Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 休日をココで過ごす人続出!「AKOMEYA TOKYO イン ラカグ」その魅力は?

LIFESTYLE

2020.02.21

休日をココで過ごす人続出!「AKOMEYA TOKYO イン ラカグ」その魅力は?

大好きすぎて何度いったかわからないAKOMEYA TOKYO。その中でも食事も楽しめて長居できる旗艦店である神楽坂の店舗を紹介! Oggi専属読者モデル・オッジェンヌの門井寿美さんが日々のアレコレをお伝えするブログです。

オッジェンヌ 門井寿美

ショッピングから食事まで楽しめる! 休日のおすすめスポット

贈り物やお返しの品、お年賀の品を買いに行くときは必ずAKOMEYAを見に行きます。それだけでなく、自宅用のおつまみや調味料を買いに行ったり、暇つぶしにも行っちゃうほど大好きなAKOMEYA TOKYO。その中でもゆっくり過ごすのに最もオススメな店舗を紹介します。

◆休日は「AKOMEYA TOKYO in la kagǔ」でゆっくり過ごす

AKOMEYA TOKYOの本店は銀座ですが、旗艦店は神楽坂にある「AKOMEYA TOKYO in la lagǔ」

とっても大きく倉庫風なオシャレな建物です。1日楽しめますよ〜!

お米が美味しい! 2店舗限定の「AKOMEYA厨房」

ここの店舗に来る一番のお目当ては食事が楽しめること! 全国の店舗の中でも銀座本店と神楽坂の店舗にしかない「AKOMEYA厨房」が入っています。店内で販売される食品や調味料、器などを使用した料理を提供してくれるお店で、お米がとっても美味しいんです!

ただ、今回は「AKOMEYA茶屋」でおにぎりのセットをいただくことに。またゆっくり「AKOMEYA厨房」にも行ってみたい♪

白だし炊き込み+あご出汁梅のおにぎり+お味噌汁のセットで¥500。会社がここの近くだったら、ランチは毎日ここに来たい!!

◆雑貨や食品はもちろん、美容グッズも充実!

AKOMEYAといったらやっぱり、お米やお味噌汁、出汁などの食品。またご飯のおともにぴったりのおつまみもたっぷりありました。もう店内はすっかり春です。

食器などもたくさん置いてあり、あわせて沢山買ってしまいそうなほど。

AKOMEYAらしい素敵なアロマイテムや美容グッズもたくさんありました!

フレグランスやハンドクリーム、パックなど様々! 日本各地の植物やお米などの成分を使ったこだわりのオリジナル商品なども。どれもこれもお肌によさそうでなやんでしまいます。

中でも魅力的だったのがこちら!

癒し効果抜群の木の香りがする青森ヒバのチップが売っていました! いい香り〜◎ 袋に詰めて購入できました。

食事も食品も、そして雑貨にも和を感じることができるAKOMEYAの商品。ぜひ皆様もゆっくりとした空間でお買い物を楽しまれてはいかがですか?

AKOMEYA TOKYO

オッジェンヌ 門井寿美

2017年よりOggi読者モデル「オッジェンヌ」として活動。155cmと小柄ながらスタイルが良く見えるファッションを日々研究中。「シンプルで自分に合うファッションやコスメを多く取り入れる」が、目下の課題とか。職業はメーカー企業でマーケティングを担当。Instagramのアカウントはこちらから@hitaron_1120


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.07

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature