体型カバーのお手本コーデ|着痩せ&スタイルアップして見える7つのポイント | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 着痩せ
  5. 体型カバーのお手本コーデ|着痩せ&スタイルアップして見える7つのポイント

FASHION

2020.11.03

体型カバーのお手本コーデ|着痩せ&スタイルアップして見える7つのポイント

体型が原因でお洋服を上手に着こなせない方のために、体型カバー&スタイルアップして見えるお手本コーデをまとめました! アイテム選びのポイントを抑え、上手にコーディネートすれば、見違えるようにカッコよく着こなせるはず! おしりや二の腕、お腹まわり、脚など、体型にお悩みを抱えている人はぜひチェックしてみて♪

【目次】
ぽっちゃりだからおしゃれはできないなんて嘘!
お腹やおしりなど、体型をカバーするポイントとお手本コーデ
最後に

ぽっちゃりだからおしゃれはできないなんて嘘!

二の腕が太い、お腹が出ている、お尻が大きい、足が短い… それぞれ体型に悩みをお持ちの人が多いかもしれませんが、実はこういった体型の悩みはファッションで大きくカバーすることが可能です。

アイテム選びのポイントを大きく分けると以下。

・素材
・シルエット
・色や柄

これらを悩みに合わせて上手に選択できれば、体型はうまく隠すことができます。

次の章では実際に、どんなアイテムを選べばいいのか、どう着こなせばいいのかを、お手本コーデと一緒に解説していきます♪

お腹やおしりなど、体型をカバーするポイントとお手本コーデ

お腹やおしり、二の腕、足… これらを上手にカバーしてくれるお手本コーデと、アイテム選びのコツをご紹介。体型カバーだけでなくおしゃれもしっかり叶うコーデなので、すぐに実践してみて♪

身体が泳ぐシルエットの服を選ぶ

身体が泳ぐシルエットの服を選ぶ

体が泳ぐ程度のゆるっとしたシルエットの服なら、着心地がいい上、気になるボディラインも目立ちません。とろみ素材ならこなれ感もあるので、襟のついたブラウスでも固い印象にならずにおしゃれ♡

【ユニクロ】体型カバーもできちゃう♡ 万能レーヨンブラウス〈アラサースタイリスト城長さくら発〉

クロップドパンツと甲浅ポインテッドで脚を長く見せる

クロップドパンツと甲浅ポインテッドで足を長く見せる

バランスよく見せるポイントは足元の面積にあり。王道のクロップドパンツには甲浅ポインテッドを合わせることで、脚長効果が得られます。

クロップドパンツと甲浅ポインテッドで足を長く見せる

ボトムと足元を同じトーンでなじませるのも、脚長効果抜群です。

1cmヒールのフラットシューズでも【脚長】に見せられる5つのコツ

ラップスカートでお尻をカバーする

ラップスカートでお尻をカバーする

背面がラップデザインのスカートなら、ヒップラインをおしゃれにカバーしてくれるはず。ざっくりニットと合わせれば、今っぽい着こなしに。

ラップスカートでお尻をカバーする

毎日の通勤に頼りたい♡【美脚黒パンツ&ミディ丈タイトスカート】|Oggi的鉄板アイテム!

ハイウエストボトムで脚長効果を狙う

ハイウエストボトムで脚長効果を狙う

ハイウエストなボトムも、脚長効果を叶える重要アイテム。ヒールで底上げしなくてもウエスト位置が上がって、無理なくスタイルアップが叶います。また、白と黒などのパキッとしたコントラストでメリハリをつければ、より脚を長く見せることができます。

1cmヒールのフラットシューズでも【脚長】に見せられる5つのコツ

センターピンタック入りのパンツでO脚をカモフラージュ

センターピンタック入りのパンツでO脚をカモフラージュ

ウエストからしっかり縫い取られたピンタック入りのパンツなら、線が消えることなく脚長のラインを強調してくれる! 膝からストンと落ちるストレートなシルエットなので脚線を拾いにくく、O脚気味の脚も上手にカモフラージュしてくれます。

脚線に自身がない人が選ぶべきセンターピンタックパンツ

フリルトップスで二の腕をカバーする

ふりるトップスで二の腕をカバーする

袖に立体感のあるフリルつきトップスなら、顔まわりを華やかに見せながら、二の腕を自然にカバーしてくれます。首まわりが程よくVに開いたトップスなら、肌見せも大人っぽく品よく決まるはず。

360°美人見え! 大人の色気をほんのり上昇させる“IENA”の「フリルニット」が売れてます!

最後に

「もう少し足が長かったらこの服を着こなせるのに…」「せっかく可愛い服だけど二の腕が気になって着れない…」「着る人が着れば可愛いのに、自分が着るとなんだか違う…」…etc.。どの部分をカバーすればスタイルアップするのか、どんなアイテムを選べば目立たないのかが分かっていれば、これらの悩みはきっと解決するはず。洋服を選ぶときは「可愛い」や「おしゃれ」だけでなく、今日ご紹介した洋服選びの目線もぜひ持ってみてください。そして自分にぴったりなアイテムを見つけて、おしゃれをもっと楽しんでくださいね♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature