【10/17のコーデ】脚線に自身がない人が選ぶべきセンターピンタックパンツ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 365日コーデ
  5. 【10/17のコーデ】脚線に自身がない人が選ぶべきセンターピンタックパンツ

FASHION

2018.10.17

【10/17のコーデ】脚線に自身がない人が選ぶべきセンターピンタックパンツ

この企画では働くアラサー女子の、毎日のシーンに合わせたコーディネートを365日毎日紹介中。ぜひ参考にしてください♪

センターピンタック入りの地厚素材なら、立体的に脚線を補整。適度なゆとりの直線シルエットも魅力

ウエストからしっかり縫い取られたピンタックは線が消えることなく、縦長のラインを強調してくれる。ひざからすとんと落ちるストレートシルエットは脚線を拾いにくく、O脚のカモフラージュにも効果的。

パンツ¥36,000(Theory) ニット¥8,000(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉) バッグ¥19,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈アーロン〉) 靴¥28,000(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) ピアス¥11,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈PHILIPPE AUDIBERT〉) バングル[手首側]¥57,000(CHERRY BROWN〈チェリーブラウン〉) バングル[ひじ側]¥20,000(Hooves〈IRIS 47〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2018年Oggi11月号「最強のプレゼンパンツは『Theoryの黒』!」より
撮影/酒井貴生(aosora/人物)、小林美菜子(静物) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/笹本恭平・桑野泰成(ilumini.) モデル/矢野未希子(Oggi専属)、宮田聡子、土屋巴瑞季、飯豊まりえ 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.31

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature