秋冬に大活躍【紺パーカーのコーデ7選】きれいめMIXするだけで洒落感UP | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 秋冬に大活躍【紺パーカーのコーデ7選】きれいめMIXするだけで洒落感UP

FASHION

2020.11.01

秋冬に大活躍【紺パーカーのコーデ7選】きれいめMIXするだけで洒落感UP

黒よりもシックさがやわらぐネイビーは、優しさと大人っぽさを両立した秋冬にも大活躍のカラー。カジュアルなフーディーときれいめアイテムとのミックスコーデは、力みなく大人の洒落感を高めます。爽やかな青系でクールビューティーな着こなしを。

【目次】
ネイビーの【スウェットパーカー】に注目
ネイビーの【フーディーブルゾン】も
最後に

ネイビーの【スウェットパーカー】に注目

クールで優しげなネイビーと、気負いのないラフなフードが、顔まわりをやわらかな印象に。冬のコートの下に合わせたい、紺パーカーコーデをご紹介します。メンズライクなスポーティアイテムには、レディライクなスカートでメリハリを。長め丈を選んで大人っぽく。

【POINT】
・オーバーサイズのトップスで華奢見え
・スカートは長め丈が今どき
・重すぎないよう“抜け感”をプラス

【1】大人の着こなしに寄り添う紺パーカー

大人の着こなしに寄り添う紺パーカー

ネイビーのプリーツスカートと合わせたワントーンコーデ。子どもっぽくなりがちなパーカーは、ネイビーを選べばカジュアルすぎない。どんな色とも合うので、バッグでアクセントをつくるのも◎ 足元は、白スニーカーで抜け感を。

スウェットフーディーも、ネイビーならカジュアルすぎない!

【2】肩の力を抜いた休日コーデ

肩の力を抜いた休日コーデ

紺パーカーと合わせているのはワンピース。ゆるっと着られるので、休日コーデにもぴったり。白バッグで抜け感をつくりつつ、メガネやローファーでハズす小粋さが上級者見え。

今買うべきはヘビロテ必至の【すとんと系ワンピ】

【3】センスを散りばめる女っぽコーデ

センスを散りばめる女っぽコーデ

スリット入りのタイトスカートで、ぐっと女っぽいコーデ。パーカーからチラ見えする白インナー・白バッグ・足元の肌見せの抜け感で好バランスに。旬の“足首がくびれたショートブーツ”と合わせて。

トレンドキーワード13選! お買い物の予習はこれで完璧

ネイビーの【フーディーブルゾン】も

肌寒い日のアウターとして、さらりと取り入れたい『フーディーブルゾン』。同じく、レディなアイテムと合わせて“カジュアルすぎない”テイストが目標! コーデに合わせやすいので、冬につなぐアウターとして持っておきたい一枚です。

【POINT】
・ハリ&ツヤ素材ならクールな印象に
・バサッとしたサイズ感がリラクシー
・小物も活用してバランス調整を

このフーディーブルゾンを着まわします!

このフーディーブルゾンを着まわします!

大人の女性がキレイめに着こなす『スポーティアイテム』は、おしゃれ注目度をぐっと高めてくれます。品よく見える“ツヤ素材”が◎

このフーディーブルゾンの着まわし4選を見ていきましょう。

飯豊まりえが着こなすネイビー

【1】レディなワントーンコーデ

ゆるっとしたサイズ感のブルゾンとタイトスカートで、ワントーンコーデにメリハリをプラス。レディな小物できれいめにまとめて。

ネイビーコーデにボルドーサンダルで女っぽい抜け感を

【2】女度上げる配色にフーディーの抜け感を

女度上げる配色にフーディーの抜け感を

洗練配色のキャメルでいい女度をUP! レオパード柄パンプスで、キレのあるアクセントを。

いい女系の洗練配色は、キャメル×ネイビーで決定

【3】タイトスカートをカジュアルに振る大人コーデ

タイトスカートをカジュアルに振る大人コーデ

白インナーで顔まわり明るく。女性らしい斜め掛けバッグでアクセントを投入して。ひざ下丈タイトなら、どんな靴にも合いやすい。

旬のスポーティアイテムは、ネイビーが断然大人っぽい!

【4】大人が選ぶロングスカート

大人が選ぶロングスカート

ロングスカートを合わせるなら、フレアスカートよりもプリーツスカートがおすすめ。品よく広がりを抑える細プリーツで、大人カジュアルがきれいめに決まる。

オールネイビーに白の一点効かせで、コーデがまとまる!

最後に

大人の女性が、スポーティアイテムを品よく着こなす【ネイビーパーカーのコーデ】をご紹介しました。シンプルだからこそ、洒落感の上げ甲斐があるアイテム。主張しすぎない“さりげないバランス”で、大人の余裕を漂わせて。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature