Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. ブランド鍋で調理体験も! 名古屋「バーミキュラ ビレッジ」で特別な思い出を♡

LIFESTYLE

2020.03.12

ブランド鍋で調理体験も! 名古屋「バーミキュラ ビレッジ」で特別な思い出を♡

名古屋の新・観光スポット「VERMICULAR VILLAGE(バーミキュラ ビレッジ)」で楽しめる様々な体験を30代女子フードスタイリスト・小森貴子さんが紹介します!

体験を通してバーミキュラの魅力に迫る!

前回の記事でもご紹介した「VERMICULAR VILLAGE(バーミキュラ ビレッジ)」は、メイド・イン・ジャパンの鋳物ホーロー鍋、バーミキュラのメーカーである愛知ドビー(株)が創業の地、名古屋の中川運河沿いにオープンした施設です。

「最高のバーミキュラ体験」をテーマに掲げているとあって、“バーミキュラの料理の美味しさ”、“バーミキュラ ブランドの世界観”、“メイド・イン・ジャパンのものづくり”などさまざまな体験ができるスポットとなっています。

バーミキュラといえばシェフや料理家など料理のプロに愛用者が多く、お料理好きさんにも人気のお鍋ですが、男性のファンも多く幅広く愛されています。なので家族で訪れるのもおすすめですよ♪

今回はそんな「バーミキュラ ビレッジ」で楽しめる体験をメインにお届けしていきます!

◆調理の実演

「バーミキュラ フラッグシップショップ」のキッチンで1日に数回行われている調理実演は、予約なしで誰でも参加することができます。

この日のメニューは「無水ミネストローネ」、教えてくださるのはバーミキュラを知り尽くしたコンシェルジュの方です。

お鍋の特徴や食材を入れる順番などポイントを交えながらのデモンストレーションですが、作り方は食材を入れて煮込むだけ、といたってシンプル。

調味料は少しの塩・こしょうだけ、と思えないほど、野菜の美味しさがギュっと凝縮された絶品スープが出来上がりました!

素材の旨味が引き出され、簡単に本格的な料理ができるバーミキュラの特徴が実感できます。

◆ライスポットの調理体験

こちらはずっと気になっていたバーミキュラのライスポット

美味しいご飯が炊ける炊飯器として有名なのですが、お鍋とヒーターが一体化になっている構造で、実は煮込み料理や低温調理、炒め物、とかなり万能!

とはいえ使い方が難しそう…? と不安な方も大丈夫、調理体験をすることができるんです。

私が体験したのはチャーハン作り。ライスポットの調理モードを使います。

火加減は「中火」でスイッチを押すだけとシンプルでわかりやすく、調理中の火力調整をする必要がないので、まるでお店で食べるようなパラパラの黄金チャーハンを簡単に作ることができました。

このライスポットの調理体験、お子さんが希望されることもあるそう。火を使わないので安心ですし、購入前に実際に使う時のイメージができるのはよいですよね♪

◆ラボ(工房)での製造実演

「LABORATORY(ラボラトリー)」は世界のトップシェフのために、専用バーミキュラを開発する工房。

この中に鋳造・精密加工・ホーロー加工という、バーミキュラ製造の一連の機能があり、定期的に職人さんによる製造実演を間近で見ることができます!

バーミキュラの最大の特徴でもある蓋と鍋の密閉性の高さや、高度なホーロー加工技術、環境に配慮した優しいカラーの秘密などもここで知ることができました。今後、本格的なものづくり体験のワークショップも開催予定だそうです!

◆料理教室やイベントなどもチェック!

ショップに隣接する「KITCHEN STUDIO(キッチンスタジオ)」ではコンシェルジュによる料理教室が定期的に開催されています。

また専属シェフによる料理教室や親子料理教室なども行われ、作る楽しさを体験できる場所となっています。

レストランの2階にある「CHEF’S TABLE(シェフズテーブル)」では、世界のトップシェフ等を招いてのイベントも企画される予定だそう。

たくさんの体験を通してバーミキュラの魅力を知ることができるビレッジ。実演や調理体験など毎日開催されいるところが嬉しいですが、お目当てのイベントなどに合わせて行くというもの良いですよね。

レストランやベーカリーカフェでの「食べる体験」もお忘れなく♪

バーミキュラ ビレッジ

フードスタイリスト 小森貴子

社員から一念発起し、料理の道に。料理家のアシスタントを経て独立し、広告や雑誌、書籍などの料理撮影のスタイリングやレシピ開発を行う。最近の趣味は、旅先でのスーパー巡りとピクニック。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature