似合わないのは骨格のせい?【似合うスカートを選ぶ方法】今どきコーデでご紹介♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スカート
  4. スカートコーデ
  5. 似合わないのは骨格のせい?【似合うスカートを選ぶ方法】今どきコーデでご紹介♡

FASHION

2021.05.16

似合わないのは骨格のせい?【似合うスカートを選ぶ方法】今どきコーデでご紹介♡

やせ型かぽっちゃり型かは関係ない? ストレート・ウエーブ・ミックスの骨格タイプ別、スカートの選び方について解説します。体重が増えても減っても、体型によって変わることがないのが『骨格』。スカートの形よりも、柄や素材の方が骨格に合っていないことも。自分の骨格の特徴とともにコーデをチェックしましょう。

【目次】
スカート単体でなく全体のバランスも影響
自分の骨格タイプをチェックしましょう
骨格別に似合わせるおすすめスカート
最後に

スカート単体でなく全体のバランスも影響

骨格タイプで見る【似合うスカート選びのポイント】をコーデとともにご紹介していきます。女らしいタイトなスカートは、ナローフレアスカートや細めプリーツスカートなども視野に入れるのがおすすめ。トップスを含めた全体のバランス・シルエットも印象を左右します。

≪POINT≫
・自分の骨格の“特徴”を知る
・他の骨格の特徴を知るのも参考になる
・「こうでなければ」というマイルールを緩ませる

自分の骨格タイプをチェックしましょう

骨格のタイプは大きく分けて3タイプ。顔や肩の形からチェックすることが出来ます。自分のタイプを知ることで、洋服選び&コーデで“自分の良さ”を引き出しましょう。骨格のタイプは【コチラ】で診断できます。

【1】ストレートタイプ

≪ストレートタイプの特徴≫
・額・肩・ウエストが直線的
・服はトラッド・モード・カジュアルが得意
・シャープさ・かっこよさが似合う

洗いざらしのリネンやデニムで大人っぽく、女らしく。

【2】ウエーブタイプ

≪ウエーブタイプの特徴≫
・丸みとくびれのあるボディライン
・女らしい肌見せも得意
・華やかさやかわいらしい雰囲気が似合う

花柄やレースなど、フェミニンなアイテムで華やかに。

【3】ミックスタイプ

≪ミックスタイプの特徴≫
・ストレートとウェーブの特徴を併せ持つ
・統一しすぎずひねりを効かせたコーデが得意
・エレガントな“上品リッチ系”が似合う

日本人に多い骨格。洗練さと抜け感のある“きれいめベーシック”を心がけて。

似合うアイテムまとめ|ストレート・ウエーブ・ミックスに似合う服

骨格別に似合わせるおすすめスカート

早速、それぞれの骨格タイプにおすすめのコーデをチェック! スカートだけでなく、トップスや小物とのバランスを知っておくことも大切です。はじめは、手持ちの服や他の骨格タイプのコーデも確認することから。自分に本当に似合う着こなしを絞っていきましょう。

【1】ストレートタイプのスカート

ストレートタイプのスカート

ストレートシルエットのタイトスカートが得意。縦ラインでスタイルアップも狙えます。ボディラインを強調しないデザインが合うので、重厚感のあるメンズライクなリネン混ジャケットもおすすめ。シャープなポインテッドトゥパンプスやモードなスニーカー、辛口小物でバランスよく。

ストレートタイプに似合うジャケットはズバリ…!

【2】ウエーブタイプのスカート

ウエーブタイプのスカート

フレアスカートやラウンドネックなど、服も小物も曲線のあるデザインが似合う。シャープな印象が強まるジャケットには、甘めスカートを合わせたい。透け感のある繊細な素材で華奢さを引き出すのも◎

曲線的なウェーブタイプに似合うジャケットは…

【3】ウエーブタイプのきれいめカジュアル

■ウエーブタイプのきれいめカジュアル

カジュアルなシャツワンピのレイヤードコーデ。“くびれ”を強調するウエストマークが、華やかさを加速させる。靴はストラップタイプのパンプスやミュールも得意です。

優雅なシルエットのシャツワンピで日焼け対策も

【4】ミックスタイプのスカート

ミックスタイプのスカート

広がり抑えめのプリーツスカート×やわらか素材のボクシージャケット。直線(ストレートタイプ)と曲線(ウエーブタイプ)をほどよくMIXさせるのが、似合わせコーデのポイントです。

ミックスタイプにおすすめのジャケット&着こなし

【5】ミックスタイプのカジュアルコーデ

■ミックスタイプのカジュアルコーデ

オーバーサイズのシャツ×タイトめスカート。マーメイドシルエットの長め丈スカートが、女らしさと縦ラインを強調。メリハリの効いたハンサムレディな着こなしに。靴はバックルなどのポイント付きやスクエアトゥもおすすめ。

バサっとシャツ×細身ボトムで美シルエットに

最後に

骨格タイプで見る【似合うスカートのおすすめコーデ】をご紹介しました。タイトスカートが似合わないと感じたら、ナローフレアスカートや細めプリーツスカートを試してみるのもおすすめ。スカートの柄や「体のラインを強調するかしないか」でも印象はガラリと変わりますよ。「似合わない」と諦めず、根気よく自分と向き合って自分を知ることが大切です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature