自分にとって心地よいスキンケアは『リサージ』だった! 夏の終わりの肌ゆらぎ対策にも | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. 美幹 for Oggi
  4. 自分にとって心地よいスキンケアは『リサージ』だった! 夏の終わりの肌ゆらぎ対策にも

SPECIAL

2020.10.05

自分にとって心地よいスキンケアは『リサージ』だった! 夏の終わりの肌ゆらぎ対策にも

「ニューノーマルな生活に少し慣れてきた最近、改めて自分の心や身体を生活から見直し、本当に心地の良い選択をしていこうと考えるようになりました。生活への考え方が変わったと同時に、美容への向かい方にも変化が」と語る、Oggi専属読者モデル・オッジェンヌの片田亜莉紗。そんな中出合った『リサージ』のスキンケアプログラムの魅力を語ります。

オッジェンヌ 片田亜莉紗

マスク生活や季節の変わり目でゆらぎやすい私の肌に合う
『リサージ』美幹プログラム

春頃は“おこもり美容”に力を入れようと張り切って、なんでもかんでも重ねて使っていました。でも、やみくもにスキンケアをしていても、肌の調子は上向かず…。毎日必ずやる肌のお手入れは、シンプルながら上質なものが良いと考えるように変わりました。

そこで出合ったのが『リサージ』の美幹プログラム。マスクの着用や季節の変わり目などの影響もあってか、小鼻から小鼻横の頬にかけての毛穴が気になる私の、肌質や悩みを実際に見てカウンセリングしてもらい、現在はこの5種類のアイテムを使っています。

▲写真左から/リサージ クレンジングオイルa ¥4,000、同・クリーミィソープa ¥3,500、同・オイルインパクト ¥5,000、同・コラゲリードa[医薬部外品] ¥5,000、同・スキンメインテナイザー〈WⅡ〉[医薬部外品] ¥5,800

◆クレンジング「クレンジングオイルa」と洗顔料「クリーミィソープa」

いつもスキンケアを見直すときに、特に注目してしまうのがメイク落としと洗顔料! 乾燥肌を相談したときに洗いすぎも良くないと聞いてからは、クリームや美容液よりも、クレンジングアイテムが気になるようになっています。

汚れは落としながらも、必要な油分は残しておいてくれることが理想。なんともワガママな理想ですが(笑)、それを叶えてくれるこの二つのアイテムは使っていてとても安心できます。

◆温感美容オイル「オイルインパクト」

美容が好きなので評判がいいものはとにかく試してみたくなるのですが、リサージを使い始めて、はじめて「インバス(入浴中のスチーム環境の中)でスキンケアをする」という発想に出合い、そこからはお風呂の最後の仕上げに顔に温感美容オイルを塗ってから身体を拭くようにしています

顔を洗ったあと、身体を拭く前に顔に3滴ほど手のひらに垂らして優しく浸透させます。日によってはシャワーだけで済ませてしまったり、ゆっくり湯舟に入れる日があったりとバラバラですが、このオイル美容液はどちらの日でも使えるのが嬉しいポイントです。

◆誘導美容液「コラゲリードa」と化粧液「スキンメインテナイザー〈WⅡ〉」

お風呂上りのスキンケアで使用するのは、たったの2種類

毎日2ステップなので、無理なく続けることが出来ています。加えて、シンプルでクリーンなボトルデザインも今の気分にぴったりです。

▲このあとに使用する化粧液のなじみ効果を高めるため導入美容液「コラゲリードa」。とろみがあり、3プッシュで顔全体、首まで伸ばせます。これだけでも十分みずみずしい保湿効果を感じることができます。

▲スキンケアの仕上げには、スキンメインテナイザーをコットンにとり、優しく保湿をします。なんとこの化粧液は全部で14種類! 理想とする肌や仕上がり、悩みに合わせて肌診断をし、自分の肌質や悩みに合った化粧液を選でもらうことができるので、何を選んでもらえるか、その工程も楽しいです!

実際にリサージの美幹プログラムを体験してみて驚いたのは、これだけシンプルでありながら、効果を十分に感じられること。自分の肌コンディションに向き合い、その時の肌が必要としている栄養をしっかりとあげることが大切だということを改めて実感しました。

ライフスタイルは今後変化していくかもしれないけれど、やっぱり肌が綺麗だと気持ちも明るくなれるのはいつだって同じ。これからも自分のその時の肌に合ったお手入れで、心も満たされる美容を続けていきたいです。

※文中の表示価格は、すべて税抜価格

オッジェンヌ 片田亜莉紗

2019年からOggi専属読者モデル「オッジェンヌ」として活動開始。オッジェンヌ最年少ながら、洗練されたファッションセンスで高身長を活かしたカジュアルファッションが魅力。休日は外出派で、趣味は旅行と身体を動かすこと。Instagramのアカウントはこちら:@arisa_ktd


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature