【マスクの中のプチ美容医療】ダーマセラピーとは? やってみたら肌が絶好調! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 美肌
  5. 【マスクの中のプチ美容医療】ダーマセラピーとは? やってみたら肌が絶好調!

BEAUTY

2021.02.24

【マスクの中のプチ美容医療】ダーマセラピーとは? やってみたら肌が絶好調!

マスクで隠せる今だからこそ、ちょっと気になっていた美容医療にトライしどき?! 今回は「ダーマセラピー」をご紹介します!

【ダーマセラピー】数日の赤みをガマンすれば、絶好調の美肌が待っている!

ダウンタイム(施術後の肌ダメージ期間)が短く費用も手ごろで効果が高い、Oggi世代におすすめの「ダーマセラピー」をスタッフが体験!

極細針を装着した機器「ダーマペン」で真皮に細かい穴を開け、肌自身の修復作用によって美肌に導くもの。施術中、穴に成長因子などの美容剤を流し込み、細胞活性効果を高めます。費用は1回¥55,000~¥80,000程度。痛みはありますが効果も大きい!

▲0.2mmという極細の針が上下し、皮膚に微細な穴を開ける仕組み。

美容エディター 大塚真里がトライ!

長年取材を重ね、美容医療に詳しい。レーザーや光治療、ピーリングなどの経験あり。くすみやたるみをどうにかしたい!

STEP 1|麻酔薬を塗って痛みを緩和し、施術開始

クリーム状の麻酔薬を塗って時間をおき、感覚をなくしてからスタート。機器の先を滑らせ顔全体に穴を開けていく。

▲麻酔が効いても刺す感覚はあり

STEP 2|顔全体に針で細かい穴を開けていく

美容剤を肌にたらしながらダーマペンで穴を開け、吸収させる。今回は肌質改善効果のある「エクソソーム」を使用。

STEP 3|施術直後は顔が真っ赤に。穴も見える!

15分程度、顔全体に何度も穴を開けるので、施術後3~7日程度は赤みが残る。メイクやマスクでカバーすれば問題なし。

▲痛みに弱い人は刺す深さを相談可能

▲化膿止めを処方。院内処方のリフトアップスキンケアもあり。

エディター大塚真里の感想!

「極細の針とはいえ、肌に穴を開ける施術なので麻酔が切れた当日の痛みは〝まあまあ〟ありました。赤みやザラつきが私の場合3~4日間続きましたが、それらがなくなった後の肌の絶好調ぶりがすごい! 輪郭に矢印が見えるような引き上がりっぷりとハリツヤ。これはハマってしまうかも…」(大塚)

今回治療を担当したのは… シロノクリニック恵比寿院 大野由実先生

東京慈恵会医科大学形成外科を経て、1996年、レーザーや光治療に定評がある「シロノクリニック」に入職。あらゆる施術に豊富な知識と経験をもち、最新医療の導入にも積極的。

シロノクリニック恵比寿院

住所:東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F
TEL:0120-11-4422
営業時間:9:30~19:00(月~土)、9:30~18:00(日)
祝日:年末年始
https://www.shirono.net

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi3月号「マスクの中のプチ美容医療って?」より
撮影/長谷川 梓 構成/大塚真里 監修/シロノクリニック恵比寿院
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.03.07

編集部のおすすめ Recommended

Feature