Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【カルディ】あの大ヒット商品を使えば、余ったお餅が悪魔的においしくなる♡

LIFESTYLE

2020.01.11

【カルディ】あの大ヒット商品を使えば、余ったお餅が悪魔的においしくなる♡

カルディで人気の味付きスプレッドなどを展開する「マリンフード」の商品を使った、お餅のアレンジレシピをご紹介♪ お正月に余ったお餅はおかずに大変身させましょう!

冷蔵庫もスッキリ! お餅のおいしいアレンジレシピ4

■カルディで人気の「たらこスプレッド」を使用!〝餅たらこのおつまみ春巻き〟

材料(4人分)

春巻きの皮… 8枚
切り餅… 4個
大葉… 16枚
「たらこスプレッド」… 大さじ8
【A】小麦粉… 大さじ1
【A】水… 大さじ2

作り方

1. 春巻きの皮は半分に切る。切り餅は横に8等分に切る。
2. 春巻きの皮に大葉を乗せ、たらこスプレッド大さじ1/2と餅を乗せる。
3.【A】を混ぜた物を周囲に塗りぐるぐる巻いて止める。
4. 両端はキャンディの様に指でつまんでしっかり止める。
5. フライパンに1~2cmぐらい油をしいて中火にかける。春巻きを半量ずつぐらい入れこんがり揚げ焼きする。

ポイント:揚げる際時間をかけると餅があふれてくる場合があるので、高温でさっと揚げて下さい。大葉の代わりに海苔を巻くのもオススメ。

使ったのは…「たらこスプレッド」430円

つぶつぶ感が新しい、たらこ風味のスプレッド。パスタソースとしてはもちろん、フランスパンやポテトサラダに混ぜるだけで簡単に人気のメニューが再現! SNSなどを中心に口コミでも話題のマリンフードきっての人気商品です。

■刻んて包むだけで本格的!〝えびもちチーズ餃子〟

材料(20個分)

「ヘルシーシュレッド」… 50g
むきえび(冷凍)… 150g
切り餅… 1個(40g)
ぎょうざの皮… 20枚
スイートチリソース… 適量

作り方

1. えびはみじん切り、餅は0.5cm角に切り、ヘルシーシュレッドと混ぜる。
2. ぎょうざの皮で包み、油をしいたフライパンで焼く。
3. 焦げ目がついたら水(50cc)を入れて蓋をし、蒸し焼きにする。

使ったのは…「コレステロール95%オフ ヘルシーシュレッド」430円

チーズ代替素材を100%使用したシュレッドタイプの商品。チーズ中の乳脂肪を植物油脂に置き換えています。通常のナチュラルチーズと同じように手軽に使えます!

■アレルゲン原料不使用! 和風×洋風〝揚げ餅入りオニオンスープ〟

材料(2人分)

玉ねぎ… 100g
オリーブオイル… 小1
塩… 1/3
砂糖… 1/3
昆布だし… 350ml
切り餅… 2個
「ヴィーガンシュレッド」… 20g
粗挽きブラックペッパー… 少々
水菜… 少々

作り方

1. 玉ねぎは繊維にそって薄切りする。
2.(1)をオリーブオイル、塩、砂糖できつね色になるまで炒める。
3.(2)に昆布だしをいれて、5分ぐらい煮込む。
4. もちをオリーブオイル(分量外)で、きつね色に揚げる。
5. 器に(4)とヴィーガンシュレッドをいれ、熱々の(3)を注ぐ。
6. 水菜と粗びきブラックペッパーをかける。

ポイント:塩と砂糖をいれることにより、水分が早く出て調理時間が短縮されます。

使ったのは…「ヴィーガンシュレッド」340円

動物性原料不使用、ヴィーガン対応のチーズ様食品。特定27品目のアレルギー原料が使われていません。ヴィーガンシリーズなら、普段チーズやマーガリンを食べられない方も代替品としておいしく楽しめます!

■アレルゲン原料不使用! 火を使わないSNSで話題の〝バター餅風〟

材料(2人分)

切り餅… 3個(140〜150g)
「ヴィーガンソフト」… 20g
水… 大2
砂糖… 大2
片栗粉… 大1・1/2

作り方

1. ボウルに餅を入れ、水をかけてレンジで2~3分加熱する。
2.(1)が柔らかくなったら、水を捨て、ヴィーガンソフトと砂糖をいれよく混ぜる。
3. 全体がなじんだら、片栗粉を加える。
4. 薄く片栗粉(分量外)を敷いた上におき、冷めたら切る。

ポイント:包丁で切りにくい場合ははさみをお使いください。

使ったのは…「ヴィーガンソフト」340円

動物性原料不使用、ヴィーガン対応のマーガリン様食品。特定27品目のアレルギー原料が使われていません。

情報提供/マリンフード

※価格はすべて税込表示です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.02.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature