トラブル解決に向けできることを探す主人公・七菜… 全力で! お仕事小説「ブラックどんまい! #13」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. お仕事小説
  4. トラブル解決に向けできることを探す主人公・七菜… 全力で! お仕事小説「ブラックどんまい! #13」

WORK

2020.04.10

トラブル解決に向けできることを探す主人公・七菜… 全力で! お仕事小説「ブラックどんまい! #13」

旬の小説から時代ものまで幅広い小説が溢れている【P+D magazine】で好評連載中! 作家・中澤日菜子さんのお仕事小説新連載「ブラックどんまい! わたし仕事に本気です」#13をお届け! 働く女性の心に刺さる作品は毎週金曜日に更新です!

中澤日菜子

連載お仕事小説#13「ブラックどんまい! わたし仕事に本気です」

燃えるお仕事スピリットが詰まった好評新連載、第13回。主人公の七菜(なな)は、いつも仕事に全力投球! ドラマの撮影中にも関わらず、原作者・上条朱音「原作を引き上げる」と怒鳴りつけられてしまった七菜。制作チームに伏せたまま撮影を続けられるのは3日が限界。その間に何とか朱音を説得しないといけない七菜たちは、それぞれ自分にできることを探していた……。

(c)Shutterstock.com

主人公 時崎七菜(31歳)は自分にできることを探して駆け出した……!

【前回#12までのあらすじ】

上司の耕平からの電話を受け、ひとりで上条朱音の事務所を訪れることなった七菜。「私は気に入られてるから大丈夫」と自分を励ますが、オフィスに朱音の姿はなかった。朱音の息子である聖人と朱音の帰りを待っていたが、帰ってきた朱音は七菜を見つけるなり睨みつけ大声で怒鳴りつけ……。

(c)Shutterstock.com

【今回#13のあらすじ】

朱音のコートについた「鳩のフン」が引き金となり、制作中のドラマから「原作を引き上げる」と怒鳴りつけられてしまった七菜。原作引き上げの件を伏せて撮影を続けられるのは3日が限界。自分ができることを探していた七菜は、『上条朱音先生 サイン会のお知らせ』という文字を見つけ、大急ぎで書店へと向かうが……。

サクッと3分で読める! 本編はこちらから「ブラックどんまい! わたし仕事に本気です #13

<主な登場人物>

・時崎七菜(ときざき なな):テレビドラマ制作会社「アッシュ」に勤める31歳。広島県出身。
・板倉頼子(いたくら よりこ):七菜の勤める制作会社の上司。チーフプロデューサー。
・小岩井あすか(こいわい あすか):撮影が進行中のテレビドラマ主演女優。
・橘一輝(たちばな いっき):撮影が進行中のテレビドラマ主演俳優。
・佐野李生(さの りお):七菜の後輩AP。26歳で勤務3年目。
・平大基(たいら だいき):七菜の後輩AP。今年4月入社予定の新人22歳。
・野川愛理(のがわ あいり):メイクチーフ。撮影スタッフで七菜と親しい。
・佐々木拓(ささき たく):七菜の恋人。大手食品メーカーの総務部に勤めている。
・上条朱音(かみじょう あかね):ドラマ『半熟たまご』の原作者。数々のベストセラーを持つ小説界の重鎮。教育評論家としても名高い。
・岩見耕平(いわみ こうへい):チーフプロデューサー。七菜の上司。

つづく

【次回予告】

決死の行動が裏目に出てしまった七菜。なんとか帰宅した七菜だったが、家に来ていた恋人・拓と仕事を巡り大喧嘩をしてしまう。何もかもがうまくいかない七菜。そんなとき、突然部屋のチャイムが鳴って……?

#14は4/17更新予定です!

中澤日菜子(なかざわ・ひなこ)

1969年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。2013年「お父さんと伊藤さん」で小説家デビュー。同作品は2016年に映画化。他の著書にドラマ化されら『PTAグランパ!』、『星球』、『お願いおむらいす』などがある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature