梅田でリーマンと焼き肉… 遠距離恋愛できる?【30代OLのリアル婚活#146】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 婚活物語
  4. 梅田でリーマンと焼き肉… 遠距離恋愛できる?【30代OLのリアル婚活#146】

LOVE

2021.03.26

梅田でリーマンと焼き肉… 遠距離恋愛できる?【30代OLのリアル婚活#146】

弾丸で大阪へ行くことに決めた私。友人と待ち合わせて向かった先はなんと合コンだった。OLつかさのリアル婚活ブログ146回。波乱万丈な東京男との日々をせきららにお届け。

アラサーOL【婚活のリアル#146】GoTo大阪!

こんにちは、アラサー受付嬢つかさです♪ 上京して今年で6年目。これまで出会った男性を振り返りながら、婚活のあれこれをお届けしているこのブログ。この前は、「あぁ〜食べたい。関西の味」をお届けしました。まだ読んでない方はこちらからどうぞ♡

>>【婚活上京物語】これまでの記事

大阪に来ちゃった。仕事終わりに東京駅から新幹線乗ってきちゃった。

2020年の10月。私は丸の内の秋風を切って東京駅から新幹線に飛び乗った。

先日食べたお好み焼きに感化され、GoToキャンペーンで大阪行きの切符を買ったのだった。なんて影響されやすいのだろうか…。

でも実は、それ以外にも理由があった。

(c)Shutterstock.com

私が東京に住んでいることを知っている大阪の友達が「つかさー今夜何してるの? ご飯行こ〜」と呑気なLINEが来たのが始まりだった。「えーっと、わたしいま東京ですけど(笑)」という私に「知ってるぅ〜」と返事がきた。

どんな気持ちで送ったのか謎だけど、その友人は友人と言いながらも6年は会っていない。

「わかった。行くわ、私!」という返事に彼女は大喜びした。もちろんその晩ではなく後日だったが。

ある秋の金曜日の夜に新大阪に降り立った。大阪市内での仕事を終えた友人と私の泊まるホテルで待ち合わせをした。

私を見つけた友人は「えっ、つかさ…? すごい綺麗になったやーん!!」とデカい声で歩み寄ってきた。

(c)Shutterstock.com

そうだ、ここ大阪だったんだ。大阪人の声の大きいことはもはや通常運転。早く耳を慣らさなければ。

「遅くなってごめんね〜。いやいやあんたも綺麗やん♡」瞬時に関西弁に復帰した私。

そこで飛び出した「さっ、ご飯という名の合コンするで!」という、まさかの誘いに一瞬ひるんだ私。

どうやら彼女の高校の友人男性2人を店で待たせているという。彼女と私は同い年。ということは必然的に同級生合コンだ。

まさかメンズと触れ合えるなんて想像もしていなかった今回の大阪旅行!! さっきひるんだのは本当に一瞬だった、「それ行きます!と即答した私に爆笑する友人。

私たちは梅田の近く、飲み屋街として人気の「お初天神(おはつてんじん)」に向かった。お初天神なんてそれこそ10年ぶりくらいだろうか。焼肉屋にいた彼らのもとにやや汗ばみながら到着した私たち。

(c)Shutterstock.com

彼らは別会社だけれど旅行業界に勤めるサラリーマンたちだった。ルックスはともかく、とても感じの良い2人で話も弾んだ。

本日の私は東京で1週間働き切ったその足で、約2時間30分かけて東京から大阪に来ているので、もう喉がカラッカラ!

4人でエンドレスに飲み続け、2軒目でたこ焼きとワインを飲む! というトリッキーな組み合わせにも違和感は無くなっていた。

0時ごろ。次の日の土曜日予定があったんだった! 私は彼らにタクシーを止めてもらい梅田を後にした。

中之島のホテルに到着した時、彼らと連絡先を交換していないことに気づいた。

きっと無意識に彼らのどちらとも関係を深めようとしなかった自分がいたみたい。遠距離恋愛は私には向かないと確信していたから。

さぁ早く寝よう。大急ぎでシャワーを浴びてベッドに入る。

彼氏・彼女のいない3人の同級生に心なしか勇気をもらえた気がして、不思議な安心感とともに眠りについたのでした。

<<前の話

次回は、3月30日20時公開予定です。

>>【婚活上京物語】これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

つかさ

昭和最後の生まれで、現在32歳。東京・丸の内にある会社にて受付勤務。素敵なお嫁さんになるべく、2015年関西から上京し、絶賛婚活中でございます♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature