦しく見えるからアームカバーは苦手、という方にぴったり! ほどよい透け感で見た目にも涼しげ。

※紫外線遮蔽率80%以上

■接触対策にもおすすめな「抗ウイルス綿メッシュアームカバー」

▲抗ウイルス綿メッシュアームカバー/¥1,540[発売日]2021年3月27日[カラー]チャコールグレー、ブルー、グレー[サイズ]丈=約48cm

肌への優しさにこだわった、綿素材の日本製抗ウイルスアームカバー

天然繊維である綿で編み立てているので、肌が化繊負けしてしまう方や度重なるアルコール消毒で手が荒れてしまう方にも優しく紫外線対策・ウイルス対策ができます。

電車の吊革や買い物カゴ、公共のドアノブなどを掴む際の接触対策としてもおすすめ!

※紫外線遮蔽率89%以上

■日焼けをしたくない人に一押し!「折畳傘 遮光タイニー バイカラー」

▲折畳傘 遮光タイニー バイカラー/¥2,640[発売日]2021年3月19日[カラー]ネイビーブルー、ライトブルー、ミントグリーン、ピンク[サイズ]親骨の長さ=50cm

5段伸縮折畳骨、極薄軽量生地を使用し、コンパクトさを追求した折畳傘。鞄のポケットや車のドアポケットにすっぽりと収納できるサイズ感も魅力! スクエアなので鞄のシルエットを崩さず収納できます。

デザインは、ここ最近一番人気のバイカラー。2色の配色にすることで軽やかな印象になり、さしている時の見た目も涼やか。木製に見える手元は、実は樹脂。木目調の転写プリントを施すことでナチュラルで優しい印象に。

※遮熱効果、紫外線遮蔽率99.99%以上、遮光率99.99%以上、1級遮光、晴雨兼用

* * *

KEYUCA

※価格はすべて税込み表示です


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.17

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature